「特許訴訟」タグアーカイブ

韓国経済、米国国際貿易委員会、LG・SKの「バッテリー特許訴訟」調査に着手

韓国経済、米国国際貿易委員会、LG・SKの「バッテリー特許訴訟」調査に着手

記事要約:米国の国際貿易委員会がLG・SKのバッテリー特許訴訟の調査に着手したようだ。どうして韓国メーカー同士が対立しているかのを述べると、どうやらLG化学はSKイノベーションにバッテリー特許訴侵害訴訟を提起したようだ。それで調査に米国の国際貿易委員会が乗り出したと。

>LG化学は先月提出したA4用紙65ページにわたる訴状で「LG化学が開発したフォルクスワーゲンのバッテリー・プラットフォーム技術をSKイノベーションが持ち出した」と主張した。LG化学は「SKイノベーションは組織的にLG化学の知的財産を盗んだ」とし、「電気自動車のバッテリー技術に関連のある部品やシステム」だと主張した。 

このようにLG化学は主張している。当然、知的財産分野に関しては素人ではSKイノベーションが技術を盗んだかまではわからない。なので、この米国の国際貿易委員会の調査待ちということになるが、韓国企業なので技術を盗んだ可能性は大いにある。どちらも韓国企業ではあるが技術は大事だ。盗まれたかどうかは注目だろう。もちろん、SKイノベーションは技術を盗んでいないと反論している。

>  これに対しSKイノベーションは訴状で指摘した内容は事実と異なるだけでなく、具体的な技術流出を特定できていないと反論している。SKイノベーションは「フォルクスワーゲンのバッテリー・プラットフォーム関連の人材の中にLG化学出身者は1人もいない」とし、「フォルクスワーゲンのバッテリー技術を持ち出したという主張は事実と異なる」と述べた。 

この主張はおかしいな。技術を盗むのLG化学の出身者かどうかなど関係ない。スパイでもいれば技術は盗めるからな。ただ、決まってもいないことを憶測で語るのは知的財産分野だと間違う可能性が高いので様子見である。

>   ITCは調査開始を通知した後、可能な限り早期に調査を終えて判定を下すものと法で定めている。ITCは概ねことしの年末か来年初めには調査結果をもとに結論を下すものと見られる。 

結果が分かるのは今年の年末か、来年の初めらしい。日々の韓国ニュースを追っていると忘れてると思うがニュースになれば取り上げるとおもう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、米国国際貿易委員会、LG・SKの「バッテリー特許訴訟」調査に着手

 米国国際貿易委員会(US ITC)が29日(現地時間)、LG化学がSKイノベーションに対し提起したバッテリーの特許侵害訴訟について調査開始(discovery)を決定した。ITCは準司法連邦政府機関で、貿易に関する事案に関し幅広い独自の調査権を有している。同時に、知的財産権を侵害した商品の輸入を禁止することができる。 

  先月30日、LG化学はITCにSKイノベーションに対する特許侵害訴訟を提起した。調査が開始されれば、両社は関連資料の提出やインタビューなどの調査手順に応じなければならない。 

  LG化学は先月提出したA4用紙65ページにわたる訴状で「LG化学が開発したフォルクスワーゲンのバッテリー・プラットフォーム技術をSKイノベーションが持ち出した」と主張した。LG化学は「SKイノベーションは組織的にLG化学の知的財産を盗んだ」とし、「電気自動車のバッテリー技術に関連のある部品やシステム」だと主張した。 

  これに対しSKイノベーションは訴状で指摘した内容は事実と異なるだけでなく、具体的な技術流出を特定できていないと反論している。SKイノベーションは「フォルクスワーゲンのバッテリー・プラットフォーム関連の人材の中にLG化学出身者は1人もいない」とし、「フォルクスワーゲンのバッテリー技術を持ち出したという主張は事実と異なる」と述べた。 

  ITCは調査開始を通知した後、可能な限り早期に調査を終えて判定を下すものと法で定めている。ITCは概ねことしの年末か来年初めには調査結果をもとに結論を下すものと見られる。 

https://japanese.joins.com/article/011/254011.html?servcode=300&sectcode=300

韓国経済、サムスン、今度は特許侵害認めた米裁評決の破棄を要求―アップルとの訴訟

韓国経済、サムスン、今度は特許侵害認めた米裁評決の破棄を要求―アップルとの訴訟

記事要約:韓国人のやることなど理解できないことが大半だが、サムスン電子が特許侵害だと認めた米裁評決の破棄を要求したようだ。しかも、他の裁判では特許侵害で自ら賠償金を払うとしながらもだ。もはや、このアップルとサムスン電子の裁判を正しく理解できている人はいないんじゃないだろうか。管理人もよくわからない。

そもそも、サムスン電子がiPhoneをぱくったのは世界の共通認識であり、それは米裁判の判決結果でも明かだ。だが、どこまで技術をパクっていたかまでは専門的な事であり、素人ではわからない。デザインや同じ機能を使っているのだから、それはパクリだと思うのだが、韓国のサムスン電子は同じ技術を使用していないという。では、どんな技術を使用すれば同じことが出来るかのは謎である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、サムスン、今度は特許侵害認めた米裁評決の破棄を要求―アップルとの訴訟

サムスンは5日、アップルの特許を侵害したとして1億1,960万ドル(約144億円)の支払いを命じた評決について、下級裁判所である米控訴裁判所に破棄を求めました。

サムスンは無効だと主張

今回問題となっているのは、アップルがiPhoneに用いている「スライド式ロック解除機能」、「自動修正機能」、特定のデータを検出しリンクさせる「『クイックリンク』機能」の3つの特許です。

米カリフォルニア州サンノゼにある連邦地裁の陪審は2014年5月、サムスンがこれらアップルの特許を侵害したかどで、同社に1億1,960万ドル(約144億円)の支払いを要求しました。

しかし、サムスンは「クイックリンク」について、アップルと同じ技術を使用していないと反論、残りの2件についても無効であるとの見解を示し、アップルの訴えと今回の評決を却下するよう控訴裁判所に訴えを起こしました。

終わらない訴訟

サムスンはつい最近も、iPhoneの「ピンチアウト-ズーム機能」に関する特許などを侵害したことについて、5億4,820万ドル(約657億円)の支払いに条件付きで応じたばかりです(その後、最高裁へ上訴)。

同訴訟では、該当特許が端末の機能性に直結しているかどうかが侵害の判定基準として用いられただけに、今回サムスンが無効と主張する、「スライド式ロック解除機能」や「自動修正機能」についても、同様の基準が適用される可能性が高いと思われます。

仮に特許侵害の判決が覆らなかった場合、さらにアップルから「追加的損害と利息」分の訴訟を起こされるケースも想定されるだけに、サムスンとしては戦々恐々といったところでしょうか。

Source:REUTERS
(kihachi)

(http://iphone-mania.jp/news-96885/)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力




韓国経済、アップルに賠償すると言ったな、あれは嘘だ―サムスン、賠償金の減額求め最高裁へ上訴

韓国経済、アップルに賠償すると言ったな、あれは嘘だ―サムスン、賠償金の減額求め最高裁へ上訴

記事要約:管理人は10セントコインをトラックへ積んで、米アップルにまた払うのかと期待していたのに、なんと韓国のサムスンは賠償金の減額を求めて最高裁へ上訴したようだ。さすが斜め上。韓国のサムスン電子だ。自分たちiPhoneを丸パクリしたことが既に裁判の判決で出ているのに、それを認めた上で賠償金が高すぎるので減額しろという。

どう見てもこれ賠償金の引き延ばしなんだよな。つまり、時間稼ぎである。しかし、こんな形で特許訴訟が再開される可能性が出てきたことには恐れ入った。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、アップルに賠償すると言ったな、あれは嘘だ―サムスン、賠償金の減額求め最高裁へ上訴

アップルの特許を侵害したとして、5億4,800万ドル(約657億円)を支払うことにサムスンが応じたとする和解のニュースが先日報じられたばかりですが、金額が金額であるだけに、サムスンにとって支払い総額は死活問題です。そこで同社は14日、支払総額のうち3億9,900万ドル(約480億円)の取り消しを求めて、 アメリカ合衆国最高裁判所に上訴しました。

審理が受理されれば120年ぶりの出来事

最高裁判所がサムスンの訴えを受理するのかどうかは分かっていませんが、仮に応じたとなれば、デザインに関する最高裁での審理は120年ぶりとなります。

サムスンは申し立てのなかで、アップルの特許は「正当化できない授かり物」であり、「スプーンやカーペットの形状であれば、デザイン特許は決定的なものとなるかも知れない。だがスマートフォンは、デザインとは無関係な特筆すべき機能が数えきれないほど含まれているため、同じ議論は出来ない」としています。

また、グーグルやFacebookもサムスンと同様の見方を示しており、アップルの言い分が認められれば、テクノロジー業界全体に破壊的な影響を及ぼすとの声明文を過去に発表しています。

当初の支払期限はすでに過ぎているが…

仮に訴えが受理され、サムスンの言い分がそのまま通れば、賠償額は1億4,900万ドル(約179億円)にまで減額されます。なお、和解によって決定した支払い期限はすでに過ぎていますが、ひとまずサムスンが5億4,800万ドル(約657億円)を支払ったのかどうかは分かっていません。

最高裁は2016年2月までに受理するかどうかを決定し、決定すれば10月から審理が開始される見通しです。

(http://iphone-mania.jp/news-95289/)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力



韓国経済、アップルに675億円支払いへ=特許訴訟でサムスン―メディア報道

韓国経済、アップルに675億円支払いへ=特許訴訟でサムスン―メディア報道

記事要約:サムスンのスマホがiPhoneのパクリだったことは言うまでもないのだが、その特許裁判の一つがようやく終わりを迎えるようだ。サムスンがアップルに675億円を支払うことで合意。ロイヤリティー料としてはまずまずといったところだろう。

サムスンが10セントコインをトラックに積んで払う嫌がらせするかは知らないが、今のリストラを加速させたサムスンに675億円は痛いんじゃないだろうか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、アップルに675億円支払いへ=特許訴訟でサムスン―メディア報道

【ニューヨーク時事】韓国サムスン電子がスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の特許が侵害されたと訴えた米アップルに対して、5億4800万ドル(約675億円)の賠償金を支払うことに同意したと、5日までに複数の主要メディアが報じた。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、サムスンは米連邦地裁に提出した文書で、今月14日までにアップル側に賠償金を支払うことに同意した。現在、最高裁で行われている審理は継続するとしている。

アップルはサムスンを11年に提訴。12年には、陪審団がサムスン側に10億5100万ドルの賠償金支払いを命じる評決を下したが、その後賠償金は減額された。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000003-jij-n_ame)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

韓国経済、サムスン、グーグルに助け求める―アップル訴訟

韓国経済、サムスン、グーグルに助け求める―アップル訴訟

記事要約:韓国のサムスンと米アップルが長年争っている特許訴訟。最近、アップルが新たに2200億円の賠償金を要求したわけだが、次はなんとGoogle参戦である。気になるのは次の文章だ。

>同副社長はサムスンやその他スマートフォンメーカー各社が使っているアンドロイドの技術開発を担当している。同副社長は、アップルが2007年にアイフォーンを導入する以前にグーグルは係争対象となっているソフトウエアの機能の多くを開発済みだったと述べた。

これについては本当かどうかは疑わしい。仮にGoogleが多くのソフトフェアを開発済みだとすれば、それだとアップルより後に出した理由が説明できない。明らかにサムスンのスマートフォンにはアップルが先に出した機能が数多く含まれていた。それをGoogleが開発していたから使ったのでコピーではないというのは、かなりおかしな反論である。もちろん、Googleはこの裁判でアップルに訴えられているわけではない。しかし、この証言は危ういだろう。今度はGoogleがアップルに訴えられる可能性が出てきた。

ちなみにサムスンを擁護すれば例の法則は免れない。だた、Googleは新しいソフトフェア機能開発をサムスンと共同で行っていないようだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、サムスン、グーグルに助け求める―アップル訴訟

韓国経済、アップル、サムスンに2200億円請求―特許侵害

韓国経済、アップル、サムスンに2200億円請求―特許侵害

記事要約:長年続くアップルとサムスンの特許訴訟に新しい動きが出てきた。新たにアップルがサムスンに2200億円を請求したようだ。これは、韓国サムスン電子との特許をめぐる2回目の訴訟で、5つの特許を侵害したことから。サムスンはアメリカで3700万台のスマートフォンを売り上げたそうだから、2200億円でも少ないと思われる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、アップル、サムスンに2200億円請求―特許侵害

韓国経済、サムスンに9億3000万ドルの巨額賠償の可能性

韓国経済、サムスンに9億3000万ドルの巨額賠償の可能性

記事要約:アップルとサムスンの特許裁判で、サムスンが9億3000万ドルの巨額賠償が決定した。日本円で940億円になるのだが、この賠償金額はサムスンの資本からすればたいしたことない。問題はサムスンがどれだけのドルを持っているか、つまり、キャッシュである。サムスンは資本は大きいが投資につぎ込んでいるので、キャッシュはあまりもっていない。そこに940億円の賠償となれば、結構痛いんじゃないだろうか。また、トラックを数台走らせて100セントコインで支払うとかするんだろうか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、サムスンに9億3000万ドルの巨額賠償の可能性

【特許訴訟】韓国経済、アップルが勝訴、対サムスン特許紛争でITCが輸入差し止め

【特許訴訟】韓国経済、アップルが勝訴、対サムスン特許紛争でITCが輸入差し止め

記事要約:ついにサムスンとアップルの特許訴訟でITCでの決着が付いた。これでアップルはサムスンの輸入規制命令を 勝ち取った。つまり、デザイン関連でギャラクシーの一連シリーズがようやくアップルの丸パクリだと認定されたことになる。ええ、わかってたよ。だれが見てもパクリだった。

本文:ついにサムスンとアップルの特許訴訟でITCでの決着が付いた。これでアップルはサムスンの輸入規制命令を 勝ち取った。つまり、デザイン関連でギャラクシーの一連シリーズがようやくアップルの丸パクリだと認定されたことになる。ええ、わかってたよ。だれが見て もパクリだった。

>アップルはスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」とタブレット端末 「c(アイパッド)」を「全面的に模倣した」と主張するサムスン製品の輸入規制命令を勝ち取った。オバマ米大統領はITCの輸入規制について審査する予定で、公共政策を 根拠に決定を覆すことができる。

あとはオバマ大統領次第でサムスンのアメリカ市場での命運が決定する。サムスンはやりすぎた。パクリ製品でスマートフォンシェア1位だもんな。パクリが1位の世の中なんておかしいからな。サムスンは死んでよし。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 【特許訴訟】韓国経済、アップルが勝訴、対サムスン特許紛争でITCが輸入差し止め