「米商務省」タグアーカイブ

韓国経済、【ファーウェイ制裁は続く】米商務省、ファーウェイをEL掲載企業と扱うよう通達

韓国経済、【ファーウェイ制裁は続く】米商務省、ファーウェイをEL掲載企業と扱うよう通達

記事要約:管理人はトランプ大統領のいうことは鵜呑みにしていなかったので、本当に米国がファーウェイ排除を中止するかは疑問だった。そして、数日ほど経過したわけだが、どうやら駄目そうだ。米商務省がファーウェイをEL掲載企業と扱うよう通達した。

それで、一部解除されたというのはファーウェイは安全保障に影響しないローテク製品なら輸出してもいいそうだ。で、ローテク製品てなんだ?どう見てもスマホはハイテクの塊だよな。

ローテクというのは、ローテクノロジーの略語だが、コンピューターなどを駆使した高度先端技術とは無関係な低レベルの工業技術。日用品の生産などに利用される工業技術とある。スマホなどは駄目だよな。半導体やカメラが入っているものな。通信機器なんてもっての外。そもそも、5Gなんて絶対認めないではないか。

> ロイターが入手した電子メールによると、米商務省産業安全保障局(BIS)のジョン・ソンダーマン輸出執行局副局長は職員に対し、国内企業からファーウェイへの輸出認可を求める申請があった場合は、是々非々で判断し、「この企業はELに掲載されている」との警告文を付すよう指示。ELと「否認の想定」の規制の下で判断すべきだとした。 

つまり、アメリカの裁量次第と。はっきりいって個別対応するそうなので、こんなの無理筋すぎる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【ファーウェイ制裁は続く】米商務省、ファーウェイをEL掲載企業と扱うよう通達

[ワシントン 3日 ロイター] – 米商務省内で1日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]を依然として「エンティティー・リスト(EL)」の掲載企業として扱うよう指示する通達が出ていたことが、ロイターの入手した電子メールで明らかになった。 

ファーウェイは今年5月、米政府の許可なく米国企業から製品を購入することを禁じるELに掲載されたが、トランプ大統領は先月29日、ファーウェイに対する制裁を緩和すると発表。具体的にどのような形で制裁が緩和されるのかを巡り混乱が生じている。 

ロイターが入手した電子メールによると、米商務省産業安全保障局(BIS)のジョン・ソンダーマン輸出執行局副局長は職員に対し、国内企業からファーウェイへの輸出認可を求める申請があった場合は、是々非々で判断し、「この企業はELに掲載されている」との警告文を付すよう指示。ELと「否認の想定」の規制の下で判断すべきだとした。 

BISから追加の通達が出た場合は、それも考慮に入れるよう指示している。 

商務省のコメントは取れていない。 

関係筋によると、トランプ大統領が29日に制裁緩和を発表して以降、これ以外の通達は出ていない。「否認の想定」は厳しい審査を意味し、大半のケースでは輸出が認可されないという。 

商務省がさらに通達を出すかは不明。 

ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)は2日、ファーウェイについて、安全保障に影響しない「ローテク製品」の輸出を認める方針を示した。 

https://jp.reuters.com/article/china-usa-huawei-idJPKCN1TY0DR

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry