「G20」タグアーカイブ

韓国経済、安倍首相、G20で19カ国・機関の首脳と会談へ 韓国の文大統領とは見送り

韓国経済、安倍首相、G20で19カ国・機関の首脳と会談へ 韓国の文大統領とは見送り

記事要約:最初に断っておくが、G20は20カ国で話しあいというだけではなく、他にも関係機関や組織など、G20以外の国も色々と参加している。だから、G20で安倍総理が19カ国と会談するからといって、韓国以外の全てG20国と会談することではない。

そもそもG20だけなら、日本は会談する相手ではないので最高でも19カ国にしかならない。韓国除けば18カ国ということになる。なので、書き方が少し誤解しやすそうなので最初に述べておいた。

それで、結局、日本と韓国の首脳会談は見送られたと。当たり前の結果過ぎなのだが、未だに韓国は門が開いているとか、意味不明なことを述べている。今日は2019年6月26日。令和元年6月26日(水)だ。

つまり、明日からG20が開催されるのだから、今から予定を入れるなんてことは土台無理。つまり、正式な日韓会談はないと。立ち話程度ならあるかもしれないが安倍総理のスケジュールはぎっしり埋まってるそうなので、数分程度だという見解が多い。これだけG20が注目されるのはかなり珍しいと思う。なので、当サイトはしばらくG20の話題を中心に見ていくと思われる。

しかし、韓国メディアの火病ぶりを朝から拝見して、上から目線でまだ日本にこんな舐めた口の利き方ができることに驚いた。自分たちが一方的に悪く、しかも、解決しようとすらしない。しかも、G20で会談してくれないから駄々をこねる屑国家そのものだった。そもそも、最近は国家と呼んで良いかどうかすら怪しいよな。反日イデオロギーの「集大成」というものを見てる気がする。

約束を守らない。国際法を守らない国家など付き合えないという日本の明確な意思を受け取っても理解しないからな。日本と会談したければ、徴用工問題でまともな対応をしろと。

でも、G20の日韓首脳会談を開催しないだけの話題でここまで記事を書けるか。どれも似たような恨み辛みの記事しかない。自分たちの非の悪さすら認めない。日本が怒っている理由を少しは韓国人は理解したのか?しているわけないよな。韓国メディアの記事を読めば、日本が傲慢だとしか言ってないからな。だから、彼らとわかり合うことは一生できないと多くの日本人は直感しただろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、安倍首相、G20で19カ国・機関の首脳と会談へ 韓国の文大統領とは見送り

安倍晋三首相は28、29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせ、少なくとも計19カ国・機関の首脳と会談する。夏の参院選を控え、G20サミットで議長を務める首相にとって、外交手腕を示す格好の場となりそうだ。一方、韓国大統領府高官は25日、G20サミットに合わせ、首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との日韓首脳会談について「開かれない」と記者団に語った。 

 G20サミットには、20カ国・地域の首脳以外にも、複数の国・国際機関が参加する。一連の会談で特に注目されるのは、首相と米中露3カ国との首脳会談だ。 

 トランプ米大統領との会談は12回目。4、5月に続く3カ月連続の相互往来で、強固な日米同盟を世界に示す。非核化をめぐる米朝協議など最新の情報を共有し、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を示さない限り、国連安全保障理事会の決めた経済制裁は解除しない方針も再確認する。 

 また首相は、今月のイラン訪問の詳細をトランプ氏に伝える。イラン革命防衛隊によるホルムズ海峡付近での米軍無人機撃墜などで米イランの対立は激化しており、首相は衝突回避の重要性を働きかける意向だ。 

 中国の習近平国家主席は、2013年の国家主席就任後初の来日となる。首相との会談では、米中貿易摩擦が世界経済最大のリスクとなっていることから、通商問題で意見を交わす。20~21日の中朝首脳会談を踏まえ、北朝鮮情勢も協議する。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案撤廃をめぐる香港の混乱について、首相がどう提起するかにも関心が集まる。 

 26回目となるプーチン大統領との会談は、協議が停滞している日露平和条約交渉の取り扱いが焦点だ。昨年11月、日露両首脳は1956(昭和31)年の日ソ共同宣言を基礎に条約交渉を加速させることで合意したが、プーチン氏は北方領土の引き渡しに関し「計画はない」と明言するなど、局面打開は難しい情勢だ。 

 一方、G20サミットの全体会議では、世界経済、イノベーション、格差・インフラ、気候変動の計4分野が主要議題となる。 

https://www.sankei.com/politics/news/190625/plt1906250042-n1.html

韓国経済、【徴用工問題】 韓国外相 「日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」

韓国経済、【徴用工問題】 韓国外相 「日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」

記事要約:なんか朝から似たような話題ばかりを取り上げている気がするが、なんと、文在寅大統領の人形と評価された韓国の外相が「 日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」 という。うん。好きにすれば良いぞ。

韓国製品にどれだけ関税かけようが、日本人は痛くも痒くもないからな。でも、その代わりに日本も部品に関税をかけて対抗するだけだ。ほら、黙っているわけではないんだろう。

中国のように日本への韓国旅行を禁止する?それは泣いて喜ぶぞ。そもそも縁を切りたがっているのだから、報復措置を取れば取るほど,縁を切りやすくなって、皆、喜ぶんだよな。良し、このまま行けば日韓関係はもう後戻りできないところまで行きそうだな。管理人が思ったより断交も速いんじゃないか。令和時代に生きてて良かったと。韓国と断交できる日が来るなんて・・・。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【徴用工問題】 韓国外相 「日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は25日、国会外交統一委員会の答弁で、 韓国の大法院(最高裁)が日本企業に対し、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じたことに関連して、 「日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」との考えを明らかにした。 

韓国内にある日本企業の資産売却の強制執行が行われれば、 日本の報復措置が懸念されるとした最大野党「自由韓国党」の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員の質問に答えた。 

ただ、康氏は「状況の悪化が予想されるが、そのような状況が発生しないよう綿密に準備し、協議している」と述べた。 

康氏の答弁に対し、「日本と外交戦争をするということなのか。そのような答弁をしてもいいのか」と指摘する 同党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員には「状況の悪化を防止しなければならないという脈絡で申し上げたものだ。 日本の当局にもそのように話している」と述べた。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/25/2019062580146.html

韓国経済、【ストーカー国家】G20での韓日首脳会談「まだ何も決まらず」=韓国外相「難しいと言ったのであり、公式に拒絶したと受け止めてない」

韓国経済、【ストーカー国家】G20での韓日首脳会談「まだ何も決まらず」=韓国外相「難しいと言ったのであり、公式に拒絶したと受け止めてない」

記事要約:日本政府もはっきりいってやれよ。韓国に婉曲に断っても、ストーカー気質なのでまったく伝わってない。だから、正確な言葉で「日韓首脳会談は拒否します」とな。しかし、未だに韓国の外相がこんなストーカーではどうしようもないな。

どう見ても拒絶されたのに「難しいといったのであり、公式に拒絶したと受け止めてない」とかいいだす。いや、難しい=拒絶だろうに。だから、もっとはっきりいわないから。徴用工問題で解決策を出さない限りは、もう、永遠に日韓首脳会談は拒否するてな。門戸は開いてないとな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【ストーカー国家】G20での韓日首脳会談「まだ何も決まらず」=韓国外相「難しいと言ったのであり、公式に拒絶したと受け止めてない」

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は25日、大阪で28~29日に開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて韓日首脳会談が開かれるかどうかについて、「公式に決定したものはまだない」と述べた。国会外交統一委員会の全体会議で答えた。 

康氏は「(日本政府は開催が)難しいと言ったのであり、(韓国政府としては)公式に拒絶したものと受け止めてはいない」と説明した。 

韓国政府は日本に首脳会談開催の意向を伝えてあるとした上で、「会談が開かれ、両国間の多くの懸案が議論されると良いが、G20サミットを主催する日本側の状況もあると思う」と述べた。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190625001900882?section=japan-relationship/index

韓国経済、【立ち話もいらない】「日本、韓国に『G20サミットで首脳会談できない』伝達…立ち話程度は可能」

韓国経済、【立ち話もいらない】「日本、韓国に『G20サミットで首脳会談できない』伝達…立ち話程度は可能」

記事要約:どうやら日本政府は韓国にG20での首脳会談できないと伝達したことがわかった。つまり、これで日韓首脳会談は完全になくなった。ただ、立ち話程度は可能らしい。ということは2分以下だよな?

まあ、管理人は立ち話もいらないとおもうが。それでも、トランプ大統領を超える時間になりそうだな。立ち話だから会って数十秒か。翻訳いれて1分以下を目指せ。

でも、握手はしないほうがいい。其所の写真だけ撮られて韓国メディアに勝利宣言されそうだからな。もっとも、文在寅大統領は本当に日本へ来る気なのか。その精神のタフさは凄いと思うが、これは、旭日旗を振って歓迎したほうがいいだろうな。

ああ。でも、文在寅大統領は各国との首脳会談に忙しいんだったか。なら、立ち話で良いんじゃないか。日本は国際会議のホストとして、一応、韓国も招待したが、それ以上はない。後は好きな誰とでも会談すればいい。する相手がいるならな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【立ち話もいらない】「日本、韓国に『G20サミットで首脳会談できない』伝達…立ち話程度は可能」

日本政府が今月28~29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)時の韓日首脳会談の開催は難しいという意思を韓国政府にすでに伝えていたことが分かった。  

  日本メディアは外交消息筋を引用し、日本政府が韓国側に「日程上の状況」を理由に会談の開催が難しいという考えを伝えたと24日、報じた。  

  あわせては安倍晋三首相が首脳会議開幕前に韓日首脳会議中止を最終決定する方針だと伝えた。  

  日本政府関係者はメディアに対して「(日韓首脳会議)開催の環境が整わなかった」とし「文在寅(ムン・ジェイン)大統領側が方針を変えれば分からないが、今のままなら失敗に終わるだろう」と明らかにした。  

  共同通信は「(安倍首相が)徴用工問題で日本が受け入れ可能な解決案を示していないとして、文在寅大統領への不信感を強めたため」とし「ただサミット開幕時の各国首脳出迎えの際には、文氏とも握手し、あいさつを交わす考え」と報道した。  

  また「出迎えの時とは別に、文氏と立ち話を交わす形で短時間で接触する可能性は残っている」という政府高位官僚の言葉を伝えた。 

https://japanese.joins.com/article/792/254792.html?servcode=A00

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

記事要約:韓国のウォンが対ドルで上昇したのが先週の動きだが、どうやら今週もそうなっているようで2ヶ月ぶりに1ドル=1150ウォン台と、適正レートに戻ってきた。韓国の適正レートは1100~1150までの間。つまり、1150ウォンまで戻れば何の心配もなくなる。

もっとも、これは米中貿易戦争の緩和がG20での米中会談で進展するのではないかという期待からのドル高という見方が強い。だから、G20まではほとんどの投資家は様子見だと思われる。韓国ウォンもそんな感じなのでまだ安心という状況にはほど遠い。結局、米中次第てことになる。

2週間のチャートの動きを確認しておく。管理人は1180ウォン台を維持するかと思っていたら、米中貿易戦争の緩和するかもしれない期待感と米国の利下げの噂まででてきて、韓国経済には良い材料が重なった感じだ。

それだけで一気に30ウォンも下がるのは作為的な気がするが、この時期に韓国銀行が政策金利引き下げに動けるかに注目だ。管理人は利下げするタイミングはもう遅いぐらいだと思っている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

為替相場が急激なウォン高ドル安傾向を継続し、2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台までドル安が進んだ。この5取引日の間に30ウォン下がった。 

  24日のソウル外国為替市場で為替相場は7.50ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1156.50ウォンで取引を終えた。終値基準で1150ウォン台までウォンが上昇したのは4月29日の1158.50ウォン以来。 

  為替相場は先月17日に米中貿易紛争や輸出不振の懸念などが重なり1ドル=1195.70ウォンでドルが年初来高値を記録した。しかしその後は急激なドル高への負担から調整を受け、今月中旬以降には米中首脳会談に対する期待と米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き下げ見通しなどが反映され急速なドル安に転じた。FRBは19日に政策金利と関連した声明書で「忍耐心」という文言を削除した。 

  サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「米国の利下げへの期待とともに輸出企業がこの日売りを浴びせドルの下げ幅が大きくなった」と説明した。

https://japanese.joins.com/article/795/254795.html?servcode=300&sectcode=300  

韓国経済、【安倍首相】日韓会談見送りの方向 文大統領への不信感を強める

韓国経済、【安倍首相】日韓会談見送りの方向 文大統領への不信感を強める

記事要約:徴用工問題について何の対応もしない屑国家である韓国に、G20での日韓首脳会談を見送るのは当然だが、挨拶や悪手すらいらないだろう。韓国メディアに使われるだけだからな。むしろ、G20で韓国のみ悪手しないぐらいのパフォーマンスを見せるべきだ。

G20のホスト国である日本が、完全無視を貫くのは難しいが、それぐらいしないと相手は理解しない民族だからな。徹底的には戦略的放置である。安倍総理は選挙対策でも何でもいいが、もっと韓国に対してははっきりいうべきだ。国際法や約束を守らない国家とは付き合えないとな。

国民は日韓断交を後押しする。この先、韓国に甘い議員は当選させないぐらいにしないと日韓議連みたいな役立たずが登場するからな。次の選挙で日韓議連メンバーがいるかは知らないが、そういうのがいたら要注意だろう。

> 1965年の日韓請求権協定に違反する形で徴用工問題を蒸し返したとして対韓姿勢を硬化させる政府は、日韓双方の企業に相当額を出資させるとした19日発表の韓国側の解決案を拒んでいる。 

最初に門前払いされたような案を発表するのもおかしいわけだが、日韓請求権協定で解決済みだと述べているのに、どうして日本企業が金を払って交渉しないといけないのだ。

むしろ、何で韓国政府は一円も出さないのだ。全部、韓国政府の責任だろう。徴用工問題は文在寅大統領の私怨から始まっているのだ。だから、歴代韓国政権はまともな対応をしてきた。それなのに、私怨で日韓関係を完膚なきまでぶち壊したと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【安倍首相】日韓会談見送りの方向 文大統領への不信感を強める

安倍晋三首相は、28日開幕の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせた日韓首脳会談の開催を見送る方向で調整に入った。徴用工問題で日本が受け入れ可能な解決案を示していないとして、韓国の文在寅大統領への不信感を強めたためだ。複数の政府筋が24日、明らかにした。ただサミット開幕時の各国首脳出迎えの際には、文氏とも握手し、あいさつを交わす考えだ。 

 1965年の日韓請求権協定に違反する形で徴用工問題を蒸し返したとして対韓姿勢を硬化させる政府は、日韓双方の企業に相当額を出資させるとした19日発表の韓国側の解決案を拒んでいる。 

https://this.kiji.is/515812549457298529

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

記事要約:個人的には信じられないのだが、トランプ大統領がG20の後、29~30日、1泊2日の日程で韓国を公式訪問することがわかったと聯合ニュースが伝えている。ただ、韓国メディアのいうことなので、どこまで信用できるかはわからない。

でも、在韓米軍を鼓舞や慰労することは米国大統領としては大事だからな。前は文在寅大統領に邪魔されてゆっくり話すこともできなかったしな。文在寅大統領と首脳会談も行うそうだが、G20後なので確認になりそうだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【聯合ニュース】トランプ大統領 29~30日に1泊2日の日程で韓国を公式訪問

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は24日、トランプ米大統領が29日から1泊2日の日程で韓国を公式訪問し、30日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行うと発表した。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190624002200882?section=politics/index

韓国経済【G20大阪】 安倍首相「日程詰まっている」  韓国政府 「我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」

韓国経済【G20大阪】 安倍首相「日程詰まっている」  韓国政府 「我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」

記事要約:確か管理人は把握している中では現在、韓国の文在寅大統領がG20サミット期間中に会談する予定の国は、中国、ロシア、カナダの3カ国ぐらいだったとおもう。後でトランプ大統領が訪韓するというのもあるので、全部で4カ国だ。

でも、韓国政府によると「 我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」 そうだ。G20って20カ国だよな?日本はホストで15カ国と会談予定で、韓国はわずか4カ国。一体、どこが会談したがっているんだ?もう、開催まで1週間切ったのにその予定も出てこないとか。

ああ、そうか。韓国の外務省によると会談は30分前で準備できるんだよな。それなら大丈夫だろう。もちろん、半数の国とは会談するんだよな?期待しているぞ。何話すか知らないが。

おそらく多くの日本人は安倍総理が韓国の文在寅大統領と会談しなければ大きな文句はないと思うので、韓国が誰と話そうがそこまで注目していないだろう。管理人を除けば。管理人は大いに注目している。なんせ、外交の天才である文在寅大統領だ。実りあるG20会談にするはずだ。

> これと関連して韓国政府関係者は「我々もG20サミット期間中、二国間首脳会談の日程がほぼいっぱいになっている。会談をしたいという国が多い」と語った。ある元外交官は「日本が韓国の神経を逆なでしたのは事実だが、ああいう対応の仕方は残念だ。第3者から見たら幼稚な意地の張り合いだろう」と言った。 

元外交官はどう見ても韓国人とおもうが、日本が韓国の神経を逆なでしたのは事実だがと、また意味不明なことを述べている。一方的に殴りかかってきたのは韓国だ。むしろ、殴っておいて、相手が喧嘩を売ってきたとか言い出しているわけだ。

それで、第三者から見て幼稚な意地の張り合いだ?アホなのか。喧嘩ふっかけてきて、関係が悪くなるのは当たり前だ。意地の張り合いも何も,まだ日本はなにもしてないぞ。これからするんだが。しかし、韓国人は相変わらず,自分たちの行動に非があることを理解しないのか。国際法を守れ。約束を守れと,国際社会で当たり前の常識を日本は言っているだけなんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済【G20大阪】 安倍首相「日程詰まっている」  韓国政府 「我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」

韓日政府が今月28日と29日に大阪で開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を機に推進してきた韓日首脳会談の開催が事実上、失敗に終わったことが23日、分かった。 

日本の安倍晋三首相が22日、読売テレビのインタビューで、「(G20サミット主催国議長であるため、会談)日程が詰まっている」「(時間の制限上)総合的に判断したい」と語った。すでに韓国以外の国との首脳会談日程はすべて決まっており、韓日首脳会談の開催は現実的に難しいという考えを明らかにしたものだ。 

安倍首相が韓日首脳会談の可能性に否定的な展望を公にしたのは初めてだ。東京の外交消息筋は「韓日首脳会談は事実上、なしになったようだ。今残されている現実的な選択肢は、G20サミット会場で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が少しの間会って握手する程度の略式会談ぐらいだろう」と言った。 

これと関連して韓国政府関係者は「我々もG20サミット期間中、二国間首脳会談の日程がほぼいっぱいになっている。会談をしたいという国が多い」と語った。ある元外交官は「日本が韓国の神経を逆なでしたのは事実だが、ああいう対応の仕方は残念だ。第3者から見たら幼稚な意地の張り合いだろう」と言った。 

韓国大統領府は今回のG20サミット期間中に中国・ロシア・カナダ・インドネシアという4カ国との首脳会談日程を行うと先日発表した。大統領府は先週までは韓日首脳会談について「引き続き門戸を開いている」と言っていたが、安倍首相が今回、公に「日程」にまで言及した以上、韓日首脳会談は事実上、失敗に終わったものと解釈される。 

安倍首相は同日、韓国大法院(最高裁判所)の徴用被害者賠償判決についても「国際法上、あり得ない判決だ」「まず韓国側が正しく判断しなければならない。(慰安婦合意でも)日本は誠実に国際法に従った。今回は韓国が確実にそのような対応をする番だ」と述べた。 

日本政府は、大法院判決で差し押さえられた韓国国内の日本企業資産が売却されれば、韓国政府に対し賠償請求を起こすと言われている。読売新聞によると、日本の外務省幹部は21日、「日本企業が不当な不利益を被るなら国が請求に乗り出すしかない」と述べたという。 

請求権問題は1965年の韓日協定によりすべて解決したが、韓国が国際法に違反したため、これに対する賠償を請求するという論理だ。 

同紙は「賠償請求は、日本側が検討している対抗措置とは別のもので、国際法で認められた措置として行う」としている。韓国で日本企業の資産売却が行われて、日本が実際に賠償請求を行えば、韓日間の政治的関係は「事実上の断交」状態となる見通しだ。 

ある外交部(省に相当)当局者は20日、韓日首脳会談が未定である状況について、「30分前でも(合意さえできれば、首脳会談は)できる」と述べた。しかし、外交消息筋は「友達同士の飲み会でもそう簡単には決まらない」「軽率な発言」と語っていた。 

開催が不発に終わる危機に瀕している韓日首脳会談だけでなく、韓国政府の全体的なG20サミット準備状況に対して懸念の声が大きい。今回のG20サミットは「反ファーウェイ(華為技術、Huawei)キャンペーン」などの米中貿易摩擦やイラン問題など、韓国の経済と安全保障を直撃する大きな国際問題が噴出する見通しだ。 

また、中国の習近平国家主席の電撃訪朝もあり、米朝非核化交渉の構図も揺れ動いている状況だ。それにもかかわらず、韓国政府の関心と努力は「ワンポイント南北首脳会談」を成功させる方向にばかり向かっているように見える。 

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が22日、駐韓外交使節団を引率して、江原道高城の「非武装地帯(DMZ)平和の道」を訪れたことについても「後日談」が飛び交っている。ある元外交官は「習近平主席訪朝の意味合いや非核化交渉戦略を綿密に検討し、目の前に迫っているG20サミット対策作成に奔走すべき時に、『外交トップは手持ちぶさたなのかピクニックに行った』と言われかねない」と批判した。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/24/2019062480004.html

韓国経済、【G20では誰とも首脳会談予定なし】「世界各国が文大統領にラブコール」外交状況の変化に韓国政府が困惑 「ほぼ全ての国から訪問要請を受けている」

韓国経済、【G20では誰とも首脳会談予定なし】「世界各国が文大統領にラブコール」外交状況の変化に韓国政府が困惑 「ほぼ全ての国から訪問要請を受けている」

記事要約:韓国政府が凄いこと述べている。なんと、外交の天才である文在寅大統領は大人気で、「世界各国が文大統領にラブコール」「ほぼ全ての国から訪問要請を受けている」そうだ。へえ、そうなのか。ほぼ全ての国からに日本や北朝鮮は確実に入ってないよな。米国も入ってないよな。

> 記事によると、韓国外交部は12日、「世界各国から殺到する大統領訪問要請に困惑している。韓国は世界10位内の経済強国としてほぼ全ての国から訪問要請を受けているが、大統領の任期中に全ての国を訪れることは物理的に不可能であるため、相手国が不快に感じないようフォローすることが重要な業務になっている」と説明した。 

でも、G20では誰とも首脳会談の予定もない。明らかに嘘としかいいようがない。なんで、こんなすぐばれるような嘘を付くんだ。そもそも、文在寅大統領なんて昨年のAPECだったか。あのときも孤高の存在だっただろう。しかし、韓国人はこんな低レベルな嘘を本気で信じているのか。

> ただ、外交部関係者は「実際は国会議長まで加わったスリートップ外交を行っても不十分な状況」と話したという。 

あんな屑議長が外交なんてしたら、余計,恥をかくだけではないか。

> 「これが大韓民国の力。もっと自信を持とう」 
「前大統領は自分が楽しむために海外に行っていたけど、文大統領は違う」 
「やっぱり現政権の外交は最高だ」 

いくら管理人が文在寅大統領のファンでも、事実と妄想の区別ぐらいはつく。明らかに世界各国から韓国の文在寅大統領にラブコールなんてあるわけもない。あればもっと大々的に報じているし、そもそも、文在寅大統領なんて日本や韓国以外なら北朝鮮関連しか出てこないだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【G20では誰とも首脳会談予定なし】「世界各国が文大統領にラブコール」外交状況の変化に韓国政府が困惑 「ほぼ全ての国から訪問要請を受けている」

2019年6月13日、韓国・ソウル新聞によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の北欧3カ国歴訪をめぐり韓国内の一部から「旅行目的の出張だ」との批判が上がっていることについて、韓国外部が「変化した外交状況を知らないがための偏見だ」と指摘した。 

記事によると、韓国外交部は12日、「世界各国から殺到する大統領訪問要請に困惑している。韓国は世界10位内の経済強国としてほぼ全ての国から訪問要請を受けているが、大統領の任期中に全ての国を訪れることは物理的に不可能であるため、相手国が不快に感じないようフォローすることが重要な業務になっている」と説明した。 

また、「朝鮮半島の平和ムード、5Gを中心とした未来産業協力、急速な産業発展経験の共有などを目的に、以前よりはるかに多くの国が韓国の首脳の訪問を望んでいる」とし、「北欧も平和ロードマップと未来産業協力の面で重要なパートナーだ」と話した。 

昨年7月にはルクセンブルクのベッテル首相が18年ぶりに、今年3月にはベルギーのフィリップ国王が27年ぶりに訪韓したという。 

大統領への訪問要請が消化しきれない量に達したため、韓国外交部は今年から戦略として「ツートップ外交」を掲げているという。これは、大統領の訪問が難しい国は国務総理が代わりに訪問するというもの。 

ただ、外交部関係者は「実際は国会議長まで加わったスリートップ外交を行っても不十分な状況」と話したという。 

これを受け、韓国のネットユーザーからは 

「これが大韓民国の力。もっと自信を持とう」 
「前大統領は自分が楽しむために海外に行っていたけど、文大統領は違う」 
「やっぱり現政権の外交は最高だ」 

などと喜ぶ声が多数上がっている。 一方で 

「海外旅行を楽しむためのうそでは?」 
「周辺の4大強国との外交をしっかりしてほしい。今は仲間外れ状態だよ」 
「韓国経済の状況を考えて。外国に行っている場合ではない」 

などと指摘する声も寄せられている。 

2019年6月14日(金) 7時10分 

https://www.recordchina.co.jp/b720488-s0-c10-d0058.html

韓国経済、仲裁委員任命応じず G20で外相会談へ 元徴用工問題

韓国経済、仲裁委員任命応じず G20で外相会談へ 元徴用工問題

記事要約:結局,日本が日韓請求権協定に基づく紛争解決手段である仲裁委員会を設置する要請を韓国は応じなかったようだ。予想通りであるが、それでG20の外相会談をする必要性はあるのか?どう見てもないだろう。

河野外相だから、岩屋氏とは違うと思うが,いつになっても報復措置を取らないのは法治国家として慎重になりすぎているのではないか。韓国に舐められているのだからさっさと、100ある報復措置を1つずつでもやっていけばいいのに。

> 韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、日本政府が要請している日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置が見通せない。韓国政府が18日の期限までに仲裁委員の任命に応じない方針を固めたためだ。韓国外交省関係者が明らかにした。 

応じない方針を固めたのなら、さっさと日本は国際司法裁判所に提訴するべきだとおもうが、それでも、日本側が待つらしい。まったく呆れて物が言えない。

> 韓国が期限内に仲裁委員を任命しない場合、協定では第三国が指名した委員のみによる仲裁委を設置する手続きを定めている。ただ、外務省幹部は「第三国が決めた委員ではなく、日本がすでに任命している委員で仲裁委を開きたい」と述べ、期限が過ぎても韓国に任命を求め続けていく考えを示した。 

第三国か指名した委員のみによる仲裁委員会を設置するか。それでいいんじゃないか。わざわざン日本がすでに任命している委員で開きたいからと待っても、どうせ何もしないだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、仲裁委員任命応じず G20で外相会談へ 元徴用工問題

韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、日本政府が要請している日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置が見通せない。韓国政府が18日の期限までに仲裁委員の任命に応じない方針を固めたためだ。韓国外交省関係者が明らかにした。 

韓国外交省関係者によると、日韓請求権協定では仲裁委員会の設置について外交ルートで解決できなかった場合と規定していることから「外交協議も終わっておらず、設置は不適当」と判断したという。 

日本政府は1月9日、協定に基づく協議を要請。5月20日には、韓国政府が4カ月以上たっても協議に応じないことなどから、日韓と第三国による仲裁委員会の設置を求めた。 

一方、韓国側は協議の要請に対して「検討中」という立場を繰り返してきた。今後も同様の考えを伝えていくとみられる。 

韓国が期限内に仲裁委員を任命しない場合、協定では第三国が指名した委員のみによる仲裁委を設置する手続きを定めている。ただ、外務省幹部は「第三国が決めた委員ではなく、日本がすでに任命している委員で仲裁委を開きたい」と述べ、期限が過ぎても韓国に任命を求め続けていく考えを示した。 

また、複数の日本政府関係者によると、河野太郎外相は5月に訪問先のパリで康京和(カンギョンファ)外相と会談した際、「外相間の協議の継続は重要だ」と呼びかけ、康氏が同意した。6月28~29日に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて外相会談を開く方針も確認したという。 

だが、G20に合わせた首脳会談については、韓国側が仲裁委員会の設置に応じていないことから、いっそう難しくなっている。首脳同士が接触したとしても、短時間か立ち話程度で終わる可能性が高い。 

https://www.asahi.com/articles/DA3S14052158.html