韓国経済、〔韓国造船危機〕韓国SPP造船、来年2月に閉鎖へ

韓国経済、〔韓国造船危機〕韓国SPP造船、来年2月に閉鎖へ

記事要約:韓国の中小規模の造船会社の一つ「SPP造船」が来年の2月に閉鎖されるようだ。従業員は250人ぐらいなので規模的にはたいしたことがないのだが、協力会社の1000人に仕事がなくなるとい。

そりゃ、大手の大宇造船海洋が破産しかけなのだから、中小が生き残れるわけないよな。8月の資産売却広告に応札者がいないとか、もう企業としては終わっているな。まあ、このような会社はただの一例に過ぎない。すでに中国に大半、食われてしまっているので韓国の造船業が復活する見込みもない。

そもそも、大宇造船海洋の構造調整も失敗に終わりそうな気もしないでもない。世界の景気も依然として回復は不透明。この先、韓国の造船規模は全盛期の半分以下に縮小されるだろうな。来年はシェアを落として日本にすら抜かれてしまうんじゃないか。もっとも、大宇造船海洋を潰さなかった甘い判断が来年の造船危機や金融危機を加速させるわけだが。

後、韓進海運の資産を受け継いで後釜になる「現代商船」も資金繰りの悪化が懸念されている。韓進海運が清算されるかは依然として裁判所の判断は不明だが、清算されても現代商船が上手くいくとは限らない。むしろ、現代商船がつぶれたら次の手立てが何もないのだが。受注できないのは韓国全体の問題が大きいからではないのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、〔韓国造船危機〕韓国SPP造船、来年2月に閉鎖へ

慶尚南道泗川(サチョン)のSPP造船が来年2月に閉鎖する見込みだ。他の中堅・中小造船会社も受注が少なく危機を迎えている。

SPP造船の債権団の関係者は「SPP造船は来年1月と2月にそれぞれタンカー2隻を引き渡した後、事実上、会社を閉鎖することにした」と述べた。この関係者は「造船会社は普通2年分の受注量を確保していなければならないが、SPP造船は今年1隻も受注できず、来年2月以降は仕事がない」と伝えた。

SPP造船は約250人の職員のうち10余人の管理担当者だけを残す予定だ。債権団の関係者は「SPP造船は回復価値が低いため法定管理(日本の会社更生法に相当)に送るのも難しく、8月の資産売却公告に応札者がなく清算も難しい状況」と説明した。10余人の管理担当者はSPP造船の資産の売却、訴訟への対応、税金納付などの業務を引き受けるという。協力会社の約1000人の職員も仕事がなくなり、大量失業事態が懸念されている

慶尚南道統営(トンヨン)の城東造船海洋も来年7-9月期までしか仕事がない。今年の受注実績もタンカー4隻にすぎず、8月には約300人の人員削減に踏み切った。輸出入銀行の関係者は「サムスン重工業との経営協力の成果が年末ごろ出てくるだろう」とし「来年が最悪という仮定の中でも持ちこたえる財務的要件を備えた」と述べた。

釜山の大鮮造船は主力船種を中国との競争が少ない化学運搬船など特殊船や沿岸旅客船に特化し、危機を突破していくことにした。全羅南道海南(ヘナム)の大韓造船は今年、約100人の人員削減をした。両社の今年の受注実績はそれぞれ9隻、4隻だ。

(http://japanese.joins.com/article/010/223010.html?servcode=300&sectcode=320)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

フィリピンの風 (@guest_3700)
2016年11月29日 10:30 PM

さすが、世界一の造船技術を持つ韓国。

日本・中国に比べ短期間で船を造る世界最高の造船技術があり、迅速にオーダーを消化し過ぎるため仕事が無くなってしまうそうである。

だから、日本や中国じゃ考えられないくらい安値で受注しても益が出ていたんだ。

良かったじゃないか韓国。