「負債」タグアーカイブ

韓国経済、韓国コンソーシアムがボリビアの銅鉱山から追い出される、資源外交に批判・・韓国ネット「みんな詐欺師」「国家の信頼と品格が地に落ちた」

韓国経済、韓国コンソーシアムがボリビアの銅鉱山から追い出される、資源外交に批判・・韓国ネット「みんな詐欺師」「国家の信頼と品格が地に落ちた」

記事要約:韓国の明博前大統領の時にやった資源外交。その恐るべき成果を読者様はご存じだろうか。簡単に述べれば、12のエネルギー公営企業の海外の子会社数は168社あるそうだが、このうち80社が最近、5年間は収益を出せず、経営困難に直面している。

例えば、2008年メキシコ銅鉱山に子会社を立ち上げた韓国鉱物資源公社。これは500億ウォンを投資したそうだが、この子会社は2012年だけ5300億ウォンあまりの赤字をだす。さらに、韓国中部発電のレバノン現地の子会社の負債比率は最大9500%となっている。つまり、上のようなボリビア銅鉱山のようなものは氷山の一角、いくらでもあるということだ。銅鉱山から追い出されるぐらいはまだましである。これからさらに面白いことが明らかになるだろう。

おそらく、日本や中国の資源外交を見習ってやったと思うのだが、そこは韓国である。出鱈目な調査が横行したんだろうな。いざ掘ってみると埋蔵量が全く想定外に少ないとか・・・今の地質技術は到底考えられないと思うのだが、そうなってしまうのが韓国だ。誰が捏造したかは知らない。明博大統領はどれぐらい韓国に打撃を与えたんだろうな。勿論、コレも借金である。この80社の合計がいくらかになるかは知らないが、とんでもない数字なのは容易にわかる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国コンソーシアムがボリビアの銅鉱山から追い出される、資源外交に批判・・韓国ネット「みんな詐欺師」「国家の信頼と品格が地に落ちた」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「公共部門の借金900兆ウォン肉迫」…1年間で9.5%増

韓国経済、「公共部門の借金900兆ウォン肉迫」…1年間で9.5%増

記事要約:韓国の公共部門の借金が900兆ウォンに近いことがわかった。これは1年間で9.5%増えたらしい。中々順調に借金が増えている。一年で一割も借金が増えており、個人の負債は1200兆ウォンを超えている。これだけで2100兆ウォンになるわけだが、実は韓国の隠れ負債は一杯ある。

4000億ドルほどの外債もそうだが、銀行の闇国債といわれる外弊債など、国も地方も、企業も国民も借金漬けである。むしろ、何でまだデフォルトしていないのか不思議なぐらいである。最も、既に韓国の資産より借金の方が多いので時間の問題である。2015年か、2016年か、そのあたりはわからないが、韓国経済が借金によって回らなくなる未来はそう遠くない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、「公共部門の借金900兆ウォン肉迫」…1年間で9.5%増

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【仁川アジア大会】仁川市の債務は約3300億円に膨らみ、財政状況は国内自治体で最低のレベルに悪化

韓国経済、【仁川アジア大会】仁川市の債務は約3300億円に膨らみ、財政状況は国内自治体で最低のレベルに悪化

記事要約:あらゆる意味で酷いネタしか出てこない仁川アジア大会。チケットの売り上げは目標の6割程度らしいのだが、どうやら売上以前に、仁川市の債務は3300億円に膨らんでいるそうだ。いつも通り大赤字。韓国のやる国際行事が各国の選手に最悪な印象を与え、さらに経済的には大赤字という二度美味しい状況を勝手に作り出す。その税負担は韓国人にのしかかってくるわけだ。

国際大会を招致して、韓国の評価を高めて、観光収入アップが本来の目的なのに、全てが逆効果というのは恐れ入る。韓国に下がる評判はまったくないし、観光収入アップも期待出来ない。おまけに食事が届かない、停電、風で妨害、音楽を止めるなど卑怯な方法で他国の選手を邪魔する韓国の運営。まさに最悪の大会である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、【仁川アジア大会】仁川市の債務は約3300億円に膨らみ、財政状況は国内自治体で最低のレベルに悪化

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

記事要約:KOSPI2000台を安定化させるための3つの鍵。これは中央日報の記事だが、中々よく書けている。今回は中国経済のほうだ。鍵となるのは成長率7.5%である。これもよく言われた数字だ。ただ、この成長率が本当にできているとは到底思えない。中国が発表する数字など信じている投資家は一人もいないだろうに。ポイントは次のところ。

>中国の第1四半期の成長率は16日に発表される予定だ。「浮揚策」という変数 ができ韓国の証券市場の得失計算は複雑になった。もし7.2%以下に落ちるなら景気鈍化の心配は大きくなるが、それだけ強い浮揚策が出てくる可能性も高ま る。反対に7.5%を軽く超えるなら景気の心配は減るが浮揚への期待感は低くなる。最悪の状況はこの中間のどっちつかずな数値が出る場合になるだろうとい う説明だ。新栄証券のキム・ソンヨン研究員は「もし7.3~7.4%になるなら景気鈍化の懸念も続き、強い浮揚策を期待することも難しく、市場の不確実性 が大きくなりかねない」と指摘した。

これを読んでどう思うだろうか。まるで中国が無限に金を持っているかのような想定である。景気浮揚策に出るには元手が必要だが、中国の負債はGDPの230%にものぼる。これ以上、景気浮揚策に出ればさらに負債は増える一方だ。GDPの230%といえば、韓国の負債とたいして変わらない。このような中国経済の状況で市場は強い浮揚策を期待するなど、トランプのばば抜きとやっているのとたいしてかわらない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry