「習近平国家主席」タグアーカイブ

韓国経済、【文大統領】 G20大阪サミットへ出発 きょう韓中首脳会談

韓国経済、【文大統領】 G20大阪サミットへ出発 きょう韓中首脳会談

記事要約:日韓首脳会談どころか、日韓外相会談も拒否されたのに、文在寅大統領は日本の大阪G20サミットへ出発するそうだ。そして、今日は中国の習近平国家主席と韓中首脳会談を行うようだ。

本当に来るのか。直前でキャンセルの可能性も期待していたが、やはり、来るようだ。来なくていいのにな。でも、来たら旭日旗を振って出迎えてあげないとな。

> 【ソウル聯合ニュース】 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日午後、大阪で28~29日に開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するためソウル空港(軍用空港)を出発した。大統領としての訪日は昨年5月の韓中日首脳会談のため東京を訪れて以来、2度目となる。 

この話題を提供できるのは今日の間だけ。しかし、明日からは本当にG20サミットなんだな。今回のG20サミットは問題山積みな状態での開催だからな。多くの人間が注目していることだろう。

日本の安倍総理はまずはフランスのマクロン氏との会談から始めて、19カ国の国と機関との会談を行う。これだけでも大変なのに議長国なので全体会議でも安倍総理は演説したり、色々とやることが多い。大変なスケジュールだと思うが,頑張って頂きたい。

> 文大統領は大阪で27日午後に中国の習近平国家主席と首脳会談を行う。20~21日に訪朝して金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会談した習氏から、非核化に関する北朝鮮の具体的な意向を聞き取るとみられる。

習近平国家主席が非核化について韓国に情報提供するとは思わないが、当サイトでは韓中首脳会談は重要だ。何かわかれば積極的に取り上げるつもりだ。おそらくファーウェイ排除などでどっちに付くか迫られるとおもうが、文在寅大統領はいつまでも蝙蝠を続けるのか。それとも中国側へ寝返るのか。注目だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【文大統領】 G20大阪サミットへ出発 きょう韓中首脳会談

【ソウル聯合ニュース】 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日午後、大阪で28~29日に開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するためソウル空港(軍用空港)を出発した。大統領としての訪日は昨年5月の韓中日首脳会談のため東京を訪れて以来、2度目となる。 

文大統領は大阪で27日午後に中国の習近平国家主席と首脳会談を行う。20~21日に訪朝して金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会談した習氏から、非核化に関する北朝鮮の具体的な意向を聞き取るとみられる。 

習氏との会談に続き、夜には在日コリアン約400人を招いて夕食会を兼ねた懇談会を開く。 

文大統領は28日、「世界経済と貿易・投資」をテーマにしたG20サミットの最初のセッションで発言し、韓国政府の革新的包容国家の実現に向けた努力と成果を説明する。 

文大統領は同日にインドのモディ首相、インドネシアのジョコ大統領、ロシアのプーチン大統領それぞれ首脳会談を行う。特に、プーチン氏との会談では朝鮮半島非核化を巡る対話再開の必要性を強調し、協力を促すと予想される。 

文大統領は、29日には「不平等解消と包容的で持続可能な世界の実現」をテーマに行われるG20サミットの三つ目のセッションで発言する。 

雇用保険の死角を解消するために韓国が来年7月に導入予定の国民就業支援制度を紹介するとともに、高齢化関連のデータの共有と比較研究、政府レベルでの政策経験の共有の必要性を強調する予定だ。同じ日にカナダのトルドー首相と首脳会談する。 

このほか文大統領は、日本滞在中にアルゼンチン、オランダの首脳ともそれぞれ略式会談を行う。 

文大統領は29日に帰国の途に就く。G20サミットに出席後、29日に韓国を訪れるトランプ米大統領と30日に首脳会談する。 

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190627001000882?section=politics/index

韓国経済、【北朝鮮が先に属国宣言】習主席、北の後ろ盾を自任「中朝は1つ家」=中朝首脳会談

韓国経済、【北朝鮮が先に属国宣言】習主席、北の後ろ盾を自任「中朝は1つの家」=中朝首脳会談

記事要約:最近、中国と北朝鮮の関係が悪化しているとかいう噂もあったが、どうやら、習近平国家主席が訪朝したことで北の後ろ盾を自任したことがわかった。「 中朝は1つの家」ということで、これは金正恩が中国に属国宣言したということだろう。

まさか、韓国が属国化する前にそうなるとは・・・これで、序列は北朝鮮が上ということだな。ああ,でも、これで韓国が中国に行けば夢の統一を中国にしてもらえるんじゃないか。良かったな。

> 中国の習近平・国家主席は北朝鮮に27時間滞在したが、その間に習主席と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「中朝は1つの家のような雰囲気(習主席)」「最も尊重する貴賓(金正恩氏)」などの言葉をやり取りしながら関係の深さを誇示した。北朝鮮の労働新聞は習主席の訪朝を前例のない形で大きく取り上げた。 

米中関係がギクシャクしていたところに北朝鮮が巧みに中国へとすり寄ったということか。確かにこれでは非核化は進まないだろうな。北朝鮮の外交がいかに狡猾なのかよくわかる。米朝首脳会談の決裂の失敗をこれで取りかえしたんじゃないか。

もっとも、食糧支援がどうとかいう切羽詰まった段階でこれだけの歓迎しているのもずいぶん,不思議なことであるが。

> 金正恩氏が前例のない破格の歓迎を行った背景には、米朝非核化交渉にあたって習主席の後押しを期待しているからとみられている。これまで文在寅(ムン・ジェイン)大統領を通じて米国のトランプ大統領に自らの意向を伝えたとすれば、今後は習主席にその役割を期待しているとの見方だ。 

見ようによっては戻ってきた感じもするが、これはどうなんだろうな。中国が絡むと、非核化交渉は米中利害対立の場になって、さらに膠着するんじゃないか。

> 峨山政策研究院の崔剛(チェ・ガン)副院長は「北朝鮮は中国という後ろ盾を誇示することで米国に圧力を加えることができ、中国も非核化交渉に介入する可能性を明確にすることで、米国に対する新たな交渉カードを手にした」との見方を示した。 

韓国みたいな四面楚歌にはならないで、しっかり,味方になりそうなものを取り込んでいく北朝鮮。やはり、外交力では侮れないな。これで中国が段階的非核化を容認とかになれば、非核化交渉はさらに難航するんだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【北朝鮮が先に属国宣言】習主席、北の後ろ盾を自任「中朝は1つの家」=中朝首脳会談

中国の習近平・国家主席は北朝鮮に27時間滞在したが、その間に習主席と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「中朝は1つの家のような雰囲気(習主席)」「最も尊重する貴賓(金正恩氏)」などの言葉をやり取りしながら関係の深さを誇示した。北朝鮮の労働新聞は習主席の訪朝を前例のない形で大きく取り上げた。 
 27時間のうち睡眠時間と移動時間を除く16時間で2人は終始行動を共にし、関係を深めた。食事は20日の晩さん会と21日の昼食会の2回同席し、マスゲーム「不敗の社会主義」観覧、朝中(中朝)友誼の塔訪問の際にも同行した。

金正恩氏は習主席のため初日に3回歓迎式典を開催し、最終日には空港で歓送式まで行った。労働新聞は普段6面だが21日付は10面へと紙面を増やし、うち8面で習主席訪朝の様子を紹介した。南北、米朝、朝ロ首脳会談の時にはなかった破格の編集だ。 

金正恩氏が前例のない破格の歓迎を行った背景には、米朝非核化交渉にあたって習主席の後押しを期待しているからとみられている。これまで文在寅(ムン・ジェイン)大統領を通じて米国のトランプ大統領に自らの意向を伝えたとすれば、今後は習主席にその役割を期待しているとの見方だ。 

峨山政策研究院の崔剛(チェ・ガン)副院長は「北朝鮮は中国という後ろ盾を誇示することで米国に圧力を加えることができ、中国も非核化交渉に介入する可能性を明確にすることで、米国に対する新たな交渉カードを手にした」との見方を示した。 

一方の中国側における発表文によると、金正恩氏は今回の習主席との会談で「非核化」には1度も言及しなかったという。習主席は21日午後3時(現地時間)に1泊2日の日程を終え専用機で帰国した。 
Yahoo!ニュース(朝鮮日報日本語版) 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00080007-chosun-kr

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

記事要約:今回は中国の習近平国家主席が訪韓するという内容を知った韓国人の反応が焦点となるのだが、どうやら反発しているようだ。

なんというか。韓国人は自分たちの立場を理解してないようだ。韓国は中国の万年の属国だっただろう。宗主国様に逆らえるとでも?自分たちのDNAに深く刻まれているだろう。逆らうとどうなるかが。中国なしでは生きていけない現実に気付いてないとか。韓国人はいつになればまともな思考ができるのだ。

もちろん、国民総出で習近平国家主席の訪韓を喜ぶことが臣下に問われる。それを反発とか、天安門事件のように戦車で轢き殺されたいらしい。

> 「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国に幼稚な報復をしたことを忘れた?韓国政府の賢明な判断が必要な時」 
「米国に負けそうだからでしょ?文大統領は来るなと言うべきだ。訪中した文大統領が1人でご飯を食べことを思い出すと、腹立たしくて今も眠れない」 
「来たところで、文大統領は中国にペコペコするだけ。中国は華為の製品を買えと言うだけだろう」 
「文大統領が習主席にへつらう姿を見たくない」 
「来る理由は明らか。中国側につけば何かをくれる、米国側につけばTHAADの時の10倍の報復をする、と脅迫するんだ」 

何かくれる?そんな損得勘定しかないから、平気で蝙蝠するのだ。韓国は何かもらう方ではない。与えるほうなのだ。米中どちらにもな。それを理解しないから、どちからも見放されているという。

> 「より多くの国と幅広く仲良くした方がいい。特に中国人観光客は韓国経済にとって大きな存在だ。中国とはうまくやってほしい」 
「これこそが外交。文大統領はよくやっている。大国の中国に『行く』と言わせたその力がすごい」 

大きな存在ではない。韓国は中国なしでは滅びるだけ。そして、最後が管理人がもっともいいたいことだ。さすが、外交の天才である文在寅大統領だと。習近平国家主席は訪韓するように全て仕組んでいたわけだ。やはり、文在寅大統領は凄い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

2019年6月6日、韓国・中央日報は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が訪韓する方針を固めたと伝えた。 

記事によると、ある外交消息筋は「習主席が今月28~29日に大阪で開かれるG20サミットの前に韓国を訪問する」とし、「習主席は米中貿易戦争の激化などさまざまな外交問題を抱えているが、中国の周辺国外交において核心的な役割を担う韓国への訪問をこれ以上後回しにできないと判断した」と説明した。 

習主席の訪韓が実現すれば、朴槿恵(パク・クネ)政権だった2014年7月以降、約5年ぶりとなる。 

習主席の訪韓をめぐっては、先月末に駐韓中国大使館が習主席のために予約していたソウルのホテルをキャンセルしたことで事実上「白紙化した」とみられていた。 

今回、中国当局が立場を変えた最大の理由について、記事は「米中貿易戦争の激化を受け、中国は味方を確保するための周辺国外交を大々的に強化しており、その中でも韓国が占める地位が他の国より高いため」と説明している。 

また北京の外交関係者の間では「習主席は北朝鮮を訪問した後に韓国に向かう」との予想も出ているという。 

これに関し、韓国政府当局者は「中韓の首脳が会って朝鮮半島問題を議論する必要性はある」としつつも「首脳会談は最終確定をした後に両国の合意のもと共同発表するのが外交の原則だ」と話したという。 

このニュースを受け、韓国のネットユーザーからは 

「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国に幼稚な報復をしたことを忘れた?韓国政府の賢明な判断が必要な時」 
「米国に負けそうだからでしょ?文大統領は来るなと言うべきだ。訪中した文大統領が1人でご飯を食べことを思い出すと、腹立たしくて今も眠れない」 
「来たところで、文大統領は中国にペコペコするだけ。中国は華為の製品を買えと言うだけだろう」 
「文大統領が習主席にへつらう姿を見たくない」 
「来る理由は明らか。中国側につけば何かをくれる、米国側につけばTHAADの時の10倍の報復をする、と脅迫するんだ」 

など、習主席の訪韓に反対する声が数多く寄せられている。 一方、一部からは 

「より多くの国と幅広く仲良くした方がいい。特に中国人観光客は韓国経済にとって大きな存在だ。中国とはうまくやってほしい」 
「これこそが外交。文大統領はよくやっている。大国の中国に『行く』と言わせたその力がすごい」 

など歓迎する声も上がっている。 

https://www.recordchina.co.jp/b600336-s0-c10-d0058.html

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

記事要約:やったじゃないか。なんとあの習近平国家主席が5年ぶりに訪韓してくれるそうだぞ。これは以前、文在寅大統領が訪中して朝食を大衆食堂で食べた礼をしてあげないとな。国賓待遇扱いして朝飯は1人で食べとけがついにできるわけだ。

良かったな。習近平国家主席だ。これで韓国は正式に中国チームに参加することになるだろうな。何、3不+1限の確認だ。中国の利益を損なうことはしない。だから、ファーウェイ機器は排除なんてできない。半導体や部品を中国に輸出制限もできない。もう、選択の時が迫っている。

ああ。そういえば、トランプ大統領もG20の前後に訪韓するんだったか。いやあ。もてもてだなあ。米中の2大国家のトップが韓国を訪れてくれるなんて素晴らしいことじゃないか。もちろん、返事は決まってるよな?

さあ。選べ。どちらを選ぼうが地獄の始まりだ。もっとも、選んでも、選ばなくても地獄に変わりない。どの選択肢も全てバッドエンドに繋がっている。韓国経済の破綻というエンドにな。

> それでも中国当局が習主席の訪韓側に立場を旋回させたことに対しては、その最も大きい理由として、中国が直面している米中貿易戦争が挙げられる。貿易戦争が激化して、中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化に出たが、ここで韓国が占める地位が他のどの国よりも高いという説明だ。 

うん。高い高い。半導体をファーウェイに販売しているものな。5分1だったか。いやあ、管理人でも高いとおもう。米中貿易戦争で韓国は中国に付くように命令に来るのだ。もちろん、トランプ大統領は中国に付くなら、セカンダリーボイコット対象にするけどいいか?と聞いてくれるだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

中国の習近平国家主席が訪韓の方針を固めた。これに伴い、今月28~29日に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に先立ち、習主席が韓国を訪韓することにしたと北京の事情に詳しい西側外交消息筋が5日、明らかにした。 

この消息筋は「習主席が米中貿易戦争激化などのさまざまな外交的悪材料にもかかわらず、中国の伝統的な近隣諸国として、中国の周辺国外交で核心的な役割を占める韓国への訪問をこれ以上先送りできないと判断したものと承知している」と話した。 

また「大阪G20サミットへの参加に先立ち、今月最終週に韓国に訪れる日程を中国当局が準備していると承知している」と伝えた。習主席の訪韓が実現すれば、朴槿恵(パク・クネ)政府時の2014年7月に国賓で韓国を訪れて以来、5年ぶりとなる。 

中国政界に明るい別の消息筋によると、韓中実務者が今月3日から本格的な習氏訪韓準備作業に着手した。習主席の正確な訪韓日時と滞在期間、ソウルでの動線問題などを協議し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話をする主要議題を点検すると伝えられた。 

習主席は今後、文大統領とより多くの首脳会談を通じて韓国との関係強化に出る見通しだとこの消息筋は伝えた。今月末のソウルと大阪G20サミットで両国首脳会談を推進することに続き、来年は中国海南島で開かれる博鰲(ボアオ)フォーラムにも文大統領を招待して再び韓中首脳会談を開催する構想だという。 

当初、習主席の訪韓をめぐって先月末に駐韓中国大使館が習主席の訪韓に備えて予約していたソウルの宿舎をキャンセルして、事実上失敗に終わったという見方が多かった。 

それでも中国当局が習主席の訪韓側に立場を旋回させたことに対しては、その最も大きい理由として、中国が直面している米中貿易戦争が挙げられる。貿易戦争が激化して、中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化に出たが、ここで韓国が占める地位が他のどの国よりも高いという説明だ。 

北京外交界では、習主席が北朝鮮を先に訪問してその次に韓国を訪れるという見方もあった。これに関連して、米朝関係が冷却している状態で今は北朝鮮訪問が適期ではなく、まず韓国を訪問した後、中朝修交70周年を迎える秋に平壌(ピョンヤン)を訪れても遅くないという話が出ていると西側外交消息筋は話した。 

政府当局者はこれに関連し、「韓中首脳が会って韓半島(朝鮮半島)問題を議論しなければならない必要性は変わることがない」としつつも「首脳会談は最終確定を経なければならず、両国の合意によって共同発表するのが外交的原則」と明らかにした。 

https://japanese.joins.com/article/166/254166.html?servcode=A00

韓国経済、習主席がAIIB開業式典に出席

韓国経済、習主席がAIIB開業式典に出席

記事要約:中国市場の大混乱が続いてる中、中国のAIIB開業式典が行われたようだ。中国の習主席が出席するほどなので力を入れているのは言うまでもない。

いきなり挫折するのかはどうかは知らないが、どう見てもはりぼてなんだよな。それとも、韓国が真っ先に借りるのか。インドネシアが予約していたような。どちらにせよ。作ったのだからお手並み拝見だろう。中国市場からマネーが続々と逃げ出してる中でのAIIB開業が新たな経済の火種になりそうな気もしないでもないが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、習主席がAIIB開業式典に出席

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の開業式典が16日午前、北京釣魚台国賓館で行われました。習近平国家主席は開幕式で挨拶に立ち、「各加盟国間 の努力によって、AIIBは必ずや専門的かつ高効率で、クリーンな21世紀の新型多国間開発銀行として、人類の運命共同体を構築する新しいプラットフォー ムとなり、アジアと世界の発展と繁栄に貢献すると共に、経済のグローバルガバナンスの改善にとっての新たなパワーとなるだろう」と述べました。

習主席は「AIIBの創設と開業は、アジアのインフラ投資を増やし、地域の相互連結と経済一体化プロセスを推進すると共に、アジアの発展途上国の 投資環境の改善や雇用の創出、中長期的な発展潜在力の引き上げ、アジアひいては世界経済の成長のカンフル剤となるだろう」と述べました。

習主席はまた、「AIIBは開放的地域主義を重んじ、現存する多国間開発銀行と補完し合い、互いの強みと特色を活かしあう関係を作ってい くべきだ。AIIB創設を提唱することは、中国がより大きな国際的責任を担い、現存の国際経済体系を改善し、国際公共財を提供する建設的一歩であり、関係 各方面の互恵共栄を促すものである」と指摘した上で、資本金を期日どおりに納めるほか、後進地域でのインフラ整備のため、特別に5000万ドルを出資する ことを明らかにしました。(ZHL、む)

(http://japanese.cri.cn/2021/2016/01/16/142s245389.htm)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力



韓国経済、THAAD拒否なら韓国に経済インセンティブ…習主席が朴大統領に提案

韓国経済、THAAD拒否なら韓国に経済インセンティブ…習主席が朴大統領に提案

記事要約:韓国はアメリカと中国、どちらを取るのか。ここで中国が先手を打ってきた。THAADを拒否するなら、韓国に経済インセンティブを与えるという。つまり、韓国は中国の貿易で有利にするよということだ。もちろん、それが守られる保証なんてどこにもないが。

だが、中国依存している韓国経済にとって経済インセンティブに魅力的な飴に映るだろう。さあ、どうするのか。アメリカを裏切って中国に尻尾を振るのか。リッパート大使が米韓同盟を強調していたわけだが、いきなり韓国は斜め上に動き、中国の提案にのってしまうのか。どちらにするかで韓国がどこの属国となるのかが判明する。

*インセンティブとは、①意欲を起こさせるような刺激。誘因。②企業が販売促進のために支給する奨励金。販売報奨金。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、THAAD拒否なら韓国に経済インセンティブ…習主席が朴大統領に提案