「NTSBのハースマン委員長」タグアーカイブ

韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

記事要約:見事なまでの韓国人発言に逆にすがすがしい気分である。予想通り、例のアシアナ事故機の件で、アシアナ航空社長は事故の責任を全て機長になすりつけた。だが、事故の調査が進むにつれて、おそらくアシアナ航空の安全管理にもメスが入ると思われる。人為的なミスは明らか。どうして防げなかったのかが航空機事故では必ず問われるからだ。

本文:例のアシアナ航空機の着陸失敗して炎上した事故で、アシアナ航空社長は、「全ての責任は機長にある」と述べた。この韓国人らしい予想通りの発言に管理人は、逆にすがすがしい気分となった。期待を裏切らないというのか。なんというのか……。もっとも、事故の調査が進めば、アシアナ航空の安全管理にもメスが入ると思われる。

今回は、「故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間」「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」「教官は資格を取って今回が初めての指導」「航空誘導装置が故障していたにも関わらず、機長は操縦桿を握らなかった」といった数々の事実から、人為的なミスである可能性が高いからだ。

もっとも教官として初めてという事実から、判断力が足りなかったという推測も出てきたので、機長が操縦桿を握らなかったことの謎は解けたかもしれない。この社長の発言からして、ブラック企業だということがそのうち判明するのだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry