「TPP」タグアーカイブ

韓国経済、さらに危険になったウォン安政策の誘惑=韓国

韓国経済、さらに危険になったウォン安政策の誘惑=韓国

記事要約:外部者の執筆コラムということで結構まともな分析がなされている。前半はほとんどただの経済史であり、中国とアメリカの貿易摩擦についての言及である。しかし、前置きが長い。1ページ以上かけてるのでほぼ斜め読みで良いと思われる。今回の記事で重要なのは7段目の「ところが」からである。

オバマ米大統領が署名したベネット・ハッチ・カーパー(BHC)修正法案の関することだ。これについては管理人も注目していたので過度なウォン安政策がこれに違反する可能性があることを指摘した。韓国は為替操作をしているとアメリカやIMFから直接言及されているので、いつものBHC修正法案が火を吹くとも限らない。だから、ウォン安政策を止めようという結論である。

また、先月に韓国は為替操作国ではなく、観察対象国に分類されたので制裁をすぐに心配する必要はないらしい。これってそういう問題の分類じゃないと想う。明らかにこれ以上やるなら為替操作国に認定してBHC修正法案で制裁しますよという警告のような・・・。とりあえず、今のままでは韓国のTPP加入が夢の出来事というのは管理人もそう思う。それでは結論を抜き出してみる。

>輸出を増やすウォン安政策の誘惑は得より失がはるかに大きい。韓国経済の構造的弱点である過度な輸出依存を抜け出すのにも役に立たない。難しいほどマクロ的で中長期的な見識からバランスの取れた経済政策を使わなければならない。

まず、アメリカのことを置いといて,韓国のウォン安政策による輸出の拡大は,韓国経済が1997年のアジア通貨危機で一度デフォルトしてからずっと続いてきたもの。なので、今年で19年目になる。それで韓国はそのウォン安政策でそれなりに豊かな国になった。もちろん、そこにはIMF、アメリカや日本の支援があったことは言うまでもないのだが、輸出拡大で韓国が生きている事実がある。

貿易で食べている国が韓国だ。それがあるのでウォン安政策を止めようというのは一種の自殺行為である。ただ、過度な輸出依存を是正するなら政策は邪魔にしかならない。しかし、現時点において、韓国の貿易依存から抜け出す方法はない。産業構造なんてものは数年で変わるものではない。何十年もかけてようやく変化が見られるものであり、日本だって輸出で稼いでいたのを金融やサービスで稼ぐようにシフトするにもまだまだ時間がかかっている。

中期的な見解を述べれば韓国の輸出依存を治す薬はない。なぜなら、止めた瞬間、経済が回らないからだ。ただ、ウォン安政策をこのまま続けても未来はないだろう。アメリカはそこまで甘くない。トランプ氏になれば本当にスーパー301条みたいなことを平気でやりそうだからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、さらに危険になったウォン安政策の誘惑=韓国

第2次世界大戦以降に始まったブレトンウッズ体制は安定的な為替相場と国際収支維持を世界 経済の最優先目標にした。国際通貨基金(IMF)と世界銀行はこれを後支えするために設立された機関だ。そうするうちに1970年代半ばにこの体制が崩れ 外国為替市場の需要と供給により為替相場が決定される変動為替相場制が導入された。その後為替相場政策は基本的に各国の裁量権とされた。

だが中国が世界経済に本格的に編入され為替相場政策が本格的に国同士の紛争対象に浮上した。中国は94年から10年以上にわたり1ド ル=8.28元で為替相場を固定した。中国の輸出が急増し対米貿易黒字も急激に増えた。2000年に約2000億ドルだった中国の外貨準備高は2014年 半ばに4兆ドルまで膨れあがった。これに対し米国の貿易収支は悪化が続いた。金融危機前の2005年に米国の商品貿易収支赤字は680億ドルに拡大した。 貿易収支赤字額が国内総生産(GDP)の6%に達するほどだった。

米国議会は為替相場の操作で自国の貿易収支を悪化させる国に報復措置をする法案を作ろうと試みた。ノーベル賞を受賞した国際貿易論の 大家ポール・クルーグマン教授やワシントンの代表的シンクタンクであるピーターソン国際経済研究所のバーグステン所長のような学者まで対中貿易報復措置を公開的に支持に乗り出した。中国はこうした米国の動きに強く反発し、人為的な為替相場調整はないという頑強な立場を堅持している。85年9月のプラザ合意 当時米国の圧力で急激な評価切り上げを敢行し長期沈滞を迎えた日本の事例を強く意識しているとみられる。

米国議会と産業界の強硬な立場にもかかわらず、為替相場操作を根拠に貿易報復を加える法案は実際には立法されなかった。世界貿易機関 (WTO)体制で合法性の問題が引っかかるためだ。現在の米国の為替相場操作国対応は88年に制定された総合貿易法に基盤を置いている。

財務省が為替相場 政策に対する監視を強化し操作の疑いがある国に対しては為替相場操作防止に向けた交渉を開始するようにする内容が含まれている。だが報復措置が抜けており 実効性は大きくなかったのが事実だ。米財務省が毎年2回為替相場政策報告書を発表したが特別な関心を集めることができないのもこのためだ。

ところがオバマ米大統領が2月24日にベネット・ハッチ・カーパー(BHC)修正法案に署名し雰囲気が変わった。BHC修正法案は為 替相場操作国を米国の政府調達契約から排除したり該当国に対する投資支援を禁止できるようにしている。IMFを通じた監視と公式協議の要請も可能にした。 WTO規範に反する直接規制は抜けているが、これまでよりはるかに強力な貿易制裁が可能になった。BHC修正法案が「為替相場301条」とまで呼ばれる理 由だ。

この法律は特に米通商代表部が貿易交渉をする際に相手方が為替相場操作国に指定されている かを考慮するよう指示している。現在進行中の米中投資協定と、韓国・日本・台湾が含まれたサービス貿易交渉、韓国の環太平洋経済連携協定(TPP)加入交 渉に為替相場問題が影響を及ぼしかねない。

昨年TPPが妥結した後に出された財務当局間の共同宣言文にも各国が為替相場政策と関連した多様な統計資料と情 報を公開するようにする内容が盛り込まれた。為替相場政策が不透明に見えれば現実的な不利益を受ける時代になった。

米財務省は先月出した2016年為替相場報告書で韓国を為替相場操作国ではない観察対象国に分類した。制裁をただちに心配する必要は なくなったが、ただ安心できる状況でもない。TPP加入と対米投資誘致で韓国の為替相場政策が障害要因になる火種は残っている。

特に対米貿易黒字規模が大 きいドイツ、日本、台湾だけでなく、BHC修正法案の核心ターゲットである中国まで一括的に為替相場観察対象国に指定された点を注目しなければならない。 米国が為替相場観察対象国リストに上げたというのは近く直面する全面戦争に先立ち宣戦布告をしたのも同様だ。

現在韓国政府は輸出拡大に総力を挙げている。2010年代に入り停滞した輸出が昨年から急激に減少し景気を引き下げているためだ。こ のために産業構造調整を推進し新産業育成、市場多角化のような努力に傾注している。長期的にグローバル競争力を回復し自然に輸出を増やそうという合理的な 方策だ。

ところで産業界と政府の一部で為替相場を輸出拡大の道具として使おうという主張が提起され心配だ。長期的な体質改善には役に立たず副作用ばかり生 みかねないためだ。そうでなくてもうれしくはない不況型黒字が続いている。韓国の為替相場政策に対する信頼が低くなり米国との通商摩擦が起きる余地が大き い状況だ。

輸出を増やすウォン安政策の誘惑は得より失がはるかに大きい。韓国経済の構造的弱点である過度な輸出依存を抜け出すのにも役に立たない。難しい ほどマクロ的で中長期的な見識からバランスの取れた経済政策を使わなければならない。

安徳根(アン・ドックン)ソウル大学国際大学院教授

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

(http://japanese.joins.com/article/996/215996.html?servcode=100&sectcode=120

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓米FTA約束も守らないという批判を受けて

韓国経済、韓米FTA約束も守らないという批判を受けて

記事要約:TPPの加入云々前に、なんと韓国は米韓FTAの約束すら守ってないようだ。それをアメリカから批判されて、言い訳は意見が食い違っているだけで約束履行しているという。でも、それはおかしい。相手が履行してないといっているのだから履行するようにしなければいけない。

それにしても、なんで、韓国基準で約束履行を決めているのだ?条約の意味を理解しているのか?日韓基本条約を破るような韓国人に何を言っても無駄だが、このままだとTPP参加は永遠にできなさそうだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓米FTA約束も守らないという批判を受けて

米国議会が韓国に対して韓米自由貿易協定(FTA)の完全な履行を求めたという。

オリン・ハッチ米上院財務委員長はこの問題を環太平洋経済連携協定(TPP)と関連付けた。

ハッチ氏は「議会が昨年通過させた貿易交渉促進権限法(TPA)には、米国と結んだ既存の貿易および投資協定の遵守がTPP加入の核心基準だと明示されている」と述べた。

韓米FTAの完全履行が韓国のTPP加入条件になってしまった局面だ。米国がFTA履行を求めた背景には、これまでの韓国側の約束履行に対する不信があるようだ。

ハッチ氏は安豪栄(アン・ホヨン)駐米大使宛てに送った書簡で具体的な項目まで指摘した。

▲保険薬価決定過程における透明性の向上
▲公正取引委員会による調査の透明性の向上
▲法律サービス市場の開放
▲政府機関の不正コピーソフトウェアの使用禁止
▲金融情報の海外伝送規定--などだ。

米国側が指摘した項目の中にはすでに解決済みのものもあるが、大部分は両国間で意見が食い違っている分野だ。韓国は約束を履行していると主張するが、米国は依然と未解決の問題と認識しているのだ。

このような認識の差は我々が自らまねいた側面も否定できない。

薬価問題だけをみても、米国は韓国の健康保険公団が革新新薬を正当に評価していないと言っているが、これは国内製薬会社も同意している部分だ。法律市場の開放も同様だ。韓米FTAに規定されている3段階の法律市場開放に向けた履行法案が国会を通過したが、外国ローファームの持分を49%以下に制限して米国からの抗議をまねいたことがある。

過去、韓米FTA協議過程で米国産牛肉輸入の再開に合意しておきながら、輸入牛肉を箱ごとに全数調査するだけでは飽き足らず、小さな骨片が発見されたという理由で輸入物量の全てを返送した韓国だ。

これを覚えている米国の目には、先立って指摘したイシューが約束不履行として映っているのだ。

FTAを締結したのならその趣旨に沿うようしっかりと履行するのが正しいやり方だ。しかも国内でたびたび市場を閉じようとすれば、かえって該当分野の競争力だけを弱化させることになりかねない。

約束履行は通商外交の最も基本的な信頼問題だ。

2016年03月30日10時51分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]

(http://japanese.joins.com/article/887/213887.html?servcode=100&sectcode=110)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国抜き”のTPP署名に韓国が戦々恐々、輸出もGDPもマイナスに=韓国ネット「日本は沈むと言ってた人はどこに?」

韓国経済、韓国抜き”のTPP署名に韓国が戦々恐々、輸出もGDPもマイナスに=韓国ネット「日本は沈むと言ってた人はどこに?」

記事要約:韓国が日本のTPP署名に恐怖しているというニュースであるが、TPPもFTAもやっていることにそれほど大きな違いは無い。これはメルマガで解説したこともあるが、1番の大きな違いはFTAは1国や2国といったものであり、TPPはもっと多くの国と結ぶ経済協定といったところ。

TPPのデメリットは日本が参加したTPPでも12カ国あるので、まずそのルール作りが難しいということ。12カ国いれば、自国の利益を主張し、色々と議論が紛糾する。そのため時間がかかる。FTAの場合は自国と相手国ということであり、比較的に融通がきき、短時間でまとまりやすい。これがFTAのメリットである。

そして、韓国の場合は、アメリカ、EU、中国といった大きな経済圏とFTAを結んだことで他国より、先に先行有利を確保した。こういう経済協定は先にやるほうが圧倒的に有利だからだ。だから、韓国の前明博政権の経済対策はそれほど間違っているわけではない。それは三橋氏も述べていた。

