「DNA」タグアーカイブ

韓国経済、偽造バイアグラ蔓延が社会問題化…背景に若い男性の性器機能不全(ED)急増か

韓国経済、偽造バイアグラ蔓延が社会問題化…背景に若い男性の性器機能不全(ED)急増か

記事要約:今回の記事は中々面白いことが書いてある。まず、偽造バイアグラ蔓延が社会問題化していること。その背景に若い男性の性器機能不全(ED)急増しているということ。問題点を知らせるニュースとしては面白いが、もう一つ、どうして韓国の若い男性にEDが急増しているかの理由を抑えてほしかった。でも、EDを欲しがるということは性欲あるということだ。日本とはまた違うことになる。

しかし、韓国は世界一の強姦大国でもある。まさか、レイプといった一方的なことでしか、性器は機能しないということなのか。これ、2chではわりと茶化されているのだが、かなり深刻だと思われる。

真面目な話、違法性がある薬は副作用が強い。バイアグラか、本物か、偽物がどうかは記事を読んでもよくわからないが、薬に頼ることの副作用でますますEDが急増するのではないか。韓国人はそのうち子孫すら残せなくなるということだが。次はなぜEDが急増しているかの理由に焦点を当てた記事をお願いする。

韓国経済、偽造バイアグラ蔓延が社会問題化…背景に若い男性の性器機能不全(ED)急増か

「パクリがお家芸」といわれて久しい韓国で、興味深い発表があった。1月28日、韓国関税庁がここ3年間で取り締まったコピー商品、いわゆる“バッタもん”に関する調査結果を発表したのだ。

発表によると、2013~15年にかけて知識財産権侵害に該当するとして韓国国内で取り締まった密輸偽造商品は4000万点に上り、その総額は1兆5568億ウォン(約1557億円)だという。犯罪の類型としては、商標侵害が751件で最も多く、著作権違反58件、不正競争防止法違反17件、特許法違反2件と続く。

気になる中身は、やはり有名ブランドが多い。ブランド別に取り締まりを受けた金額を見ると、「ロレックス」1629億ウォン(約163億円)、「ルイ・ヴィトン」1445億ウォン(約145億円)が上位にランクイン。品物別に見ると時計類が5717億ウォン(約572億円)ともっとも多く、カバン類、衣類なども多数コピーされている。

しかし、実はもっともバッタもんが多かったのは、ロレックスでもルイ・ヴィトンでもない。男性器機能不全(ED)治療薬の「バイアグラ」だ。バイアグラは、今でこそ一般名詞のように使われているが、もともとは米製薬会社のファイザーが開発したED治療薬の商標名。

その超有名な商標を使ったコピー商品が計2076億ウォン(約208億円)と、ロレックスやルイ・ヴィトン以上に韓国で流通していたのだ。ちなみに、1084億ウォン(約108億円)で4番目に金額が高い偽造商品も「シアリス」というED治療薬だ。総額だけでなく、摘発された数量もバイアグラが1922万点でトップとなった。

韓国関税庁は、中国などで不法に製造されたED治療薬が韓国国内に流入し、それを流通させている組織の活動範囲が広がっていると分析している。偽物、コピー商品の流入がいまだに多いということで、偽装商品を専門的に取り締まる組織をより積極的に活用していく方針を打ち出している。

それにしても、なぜ韓国ではED治療薬の偽造商品の需要が高いのだろうか。至極単純に、最近の韓国では20~30代の若い男性たちのEDが増加しているようで、それに伴ってED治療薬の需要も伸びているのだ。

実際に、バイアグラの成分に関するファイザーの特許が切れた2012年5月以降、韓国国内では約40社の製薬会社からバイアグラジェネリックが発売されている。

医薬品調査機関IMSヘルスの調べによると、ED治療薬全体の売り上げは11年7月~12年6月には867万個だったが、13年7月~14年6月は1733万個と急増している。わずか数年でほぼ2倍に跳ね上がっており、韓国の成人男性の人数とほぼ同数だ。

このようなジェネリックだけではなく、バイアグラをはじめとした偽造ED治療薬が韓国では蔓延している。医師でさえも、どのED治療薬が安全か判別するのは困難だといわれている。間違っても韓国では購入しないほうがいいだろう。

(文=編集部)

ソース:ビジネスジャーナル<韓国、偽造バイアグラ蔓延が社会問題化…背景に若者男性のED急増か>

(http://biz-journal.jp/2016/02/post_13677.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、靖国神社爆発テロの韓国人チョン・チャンハン容疑者 不可解な行動に深まる疑問

韓国経済、靖国事件の韓国人チョン・チャンハン容疑者 不可解な行動に深まる疑問

記事要約:靖国神社爆発テロの容疑で日本に再入国して逮捕されたチョン・チャンハン容疑者。タイマーや火薬といったことを所持していたことは産経新聞に書いてあった。それに追加して、聯合ニュースに警察が容疑者を特定した優良な証拠を見つけた。

>また、事件を捜査する警視庁公安部は、靖国神社のトイレから回収したたばこの吸い殻に付着したDNA型が、男性が宿泊した東京都内のホテルから確保した男性の遺留品から検出したDNA型と一致することを確認したと伝えられる。日本の当局の推定通り、男性がたばこの吸い殻をトイレに置いてきたとすれば、犯行の立証に決定的な証拠になる品をあえて残したことになる。<

何で日本のマスコミはDNAが一致したことを伝えながら、それが容疑者のタバコの吸い殻だったと書かないのか。ホテルに残したタバコの吸い殻。靖国神社のトイレから回収したタバコの吸い殻。これが一致する意味は彼が犯行現場にいたことになる。

だが、爆破して韓国へ即帰国するぐらい用意周到なテロリストがわざわざ、そのような証拠を残すのかという疑問は確かにある。タバコの吸い殻からDNAが検出されるなんて、今の世の中なら誰でも知っていることだろう。DNA検査が犯罪捜査に使われるようになってから何十年も経過している。しかも、靖国のトイレでタバコを吸っていたことにもなるわけだ。

タバコを吸いながら爆弾を設置していたのかチョン・チャンハン容疑者は・・・。さすがにそんな間抜けとは思いたくないのだが、これ、計画と犯人の知能が全然、釣り合っていない。だとしたら、計画を考えた人物が別にいて、ただの間抜けな実行犯だった。このような推論が出てくるわけだが。一つ一つに謎が多すぎる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、靖国神社爆発テロの韓国人チョン・チャンハン容疑者 不可解な行動に深まる疑問

【東京聯合ニュース】先月23日に東京都内の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がした事件で、容疑者として日本で逮捕された韓国人男性(27)の行動や動機をめぐり疑問が深まっている。

男性は事件発生直後に韓国に帰国した後、今月9日に日本に再入国して逮捕された。再入国する前、自分の連絡先を知って電話をかけてきた複数の日本のメディ アと話している。

靖国神社に行ったことは認めたが、爆発物の設置については知らないと主張する男の肉声が日本のテレビで流れた。

男性は自 分が日本の捜査線上に浮上していることを十分に察知でき、再入国すれば逮捕の可能性が高いと考え得る状況だったにもかかわらず、日本に行った。さらに再入国の際、火薬のようなものやタイマー、バッテリーなど爆発物の材料とみられるものを所持していた。

日本の警察は男性が爆発物を仕掛けるため持ち込もうとし たとみているが、これらは逮捕された場合に重要な証拠になりかねず、捜査線上に浮上している人間の行動としては無謀すぎる。

また、事件を 捜査する警視庁公安部は、靖国神社のトイレから回収したたばこの吸い殻に付着したDNA型が、男性が宿泊した東京都内のホテルから確保した男性の遺留品か ら検出したDNA型と一致することを確認したと伝えられる。

日本の当局の推定通り、男性がたばこの吸い殻をトイレに置いてきたとすれば、犯行の立証に決定的な証拠になる品をあえて残したことになる。

男性は9日の逮捕直後の取り調べで、爆発物の設置などについて「よく分からない」と話した。翌日までの間に、爆発物を仕掛けたと一度供述した後、否認に転じた。心理状態が不安定なのではないかという見方もある。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/12/11/0400000000AJP20151211001200882.HTML)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry