韓国経済、韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き

韓国経済、韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き

記事要約:管理人は来年で韓国経済のサイトを運営して9年目となるわけだが、日本にとって韓国がどれだけ必要ないかをよく知っている。必要がないのにサイトを運営しているのは矛盾しているんじゃないかと突っ込みたいかもしれないが、実際、9年も運営していると毎日、サイトを更新するのが日課であり、趣味の領域だからなあ。むしろ、更新できないと落ち着かないという。でも、管理人のサイトのネタとしては韓国は「必要」だ。

それ以外の視点からすれば、韓国との「国交断絶」という大きな目的がある。これだけ互いが嫌いな民族と何で日本政府は付き合うのか。正直、理解出来ないところだ。でも、国の事情やアメリカの同盟国という理由もあるので韓国を捨て去ることは出来ないのだろう。しかし、それは国の事情であって、国民の事情ではない。管理人は韓国経済のネタやエンタメを集めながら自分の主張と目的を達成するように記事を更新していくだけである。

8年前と比べればかなり日本人の韓国嫌いは増えたとは思う。やっていることのどれ一つも理解できないからな。そこで、今回の記事についてだ。

>日本の稲垣朋美・防衛大臣が一昨日、第2次世界大戦のA級戦犯などを祀った靖国神社を参拝した。現職の防衛相が軍国主義のシンボルである靖国神社を参拝するのは今回が初めてだ。

管理人は8月15日に行くべきだと述べたのに、結局、12月30日となった。それでも行かないよりはましだ。軍国主義のシンボルとか吹聴するのが韓国メディアである。靖国神社はそういうところではない。日本のために戦った英霊を祀っている場所である。東京裁判なんてただ戦勝国の価値観でしかないからな。

>韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。

日本の衛星からの軍事情報が得られるとか甘い考えだからダメなんじゃないか。これは知り得た情報を他国に流すのを禁止する協定である。積極的に情報を開示して提供する協定ではない。だいたいわかっているんだろうか。日本は立場上は韓国との協力になっているが、それはただの任務であって、本音とは違う。敵は近くに置いておいた方が行動を読みやすいということだろう。

>このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

この発言の前に靖国神社の参拝が大きく影響してるかのように書いているが、実際、稲田大臣の参拝と慰安婦像の設置は全く無関係である。そもそも、靖国神社の参拝を閣僚が禁止なんていう合意などどこにも存在しない。そして、日本では思想の自由が認められている。

しかし、日韓慰安婦合意には大使館前の慰安婦の撤去努力が求められている。その中で領事館前に慰安婦像を設置を許可したということは日韓慰安婦合意を破棄すると見られてもなんらおかしくないわけだ。むしろ、破棄する気まんまんだろう。だが、それを日本が応じる理由はどこにもないからな。最終的、不可逆的に解決した問題を再びこじらせたのは韓国である。

>これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。

これも違うだろう。そもそも朴槿恵大統領の弾劾案が可決したことで、世界中の国は韓国の政治機能、外交機能は停止した状態だと見ている。だからこそ、韓国の外交当局なんてどうでもいいのだ。どうせ次の政権では変わってるだろうからな。中国は軽視したんじゃない。そもそも、国としてろくに機能しているなんて考えていないだけだ。それは日本も同じである。

だいたい、国がまともに機能しているなら「日韓慰安婦合意」に違反することを韓国ができるわけないだろ?なぜか。靖国神社に参拝に過剰な批判を韓国政府はしているが、一体誰がしたのか。国が正常に機能していない韓国が日本に何が出来るというのだ?国民が衆愚政治に陥ってどうしようもなくなった状態であることは今更いうまでもないが、そんなことは他国は一切無視だぞ。

韓国を軽視とかアホな発言してないで、韓国なんて日本と中国にとっては取るに足らない国だということを理解したほうがいいんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き

日本の稲垣朋美・防衛大臣が一昨日、第2次世界大戦のA級戦犯などを祀った靖国神社を参拝した。現職の防衛相が軍国主義のシンボルである靖国神社を参拝するのは今回が初めてだ。とりわけ安倍首相と共に謝罪の意味で真珠湾を訪問した直後でもあるだけに、今回の参拝による衝撃は大きい。

韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。しかしこの協定は日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国になったという仮定の上に成り立つものだ。そのような前提を日本側も知らないはずはない。ところが今回、防衛相が靖国神社参拝を強行した。このように最近、日本では韓国を軽視、あるいは無視する態度がたびたび見られるようになった。韓国が感情的な対応から抜け出せないからだろうか。

このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。大統領選を前に韓国国内でTHAAD配備反対の世論を高めるのがねらいだろうか。一国の外交官が他国に一方的にやって来て、その国の外交当局と接触もせず勝手に行動するとなれば、これはその国と外交関係があると言えるだろうか。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/31/2016123100378.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

 (@guest_4063)
2016年12月31日 5:02 PM

韓国を軽視というよりも、韓国には国というものがない。
普通の国は、国民の代表である政府が決めたことは、国民は従い国を維持する。気に入らないといって政府が決めたことを無視はしないが韓国では簡単に無視をする。
つまり、韓国政府と交渉しても無駄である。スワップ協定はもちろんのこと機密に関する協定など結ぶべきではありません。
韓国とは、何もせず眺めていれば良いということです。

ss65 (@guest_4065)
2016年12月31日 8:59 PM

今年一年もう終わり、いやいや 俺大変だった、もぐ太が死んで寂しくなって8月ごろ ここに首っこんで、いいかのか悪いのか・・・?  ここ字が大きくて見やすかったんだよな、そして「書きたい事を書く」・・・
それでこの記事、
「現職の防衛相が軍国主義のシンボルである靖国神社を参拝するのは今回が初めてだ。」
これって 女性なんだよな、
日本人、なにか 感じないのか。。。

野村健治 (@guest_4081)
2017年1月1日 5:31 PM

他人の悪口を言う人は、自分の人生に満足していないからです。満足している人は、悪口を言ってうっぷんを晴らす必要がありません。他人に親切にすることによって、感謝されることが喜びなのです。韓国は精神的に、物質的に不満だから、他人の悪口を言って、自分を少しでも良い人間と思われたい悲しい人生なのです。