管理人も韓国のFTAを重視した対策はそれほど愚策とも思ってない。実際、FTA効果は色々あったわけだ。問題はそこからの韓国の2つの失策である。

何故、韓国はアメリカが推奨してきたTPPに興味を示さずにここまで来たのか。もっと時間がかかると思ったTPPが意外と速くまとまったこと。

前者の場合は中国への配慮だろう。そして、後者は韓国にとって寝耳に水というところだ。だから、今、慌ててるわけだ。なぜなら、TPPをFTAに直すと、日本は12カ国のFTAを一気に結んだようなものだからな。だから、TPPをメガFTAとも呼んでいる。

最も、経済協定なので日本の輸出が増えても、それ以外にも外国からの輸入も増える。その良し悪しには賛否両論があるわけだが、管理人は中国包囲網、つまり、ブロック経済政策の一環として見ているので、この先、TPPにおける諸問題とこの大きな中国包囲網という枠組みを天秤にかけていく必要がある。

当時より、中国を巡る情勢は悪化している。日本の国防を考える上では、TPPの問題点を色々知りながらもそれを受け入れざる得ないのが今の管理人の心境である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国抜き”のTPP署名に韓国が戦々恐々、輸出もGDPもマイナスに=韓国ネット「日本は沈むと言ってた人はどこに?」

2016年2月4日、環太平洋連携協定(TPP)の参加12カ国が協定に署名したことを受け、韓国では協定発効による韓国経済への悪影響を懸念する声が高まっている。
韓国・中央日報などが伝えた。

韓国貿易協会・国際貿易研究院によると、30年までに現在の課税品目の99%で関税が撤廃されることで、TPP参加各国の国内総生産(GDP)は0.5〜8.1%、輸出は4.7〜30.1%それぞれ増加すると予想される。このうち日本だけでみると、GDPは2.5%、輸出は23%のいずれもプラス効果だ。

しかしTPP不参加の韓国にとっては、TPP発効により米韓自由貿易協定(FTA)で得られていた恩恵が減る上、韓国産製品が関税の撤廃された参加国の製品に取って代わられるなど、 あらゆる面でマイナスが予想される。

同研究院は、30年までに韓国の輸出は1%、GDPは0.3%、それぞれ減少すると試算した。 これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「経済とは関係ないと言われるかもしれないけど、次世代に配慮せず、目先のことしか考えない韓国人には、経済発展は無理だ」
「自分の欲を満たしたいだけの政治家には本当にがっかり。もっと国益を優先して」
「韓国の政治家の目に、国は見えていない」

「政界に、先を見通す眼力のある人がいないことが一番の問題だと思う」
「中国側に立とうと思ってTPPに参加しなかったのに、結局は損ばかり。やっぱり中国人を信じてはいけないということだ」
「中国が成長し、日本は沈むと言ってた人たちはどこに?」

「政府が大企業を過剰に保護するから競争力がなくなってしまった。この先、もっと悪くなるはず」
「日本が成長するのは、TPPの効果より円安のおかげでは?」
「14年後を予測するなんて、よくある広告みたいなもの。ただの仮説にすぎない」
「こうなるとやっぱり、外交も落第だね」(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a128334.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、TPP発効の恩恵、ベトナムが最高…世界銀行「韓国に若干の打撃」

韓国経済、TPP発効の恩恵、ベトナムが最高…世界銀行「韓国に若干の打撃」

記事の要約:世界銀行によるとTPP発行の恩恵はベトナムが最高らしく、韓国には若干の打撃があるそうだ。まあ、若干だからいいんじゃないか?米韓FTAで有利だった取り決めがTPPで効果を失うだけだろうし。若干の範囲なんて管理人にはわからないしな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、TPP発効の恩恵、ベトナムが最高…世界銀行「韓国に若干の打撃」

昨年10月に妥結した環太平洋経済連携協定(TPP)の最も大きな受恵者はベトナム・マレーシア・日本などになると世界銀行が分析した。

6日(現地時間)、世界銀行はTPP協定文の細部の質問項目を分析し、TPPが発効すればベトナムが2030年までに参加国の中で最 も高い10%の経済成長率の向上効果を得られると展望した。衣料産業などで米国など主要参加国の市場にさらに容易にアプローチできるためだ。マレーシアの追加の経済成長効果も2030年まで8%に達すると見通した。

日本も同じ期間で経済成長率がさらに2.7%高まるだろうという展望だ。TPPに加入しなかった韓国は、米国との自由貿易協定(FTA)で韓国企業が米国から享受していた利点を失う可能性があり、若干の打撃が予想されると世界銀行は分析した。

(http://japanese.joins.com/article/569/210569.html?servcode=300&sectcode=300)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「韓国、TPP参加しなければ部品素材輸出15兆ウォン損失」

韓国経済、「韓国、TPP参加しなければ部品素材輸出15兆ウォン損失」

記事要約:韓国がTPPに参加しない場合、部品素材輸出15兆ウォン損失があるそうだ。15兆ウォンは日本円で、約1兆6000億円、問題は韓国から欲しい部品なんて存在するのかと、そもそも、分析が適当過ぎるのではないか。

>報告書によると、TPP発効後に関税が完全撤廃されれば、世界供給ネットワークで依存度が高い韓国の部品素材産業の米国向け輸出は10年間で113億ドル減少するものと予想される。日本への輸出は19億6000万ドルの減少が予想されいて、計132億6000万ドルの輸出損失が発生する見通しだ。

1年で1600億円というのは依存度が高いといえる部品素材産業なんだろうか。まあ、その辺りは記事の誇張ということにしておくか。ただ、今さらTPPの損益を分析するのは遅い。もはや、韓国がTPPに早期参入は出来ないのだから。また、韓国がTPPに参加出来たとしても、既に韓国有利な話にはなってない。すでに中国側なんだから気にするなと。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「韓国、TPP参加しなければ部品素材輸出15兆ウォン損失」

米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)に韓国が参加しない場合、TPP発効後10年間で部品素材産業の領域内輸出損失額が約15兆5000億ウォン(132億6000万ドル、約1兆6000億円)に達するという分析結果が出た。

韓国経済研究院は24日、報告書「TPPの締結に伴う韓国部品素材産業の貿易効果分析」を通じてこのように明らかにした。

報告書によると、TPP発効後に関税が完全撤廃されれば、世界供給ネットワークで依存度が高い韓国の部品素材産業の米国向け輸出は10年間で113億ドル減少するものと予想される。日本への輸出は19億6000万ドルの減少が予想されいて、計132億6000万ドルの輸出損失が発生する見通しだ。

このような輸出損失額の規模は、韓国部品素材産業におけるTPP領域内の輸出額のうち17.9%に該当する。

発効後10年間、韓国の米国向け輸出損失額を産業別でみると、▼輸送機械(43億7000万ドル)▼鉄鋼(19億1000万ドル)▼化学(17億1000万ドル)▼電子(14億5000万ドル)--の順で多かった。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

(http://japanese.joins.com/article/041/210041.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、安倍首相、韓国のTPP参加を「歓迎」、ただしルールに従うことが前提 韓国ネット「歓迎してくれるとは幸い」

韓国経済、安倍首相、韓国のTPP参加を「歓迎」、ただしルールに従うことが前提 韓国ネット「歓迎してくれるとは幸い」

記事要約:日本が1万歩譲って韓国のTPP参加を歓迎しても、ベトナムがまず拒否するので韓国の参加は無理。管理人はそう考えているのだが、そもそも、TPP入ると韓国は間違いなく死ぬぞ。日本にも不利な条件が結構あるが、それは話し合いなので仕方がないところがある。取りあえず、せっかく公開されたのだから良く見直したらどうだ?不当に為替介入して通貨下げるの禁止にするとか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、安倍首相、韓国のTPP参加を「歓迎」、ただしルールに従うことが前提 韓国ネット「歓迎してくれるとは幸い」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

必読!TPP参加国、輸出拡大狙った通貨の下方誘導回避で合意・・・韓国は強制的にシャットアウト!?

必読!TPP参加国、輸出拡大狙った通貨の下方誘導回避で合意・・・韓国は強制的にシャットアウト!?

記事要約:TPPに韓国が早期加入を目指していることは紹介したが、TPPに韓国が入ることは現時点では到底不可能だ。なぜなら、ロイターに「輸出拡大狙った通貨の下方誘導回避で合意」とある。つまり、為替介入してウォン安誘導する韓国が入る隙間が一つもないということになる。なるほど。ブロック経済は先にこのように先手を打てるのか。

ブロック経済政策の利点というものだな。今後のTPP議論で韓国が蚊帳の外にしか置かれないことがこれで判明した。確かに安倍総理もオバマ大統領もこれなら歓迎するだろうな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 必読!TPP参加国、輸出拡大狙った通貨の下方誘導回避で合意・・・韓国は強制的にシャットアウト!?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、朴大統領 「韓国がTPPに加入すれば、韓米企業により多くの利益もたらす」

韓国経済、朴大統領 「韓国がTPPに加入すれば、韓米企業により多くの利益もたらす」

記事要約:訪米の成果を上げたい朴槿恵大統領だが、言っていることがあまりにも一方的すぎて追いかけている管理人は辟易している。朴槿恵大統領、TPPはアメリカ議会の承認も得なくてはいけないとアメリカの大使に早期加入は断られただろ?

それなのに韓米企業に多くの利益をもたらすとか、あほなのか。既に韓米FTAをしているじゃないか。アメリカはFTAだけで十分だと思うぞ。そもそも、韓国はTPP加入して利益が出るとかも愚か者の発言である。

まだ条件も知らないのにここまでお花畑なのは目に見える成果が欲しいからだろ。しかし、無残にもその成果は一つもない。しかし、本当に経済ど素人だな。無能とかお話ではない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、朴大統領 「韓国がTPPに加入すれば、韓米企業により多くの利益もたらす」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国経済副首相「TPP加入、韓国にとって中長期的に有利」

韓国経済、韓国経済副首相「TPP加入、韓国にとって中長期的に有利」

記事要約:意味がわからない。韓国はなぜいきなりTPP加入に積極的なのか。そんな入りたければ数年前に日本が参加しようとしていたときに何で加入しようとしなかったのか。さっぱりわからないんだが。

だいたい、韓国にはFTAがあるだろう。あれを推進すればいいじゃないか。中韓FTAをやればTPP加入しなくても大丈夫だろう。たぶんな。そもそも、経済協定が有利になるかなんて条件次第であり、副首相が勝手に中長期的に有利だとか、述べるのがおかしい。

TPPは条件が既に決まっているのだから、韓国が入って有利になるように出来てるいるわけもない。

管理人はこのTPP加入催促はなんか裏があるのではないかと思う。今頃、言い出すのもおかしな話であるし、そもそも、TPPより、FTAのような二国間での条件交渉の方が有利なことも多い。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国経済副首相「TPP加入、韓国にとって中長期的に有利」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国ネット「韓中の仲が良いから嫉妬してる」 ―韓国のTPP参加議論は時期尚早 米大使が米韓首脳会談での参加協議を否定

韓国経済、韓国ネット「韓中の仲が良いから嫉妬してる」 ―韓国のTPP参加議論は時期尚早 米大使が米韓首脳会談での参加協議を否定

記事要約:アメリカが嫉妬で韓国のTPP参加議論をしないとか述べる韓国人。TPP参加議論をしないのは韓国が敵国に寝返ったことがもっともな原因である。そりゃ、韓国の大統領が中国の軍事パレードに参加し、そのパレードはアメリカを威嚇する目的でしたのなら、そうなるのは当たり前である。

もっとも、今さらTPPに参加したところで、加入国の条件を全て飲まないといけないわけだが。TPPに色々な問題点があるにせよ、中国包囲網であるということには変わらない。韓国にはFTAがあるじゃないか。そのFTAでサムスンや現代などの財閥は大きく成長しただろ。

自分達が未だにアメリカと中国とも仲が良いと錯覚している韓国人。まあ、犬好きのリッパート大使に犬肉を贈る韓国人が気づくことはないか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国ネット「韓中の仲が良いから嫉妬してる」 ―韓国のTPP参加議論は時期尚早 米大使が米韓首脳会談での参加協議を否定

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry