「産経新聞ソウル支局長」タグアーカイブ

韓国経済、韓国検察が産経前支局長の控訴を断念 無罪確定へ

韓国経済、韓国検察が産経前支局長の控訴を断念 無罪確定へ

記事要約:韓国検察が産経新聞前ソウル支局長の加藤さんの控訴したようだ。これで加藤さんの無罪が確定した。これで司法の判断ではなく、政治の判断が優先されたことになる。

無罪は当然だが、この事実は韓国が法治国家として機能してないのが世界中に告知されたようなものだ。最初から起訴する事ですらなかったものを無理矢理、産経憎しで火病を起こしたのが高い代償を支払うこととなった。もっとも、まだ終わっていない。

韓国は当然、産経新聞と加藤さんに謝罪と賠償をしなければならない。韓国に拉致監禁した行為は永遠に消えることはない。それが何を意味するかは今後わかるだろう。あまりにも、愚かな失策に世界中が韓国を笑っているだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国検察が産経前支局長の控訴を断念 無罪確定へ

産経前支局長無罪 韓国検察が「控訴を断念」 聯合ニュース、無罪判決確定か

産経新聞 12月22日(火)18時23分配信

【ソウル=藤本欣也】韓国の聯合ニュースは22日、同国検察当局が、朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対する17日の無罪判決について、控訴しない方針を決めたと報じた。事実なら加藤前支局長の無罪判決が確定する。

検察は判決後、「判決内容を検討して控訴するか否かを決める」との立場を示していた。「主要事件で無罪判決が出た場合、検察は自動的に控訴してきた」(司法関係者)だけに、控訴の断念は異例だ。控訴期限は24日。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000548-san-kr)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の検察、産経新聞ソウル支局長を名誉毀損で起訴へ

韓国経済、韓国の検察、産経新聞ソウル支局長を名誉毀損で起訴へ

記事要約:産経新聞ソウル支局長は気の毒だが、どうやら韓国の検察が産経新聞ソウル支局長を名誉毀損で起訴するようだ。朝鮮日報から引用して日本向けの記事を書いたわけだが、朝鮮日報では口頭注意で終わり、産経新聞にはそれが朴槿恵大統領の名誉毀損に当たるので起訴。本当にわけがわからない。これまでも韓国の斜め上は散々特集してきたがやることが北朝鮮以上におかしい。

だが、あくまでも産経新聞は朝鮮日報の記事が特集した空白の7時間の行動について引用して噂を書いただけなのに、その噂が合ってなかったので名誉毀損てどういうことなんだろうか。産経新聞が独自取材したわけではないし、むしろ、あってないのは朝鮮日報が原因じゃないのか。考えてもさっぱりわからない。噂の信憑性が問われている理由すら不明だ。合っているか、合っていないかなんてただの噂だろう。しかも、産経新聞は噂を紹介しただけじゃないか。もっとも、それが真実かどうかすらわからないし、名誉毀損で訴える朴槿恵大統領は裁判で証言するんだろうか。本当にそんなことしている場合なのか。自分に逆らう者は容赦しないと恐怖政治を国民に見せつけるだけだろうに。

だが、この問題に関して、日本のメディアがまったくもって黙りを決め込んでいるのはなぜなんだろうか。はっきりいってこれは大問題だぞ。毎日、特集していてもおかしくない話だ。なぜなら、日本の外交問題になっているからだ。もし、引用の信憑性が判断され、名誉毀損で訴えられるのなら、何でも良いことになるのだぞ。この先、韓国のメディアを引用しただけでその新聞社は起訴される恐れがあるということを自覚してないのか。日本のメディアは明日は我が身だということをもう少し考えるべきだろう。そんな考えもできない連中がジャーナリストを名乗るのだから。どこまで日本のメディアは落ちているのか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国の検察、産経新聞ソウル支局長を名誉毀損で起訴へ

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、言論の自由、割れる韓国 引用元の朝鮮日報は「口頭注意」のみ

韓国経済、言論の自由、割れる韓国 引用元の朝鮮日報は「口頭注意」のみ

記事要約:セウォル号沈没事故の初日、韓国大統領の空白の7時間を指摘した産経の記事が朴槿恵大統領の名誉毀損に当たると韓国の市民団体が告発して、産経新聞ソウル支局長に出頭命令が出された。その経過は既にブログ記事でも取り上げているので参考にしてほしい。管理人はこの産経新聞ソウル支局長に出頭命令事件を注目しており、これからは産経新聞が取り上げる内容と、韓国メディアが記事にした内容の双方向の視点から見ていくことにする。そうすると、意外と面白い点が見えてくる。では、まずは産経新聞からである。

産経新聞は言論と表現の自由は韓国憲法で保証されているというが、東亜日報によると、言論と表現の自由は韓国憲法で保証されているが、他人の名誉を毀損し、人格を冒涜する自由までは許されない」そうだ。韓国メディアは自分たちが書いた記事を振り返ったらどうだ?日本の安倍総理を始め、天皇陛下を侮辱した記事を書きまくっているではないか。天皇陛下を「日王」と呼称する時点で、他人の名誉を毀損しているのではないのか。逆に、韓国憲法でそう書いてあるなら,日本人が韓国メディアを訴えることも出来そうだな。もし、産経新聞支局長が何かの罪に問われたのなら、こちらもそれぐらいやっても良さそうだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、言論の自由、割れる韓国 引用元の朝鮮日報は「口頭注意」のみ

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry