韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

記事要約:なんと韓国が予算を70倍に引き上げて2020年までに月面着陸を成功させるという。例の韓国の月探査計画だが、かなり無理な話だと思われる。まず、予算を70倍にするほど韓国経済に余裕はない。韓国の宇宙技術は北朝鮮以下であり、1960年代のソビエト以下である。自国産のロケットを打ち上げて宇宙に行くことさえ7年では極めて難しい。要するに韓国の狙いはミサイル開発である。月探査とかいいながら、実は弾道ミサイルを研究しようという発想だろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

中国紙・中国科学報は18日、韓国が2020年までに月探査機を打ち上げ、月面着陸を成功させる計画を発表したと報じた。

韓国未来創造科学部によると、韓国宇宙空間研究院(KARI)傘下の研究機関15カ所が2014年から基礎技術の開発を始める。朴槿惠大統領は2月の就任以来、月探査計画を国の主要目標に定め、打ち上げ予定時期を従来の2025年から2020年に前倒しした。

2010年からKARIは100億ウォン(約9億4000万円)を投じて研究を始めているが、2020年までの打ち上げにはおよそ7000億ウォン(約660億円)が必要だと試算されている。

KARI傘下の研究チームによると、NASAの資金難や米政府機関閉鎖の影響により、NASAと韓国側との協力強化に弾みがついた。NASA側から韓国側との全面協力の意向が伝えられたという。

韓国は今年1月の3回目の挑戦で、「羅老(ナロ)」号の打ち上げに成功した。一方、北朝鮮はこれに先立ち、長距離弾道ミサイル「銀河3号」と地球観測衛星「光明星3号」を打ち上げている。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131118-00000032-xinhua-cn)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る