「訪韓」タグアーカイブ

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

記事要約:個人的には信じられないのだが、トランプ大統領がG20の後、29~30日、1泊2日の日程で韓国を公式訪問することがわかったと聯合ニュースが伝えている。ただ、韓国メディアのいうことなので、どこまで信用できるかはわからない。

でも、在韓米軍を鼓舞や慰労することは米国大統領としては大事だからな。前は文在寅大統領に邪魔されてゆっくり話すこともできなかったしな。文在寅大統領と首脳会談も行うそうだが、G20後なので確認になりそうだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は24日、トランプ米大統領が29日から1泊2日の日程で韓国を公式訪問し、30日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行うと発表した。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190624002200882?section=politics/index

韓国経済、【踏み絵が迫る】米国「トランプ大統領がG20後に訪韓」…韓日米の対中包囲戦を予告

韓国経済、【踏み絵が迫る】米国「トランプ大統領がG20後に訪韓」…韓日米の対中包囲戦を予告

記事要約:韓国政府はトランプ大統領に訪韓してもらいたかったので、朗報のはずだが、実際,あのとき、米中貿易戦争は交渉中だった。あれから交渉は決裂して、ファーウェイ排除となり、新冷戦とも呼べる両者の仲間集めが始まっているわけだ。

そんな中、トランプ大統領がG20後に訪韓するということは踏み絵以外は考えられない。米国に従うよな?まさか、このまま中国に半導体を輸出するなんてことはないよな?と、文在寅大統領と会談するんじゃないか。これだとまた2分で打ち切られるな。招待されて2分で打ち切ればさらに面白いんだが。今の米中貿易戦争を見る限りでは、韓国政府は本当はトランプ大統領に来て欲しくないと思うが。

でも、外交日程というのは調整が必要だからな。G20が終わった後、わざわざ時間を作ってくれたんだ。感謝しないとな。手土産ぐらいは用意しているんだろうな?

> 米国が主要20カ国(G20)首脳会議まで2週間ほどとなる10日、韓米日の連携強化を強調した。韓日と組んで中国を狙った包囲戦に出るという予告とみられる。 

韓国と組まない方がいいと個人的に思うが,そろそろ、韓国も立ち位置をはっきりさせるべきだろう。このまま蝙蝠外交を続けることをトランプ大統領は許さないと。

> 米国務省のオルタガス報道官はこの日、大阪で28日から29日まで開かれるG20首脳会議にポンペオ国務長官も同行すると発表し、トランプ大統領とポンペオ長官が「G20後に訪韓して文在寅(ムン・ジェイン)大統領に会うだろう」と明らかにした。日付と期間は特定しなかった。G20直後に1泊2日の日程が有力視される。 

なるほど。日付と期間は特定しない。つまり、具体的には決まってないと。もしかしたらG20次第では流れる可能性もあると。G20で文在寅大統領が発言する機会はあるかは知らないが、今回のG20はかなり注目だな。北朝鮮問題が中心だと思うが,その後の中国包囲網についても色々とありそうだ。G20は仲間集めする場所としては最適だからな。もちろん、文在寅大統領はG20首脳陣との会談予定で忙しいんだろうな。なんせ外交の天才だからな。未だに予定が埋まってないはずはない。

後、北朝鮮支援として800万ドルの送金はどうなったんだ?速ければ昨日とかあったが、その後、続報がないぞ。ほら、速く送ればいいじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【踏み絵が迫る】米国「トランプ大統領がG20後に訪韓」…韓日米の対中包囲戦を予告

米国が主要20カ国(G20)首脳会議まで2週間ほどとなる10日、韓米日の連携強化を強調した。韓日と組んで中国を狙った包囲戦に出るという予告とみられる。 

米国務省のオルタガス報道官はこの日、大阪で28日から29日まで開かれるG20首脳会議にポンペオ国務長官も同行すると発表し、トランプ大統領とポンペオ長官が「G20後に訪韓して文在寅(ムン・ジェイン)大統領に会うだろう」と明らかにした。日付と期間は特定しなかった。G20直後に1泊2日の日程が有力視される。 

オルタガス報道官は訪韓・訪日の議題として、「北朝鮮の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」に言及したが、傍点は中国につけられた。 

オルタガス報道官はトランプ大統領が安倍首相とともに「北朝鮮および他の共通の挑戦課題に向けた統合されたアプローチのために韓国との3カ国連携を強化する方法を議論するだろう」と話した。 

「他の共通の挑戦課題」は中国問題というのが外交筋の話だ。中国牽制のため安倍首相に悪化の一途である韓日関係改善を注文するという趣旨が込められている。オルタガス報道官は訪韓議題については「米国と韓国の同盟強化方法を議論する」とした。 

亜洲(アジュ)大学中国政策研究所のキム・フンギュ所長は「日本には中国のため韓日米連携が重要なので韓国との関係改善に努めるようにとのメッセージを、韓国にはいま米中対立が深刻なため選択をしっかりやるようにとの考えを伝えるということ」と解説した。 

世宗(セジョン)研究所のイ・ソンヒョン中国研究センター長も「現在北朝鮮は米国の最優先課題ではない。米中対立局面で韓日米連携が重要だという点を米国が強調したものであり、これに伴い大阪G20は重要な山場になるだろう」と話した。 

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)は11日、中国のIT企業ファーウェイの使用と関連し、「同盟国のネットワークにわれわれが信頼できない供給業者がいるならば敏感な情報を共有する方法を見直す必要がある」という国務省関係者の話を伝えた。 

7日に青瓦台(チョンワデ、大統領府)高位関係者がファーウェイと関連し「韓米軍事安保分野に及ぼす影響は全くない」と述べたことに対しVOAが立場を聞くとこうした回答が出された。 

一方、韓国外交部が米中対立と関連して設置する戦略調整支援班は局長級である外交戦略企画官が班長を兼ね、課長級チーム長をはじめとする7人が実務を担当する。 

外交部のキム・インチョル報道官は11日、「戦略的に重要な問題に対する緊急対応支援組織」とだけ話した。米中対立に対する韓国政府の苦しい立場が読み取れる部分だ。 

https://japanese.joins.com/article/336/254336.html?servcode=A00

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

記事要約:今回は中国の習近平国家主席が訪韓するという内容を知った韓国人の反応が焦点となるのだが、どうやら反発しているようだ。

なんというか。韓国人は自分たちの立場を理解してないようだ。韓国は中国の万年の属国だっただろう。宗主国様に逆らえるとでも?自分たちのDNAに深く刻まれているだろう。逆らうとどうなるかが。中国なしでは生きていけない現実に気付いてないとか。韓国人はいつになればまともな思考ができるのだ。

もちろん、国民総出で習近平国家主席の訪韓を喜ぶことが臣下に問われる。それを反発とか、天安門事件のように戦車で轢き殺されたいらしい。

> 「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国に幼稚な報復をしたことを忘れた?韓国政府の賢明な判断が必要な時」 
「米国に負けそうだからでしょ?文大統領は来るなと言うべきだ。訪中した文大統領が1人でご飯を食べことを思い出すと、腹立たしくて今も眠れない」 
「来たところで、文大統領は中国にペコペコするだけ。中国は華為の製品を買えと言うだけだろう」 
「文大統領が習主席にへつらう姿を見たくない」 
「来る理由は明らか。中国側につけば何かをくれる、米国側につけばTHAADの時の10倍の報復をする、と脅迫するんだ」 

何かくれる?そんな損得勘定しかないから、平気で蝙蝠するのだ。韓国は何かもらう方ではない。与えるほうなのだ。米中どちらにもな。それを理解しないから、どちからも見放されているという。

> 「より多くの国と幅広く仲良くした方がいい。特に中国人観光客は韓国経済にとって大きな存在だ。中国とはうまくやってほしい」 
「これこそが外交。文大統領はよくやっている。大国の中国に『行く』と言わせたその力がすごい」 

大きな存在ではない。韓国は中国なしでは滅びるだけ。そして、最後が管理人がもっともいいたいことだ。さすが、外交の天才である文在寅大統領だと。習近平国家主席は訪韓するように全て仕組んでいたわけだ。やはり、文在寅大統領は凄い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発 「来る理由は明らか」

2019年6月6日、韓国・中央日報は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が訪韓する方針を固めたと伝えた。 

記事によると、ある外交消息筋は「習主席が今月28~29日に大阪で開かれるG20サミットの前に韓国を訪問する」とし、「習主席は米中貿易戦争の激化などさまざまな外交問題を抱えているが、中国の周辺国外交において核心的な役割を担う韓国への訪問をこれ以上後回しにできないと判断した」と説明した。 

習主席の訪韓が実現すれば、朴槿恵(パク・クネ)政権だった2014年7月以降、約5年ぶりとなる。 

習主席の訪韓をめぐっては、先月末に駐韓中国大使館が習主席のために予約していたソウルのホテルをキャンセルしたことで事実上「白紙化した」とみられていた。 

今回、中国当局が立場を変えた最大の理由について、記事は「米中貿易戦争の激化を受け、中国は味方を確保するための周辺国外交を大々的に強化しており、その中でも韓国が占める地位が他の国より高いため」と説明している。 

また北京の外交関係者の間では「習主席は北朝鮮を訪問した後に韓国に向かう」との予想も出ているという。 

これに関し、韓国政府当局者は「中韓の首脳が会って朝鮮半島問題を議論する必要性はある」としつつも「首脳会談は最終確定をした後に両国の合意のもと共同発表するのが外交の原則だ」と話したという。 

このニュースを受け、韓国のネットユーザーからは 

「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国に幼稚な報復をしたことを忘れた?韓国政府の賢明な判断が必要な時」 
「米国に負けそうだからでしょ?文大統領は来るなと言うべきだ。訪中した文大統領が1人でご飯を食べことを思い出すと、腹立たしくて今も眠れない」 
「来たところで、文大統領は中国にペコペコするだけ。中国は華為の製品を買えと言うだけだろう」 
「文大統領が習主席にへつらう姿を見たくない」 
「来る理由は明らか。中国側につけば何かをくれる、米国側につけばTHAADの時の10倍の報復をする、と脅迫するんだ」 

など、習主席の訪韓に反対する声が数多く寄せられている。 一方、一部からは 

「より多くの国と幅広く仲良くした方がいい。特に中国人観光客は韓国経済にとって大きな存在だ。中国とはうまくやってほしい」 
「これこそが外交。文大統領はよくやっている。大国の中国に『行く』と言わせたその力がすごい」 

など歓迎する声も上がっている。 

https://www.recordchina.co.jp/b600336-s0-c10-d0058.html

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

記事要約:やったじゃないか。なんとあの習近平国家主席が5年ぶりに訪韓してくれるそうだぞ。これは以前、文在寅大統領が訪中して朝食を大衆食堂で食べた礼をしてあげないとな。国賓待遇扱いして朝飯は1人で食べとけがついにできるわけだ。

良かったな。習近平国家主席だ。これで韓国は正式に中国チームに参加することになるだろうな。何、3不+1限の確認だ。中国の利益を損なうことはしない。だから、ファーウェイ機器は排除なんてできない。半導体や部品を中国に輸出制限もできない。もう、選択の時が迫っている。

ああ。そういえば、トランプ大統領もG20の前後に訪韓するんだったか。いやあ。もてもてだなあ。米中の2大国家のトップが韓国を訪れてくれるなんて素晴らしいことじゃないか。もちろん、返事は決まってるよな?

さあ。選べ。どちらを選ぼうが地獄の始まりだ。もっとも、選んでも、選ばなくても地獄に変わりない。どの選択肢も全てバッドエンドに繋がっている。韓国経済の破綻というエンドにな。

> それでも中国当局が習主席の訪韓側に立場を旋回させたことに対しては、その最も大きい理由として、中国が直面している米中貿易戦争が挙げられる。貿易戦争が激化して、中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化に出たが、ここで韓国が占める地位が他のどの国よりも高いという説明だ。 

うん。高い高い。半導体をファーウェイに販売しているものな。5分1だったか。いやあ、管理人でも高いとおもう。米中貿易戦争で韓国は中国に付くように命令に来るのだ。もちろん、トランプ大統領は中国に付くなら、セカンダリーボイコット対象にするけどいいか?と聞いてくれるだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【もてもての韓国】「習近平氏、5年ぶりに訪韓…大阪G20サミット参加前に」 中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化

中国の習近平国家主席が訪韓の方針を固めた。これに伴い、今月28~29日に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に先立ち、習主席が韓国を訪韓することにしたと北京の事情に詳しい西側外交消息筋が5日、明らかにした。 

この消息筋は「習主席が米中貿易戦争激化などのさまざまな外交的悪材料にもかかわらず、中国の伝統的な近隣諸国として、中国の周辺国外交で核心的な役割を占める韓国への訪問をこれ以上先送りできないと判断したものと承知している」と話した。 

また「大阪G20サミットへの参加に先立ち、今月最終週に韓国に訪れる日程を中国当局が準備していると承知している」と伝えた。習主席の訪韓が実現すれば、朴槿恵(パク・クネ)政府時の2014年7月に国賓で韓国を訪れて以来、5年ぶりとなる。 

中国政界に明るい別の消息筋によると、韓中実務者が今月3日から本格的な習氏訪韓準備作業に着手した。習主席の正確な訪韓日時と滞在期間、ソウルでの動線問題などを協議し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話をする主要議題を点検すると伝えられた。 

習主席は今後、文大統領とより多くの首脳会談を通じて韓国との関係強化に出る見通しだとこの消息筋は伝えた。今月末のソウルと大阪G20サミットで両国首脳会談を推進することに続き、来年は中国海南島で開かれる博鰲(ボアオ)フォーラムにも文大統領を招待して再び韓中首脳会談を開催する構想だという。 

当初、習主席の訪韓をめぐって先月末に駐韓中国大使館が習主席の訪韓に備えて予約していたソウルの宿舎をキャンセルして、事実上失敗に終わったという見方が多かった。 

それでも中国当局が習主席の訪韓側に立場を旋回させたことに対しては、その最も大きい理由として、中国が直面している米中貿易戦争が挙げられる。貿易戦争が激化して、中国が友軍確保のために大々的な周辺国外交強化に出たが、ここで韓国が占める地位が他のどの国よりも高いという説明だ。 

北京外交界では、習主席が北朝鮮を先に訪問してその次に韓国を訪れるという見方もあった。これに関連して、米朝関係が冷却している状態で今は北朝鮮訪問が適期ではなく、まず韓国を訪問した後、中朝修交70周年を迎える秋に平壌(ピョンヤン)を訪れても遅くないという話が出ていると西側外交消息筋は話した。 

政府当局者はこれに関連し、「韓中首脳が会って韓半島(朝鮮半島)問題を議論しなければならない必要性は変わることがない」としつつも「首脳会談は最終確定を経なければならず、両国の合意によって共同発表するのが外交的原則」と明らかにした。 

https://japanese.joins.com/article/166/254166.html?servcode=A00

韓国経済、10年間の観光収支 約5兆円の赤字 「ローマ法王来韓で認知度が高まった、多様な観光商品を

韓国経済、10年間の観光収支 約5兆円の赤字 「ローマ法王来韓で認知度が高まった、多様な観光商品を

記事要約:取らぬ狸の皮算用という諺があるわけだが、まさに韓国メディアが述べていることはこれである。ローマ法王の訪韓で韓国の認知度が高まった?政治利用だけではなく、経済利用するつもりだったのか。だが、それは浅はかな考えだ。

韓国のイメージなんて経済に精通しているなら、アジア通貨危機のIMF入り国家というものしかない。そもそも、韓国に観光できるような場所はないだろう。何しろ歴史や文化がなさすぎるのだから。

それか、韓国産のキムチでもアピールするのか。だが、そのキムチを欧州では輸入禁止になった国があったな。じゃあ、例の韓流ドラマか。韓国政府が赤字覚悟で金を出して、結局、投資は大赤字になる韓流世界プロジェクトか。しかし、肝心なことを忘れている。

韓国はローマ法王の訪韓より前に、七夕に起きたアシアナ航空機墜落事故や、セウォル号沈没事故の数百にも上る斜め上で世界中に注目されたじゃないか。

その結論はこうだ。韓国の乗り物は絶対に乗ってはいけない。そりゃ、大赤字にしかならない。しかも、北朝鮮とは休戦中である。そんな危険な国に観光客が行きたがるわけない。そもそも、2018年には平昌五輪があるじゃないか。もっとも、本当に開催できるとは思えないが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、10年間の観光収支 約5兆円の赤字 「ローマ法王来韓で認知度が高まった、多様な観光商品を



韓国経済、ローマ法王に批判の声「何度でも許すべし発言は内政干渉」「法王の左寄り発言でパク大統領が侮辱された」[

韓国経済、ローマ法王に批判の声「何度でも許すべし発言は内政干渉」「法王の左寄り発言でパク大統領が侮辱された」

記事要約:結論から述べると韓国人に宗教は早かった。特にキリスト教でもっとも厳粛なカトリックは1万年早い。カトリックというか、キリスト教を作ったイエスは「隣人愛」を説いている。隣人愛とは他者に対する愛情である。

ローマ法王は過去の戦争を許すことを韓国人に述べたわけだが、しかし、その発言は韓国人から言わせると「内政干渉」らしい。ローマ法王も韓国いって踏んだり蹴ったりなわけだ。

そもそも、韓国人は色々と勘違いしているのでこの時点でおかしいわけだ。そこで、今回は韓国社会を踏まえて簡単にレクチャーする。これから韓国のニュースを読むときに、このような背景を知っておくと理解しやすいだろう。

1.韓国人は完璧な被害者ではない。韓国人は日本に併合されて第二次大戦は日本と一緒に戦った。靖国神社にも朝鮮人の慰霊が納められている。これは陸軍に仕官した朝鮮人たちである。

2.慰安婦問題は朝日新聞が32年を放置して、ようやく捏造と認めたので、もはや、捏造された証拠に意味はない。つまり、日本軍の強制関与などなかった。彼女らは高級取りの売春婦である。それも、多くの朝鮮戦争時代の慰安婦である。証拠は当時の新聞に給料が掲載されている。

3.ローマ法王は内政干渉をしないように極力、言葉を選んでいる。あからさまな政治利用しようとしたのは韓国人である。

4.韓国人は相手が上か、下かでしか判断できない。上のものにはこびへつらい、下ものは奴隷とみなす。そこにあるのは個人の利益追求である。セウォル号沈没事故が起きたのはこのような韓国人の社会性が大きく影響している。

5.韓国社会とは未だに両班という貴族階級が密かに存在している。その両班とはサムスンや現代グループといった財閥である。これも歴史を紐解けばわかるが、マリ・ニコル・アントン・ダブリュイは「朝鮮の貴族階級は、世界でもっとも強力であり、もっとも傲慢である」と述べている。この精神が財閥に受け継がれているわけだ。

6.先ほど出てきた両班制度を廃止したのが日本である。日本は戸籍制度の導入して、この明かな身分差別をなくそうとして、政府で取り締まった。現在、ヘイトスピーチで差別を訴えているのは在日朝鮮人が両班の立場を目指しているからである。典型的な差別利権である。そして、気に入らないことがあれば「差別」という言葉を使う。

7.韓国人は法律より感情を優先する。法治国家なんていうものは存在しない。なぜなら、捕まえてから新しい法律(遡及法)で裁くようなことを平気でやるからだ。そして、反日は無罪である。どんなことをしようが内政干渉にはならない。法治国家といいながら、実質は韓国人の利益追求にしか機能しない裁判である。

8.韓国人は自分たちが優秀な民族だと自画自賛する。しかし、それは日本に対するコンプレックスがあまりにも強すぎるため。日本に勝った、負けたで一喜一憂する。だが、本当に勝てるような基礎技術も文化も何もない。なぜなら、彼らは自分たちで開発した技術ではなく、相手の技術を盗んで発展させたからである。

9.韓国経済が日本と同じ長期不況に陥るというニュースがいくつかあるが、日本の技術を盗んだ韓国人が、中国に技術を盗まれていることがそもそも原因。また、日本の技術が盗んだことで、日本と主力製品が類似しているので、結局、高付加価値を提供するしか生き残る道はない。だが、韓国にブランドなどない。大量生産で低価格、低品質商品を乱発してきたから。

10.韓国人は自分たちの歴史を誇ろうとしない。しかし、隣に、中国や日本といった長年の歴史を記録する国家があり、様々な起源がそれらの国々に存在するのを羨ましく思う。だから、偉大なる人物、食べ物、競技などは全て、韓国起源にしようと捏造する。

韓国人は歴史をクリエイトすることで万年、中国の属国だった歴史を消去しようとする。そもそも、ビッグバンの起源は韓国人である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、ローマ法王に批判の声「何度でも許すべし発言は内政干渉」「法王の左寄り発言でパク大統領が侮辱された」[

韓国経済、ローマ法王が慰安婦の強制動員を日本人記者に明言、「日本」に対する言及はない

韓国経済、ローマ法王が慰安婦の強制動員を日本人記者に明言、「日本」に対する言及はない

記事要約:これは朝鮮日報の記事なのでローマ法王がこのように本当に述べたかはわからない。なので、バチカンが事実だと発表する前に騒ぐ必要はないのだが、日本に対する言及がないということは、第二次大戦の話ではなく、朝鮮戦争の慰安婦のことを指している可能性もある。

それを連想させるのが「(慰安婦被害者たちは)戦争が生み出した結果であり、このような残忍なことは現在でも起きている」という言葉である。

しかし、現在というのは韓国が世界中で売春していることをさしているのだろうか。そりゃ、バチカン市国なら韓国売春婦の約一割が海外で荒稼ぎといったことも知っているのだろう。もっとも、日本に言及しない以上、どちらとも取れる。しかし、ローマ法王を政治的に利用するような行為をやってのける韓国は世界中のカトリック教徒の敵である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、ローマ法王が慰安婦の強制動員を日本人記者に明言、「日本」に対する言及はない