「航空機事故」タグアーカイブ

韓国経済、専門家「人為的ミスが争点」 アシアナ航空機事故多発の背景に、反省点を見出し次につなげようとする意識の欠如

韓国経済、専門家「人為的ミスが争点」 アシアナ航空機事故多発の背景に、反省点を見出し次につなげようとする意識の欠如

記事要約:韓国ではどのような人為的なミスを何度も起こそうが学習能力がないため似、また同じことを繰り返す。航空機事故で、正確な原因を調べるのは、真実を解き明かし、そこから学ぶ教訓が今後の航空会社の運営にかかせないから。だから、事故調査委員会はどんな小さな証拠からでも、その事故を徹底究明する。

しかし、真実を明らかにしても反論するのが韓国の航空会社、アシアナ航空なのだ。つまり、反省がなく、改善も不十分なのでまた人為的なミスで事故を起こす。これでヒューマンエラーの事故は一体何度目だ。管理人が知る限りは3回はあった気がする。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、専門家「人為的ミスが争点」 アシアナ航空機事故多発の背景に、反省点を見出し次につなげようとする意識の欠如

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、広島空港で着陸失敗、計器誘導受けられない東側から滑走路に進入…異常な低空飛行の原因を調査

韓国経済、広島空港で着陸失敗、計器誘導受けられない東側から滑走路に進入…異常な低空飛行の原因を調査

記事要約:昨日の午後8時に起きた韓国のアシアナ航空機着陸失敗事故。どうやら、計器誘導が受けられない東側から滑走路に進入していたようだ。さらに異常な低空飛行をしていたということもあり、これはパイロットの人為的ミスの可能性が高まったといえる。

当然、飛行機が着陸するときは管制官の指示にパイロットは従う必要があり、計器誘導を受けられない位置から滑走路へ降りるなんて通常では考えられない。もし、管制官の指示に従ってないなら、明らかに航空法違反なわけだが、実際のところ、なぜ、そのようなことをしたかまではまだ不明である。

ただ、パイロットは計器誘導がなくても着陸できる技量は持ち合わせておくのは当たり前であり、着陸困難と判断したら、管制官に別の滑走路への着陸許可を得るべきだろう。総合的な判断はパイロットにしか出来ないのだから、これはパイロットの事情をしっかりきく必要がある。練習不足でしたというオチが韓国ならありそうなんだが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、広島空港で着陸失敗、計器誘導受けられない東側から滑走路に進入…異常な低空飛行の原因を調査

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【アシアナ航空機事故】韓国当局「NTSBの発表は単なるフライトレコーダとボイスレコーダの分析結果。そんないい加減なもんで操縦士のミスと断定はできない」

韓国経済、韓国当局「NTSBの発表は単なるフライトレコーダとボイスレコーダの分析結果。そんないい加減なもんで操縦士のミスと断定はできない」

記事要約:七夕に起きたアシアナ航空機事故。その調査が行われているわけだが、韓国当局は今までのNTSBが事故調査でもっとも信頼してきたフライトレコーダーとボイスレコーダの分析を「いい加減」なものだと言い切った。

これってNTSBの調査方法を否定したに等しいな。こんなことしたのは韓国だけじゃないのか?韓国人パイロットの証言の方がよほど信憑性に欠けるのだがその辺りはどうなのか。

本文:七夕に起きたアシアナ航空機事故。

その調査が行われているわけだが、韓国当局は今までのNTSBが事故調査でもっとも信頼してきたフライトレコーダーとボイスレコーダの分析を「いい加減」なものだと言い切った。

航空機事故の中でもっとも信頼されている証拠は、ブラックボックスの中身、フライトレコーダーとボイスレコーダである。だから、事故が起きたときは何が何でも回収しようとする。それをいい加減という韓国当局。これ航空業界の全てを敵に回したんじゃないか。

韓国のことだからどうでもいいが。しかし、今までの調査方法を全否定するとか。航空機事故の調査の仕方とか知らないんだろうな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、【アシアナ航空機事故】韓国当局「NTSBの発表は単なるフライトレコーダとボイスレコーダの分析結果。そんないい加減なもんで操縦士のミスと断定はできない」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

記事要約:前回、韓国アシアナ事故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間だということが判明して、事故が人為的なミスの可能性が浮上した。さらに「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」という人為的なミスがあったようだ。「機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて」という。これは人為的なミスで起きた可能性がますます高くなった。

本文:前回、韓国アシアナ事故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間だということが判明して、事故が人為的なミスの可能性が浮上した。さらに「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」という明かな人為的なミスがわかった。失速を知らせる警報が鳴っているのなら確実な事実だろう。

しかも、教官は資格を取って今回が初めての指導だったという。これは、アシアナ航空の教育体制が問われることになる。

どうやらこの事故は人為的なミスで間違いなさそうだが、もう一つは資格を取った後に、教官として訓練といった教官マニュアルがどこまで作られていたといった会社側の致命的なミスも露見されそうな勢いだ。韓国企業を調べたら色々な穴が開きまくっているのは常識なのだが、そのような穴が航空業界にぽっかり開いていたわけでとんでもないことだな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry