韓国経済、リニューアルオープンして数日なのに…韓国のショッピングモールの天井が突然崩れ落ちる=ネットから非難の声

韓国経済、リニューアルオープンして数日なのに…韓国のショッピングモールの天井が突然崩れ落ちる=ネットから非難の声

記事要約:管理人は何度も述べているが、韓国人は作る乗り物と建物は絶対に信用していはいけない。韓国ではこのような建物に関する事故「韓国のショッピングモールの天井が突然崩れ落ちる」などは日常茶飯事である。手抜き工事なのか。中抜きなのか、単に技術不足なのかは知らないが。

>同日午後6時ごろ、京畿道(キョンギド)安養(アニャン)市内のアウトレットモール4階の約43平方メートル規模の衣類売場で、装飾用として天井につり下げてあったサーフボード(長さ2メートル、幅50センチ)2枚が落下し、天井の一部が崩れた。当時、売り場には3~4人の客がいたが、店側が事故直前に異常に気付いて非難させたため、幸いにもけが人は出なかったという。

これどういう状況なんだろう。とっさに天井が崩れるなら客の避難なんてできない。予め、何か、天井にヒビが入っていたり、上からコンクリートの欠片?でも落ちてきて、異変に気づいて避難したということだろうか。そもそも、管理人はなんでサーフボード吊したら天井の一部が崩れるのかが理解できない。わからないなら事件映像を見よう。

管理人は天井の構造とか詳しくないのだが、見た感じはサーフボードは天井に吊してあっただけみたいな感じだな。釣り天井にサーフボードを吊したら当然、重くなるので落ちてきたということか。でも、それなら一部だよな?こんな広範囲に天井が崩れるだろうか。最初、見たときはテレビ局か舞台の上の撮影場かとおもった。これがアウトレットモールといわれてもピンとこないものな。

>警察関係者は「装飾用サーフボードが落ちたことで、重さに耐え切れずに天井が崩れ落ちたものとみられる」と話している。

でも、これおかしくないか。何か順番が逆な気がするんだよな。仮に天井に吊り下げたサーフボードが原因で天井が崩れるなら、サーフボードが落ちたら、天井の重さ、つまり、荷重が減少するのだから、天井は軽くなるはずなんだよな。もしかしたら、天井が崩れてサーフボードが落ちてきたんじゃないか。まあ、そこは詳しい読者様に聞いてみるか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、リニューアルオープンして数日なのに…韓国のショッピングモールの天井が突然崩れ落ちる=ネットから非難の声

2017年9月24日、韓国のショッピングモールで天井の一部が崩れる事故が発生した。韓国・聯合ニュースが伝えた。

同日午後6時ごろ、京畿道(キョンギド)安養(アニャン)市内のアウトレットモール4階の約43平方メートル規模の衣類売場で、装飾用として天井につり下げてあったサーフボード(長さ2メートル、幅50センチ)2枚が落下し、天井の一部が崩れた。当時、売り場には3~4人の客がいたが、店側が事故直前に異常に気付いて非難させたため、幸いにもけが人は出なかったという。

警察関係者は「装飾用サーフボードが落ちたことで、重さに耐え切れずに天井が崩れ落ちたものとみられる」と話している。

この報道に、ネットユーザーからは「店員が素早く対処したから負傷者が出なくてよかった」「崩れる前に気付いて避難したからよかった。安全第一」と安堵する声が上がったが、事故現場のアウトレットモールに対し「リニューアルオープンして数日しかたっていない。オープン日に合わせようと手抜き工事したのだろう」「7階はフェンスがしてあって、飲食店工事の音がうるさい。工事が全部終わってからオープンしたら?」「秋夕(チュソク:旧暦のお盆)の連休を見込んで工事を終わらせる予定だったのかもね」など非難の声が飛び交っている。

韓国では、かつてオープンから5年半たった1995年に三豊(サンプン)百貨店が建物の一部を残して崩壊、死者や負傷者を多く出した大惨事が発生しており、「三豊百貨店を思い出す(泣)。安全検査を徹底して」「三豊百貨店が崩壊した痛みは今でも国民の脳裏に焼き付いている」「三豊百貨店の悪夢が進行形?建設会社の管理監督を強化し、手抜き工事した会社を厳罰に処してくれ!」と訴えるユーザーも多くみられた

(http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170925/Recordchina_20170925029.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
6 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ヤン (@guest_7780)
2017年9月26日 2:24 PM

何度読んでもサーフボートと天井落下の因果関係がつかめないです。

捕手(日本人) (@guest_7781)
2017年9月26日 3:53 PM

>装飾用として天井につり下げてあったサーフボード(長さ2メートル、幅50センチ)2枚が落下し、天井の一部が崩れた。

 たかがサーフボード2枚分の重さを支える事が出来なかったということか?
さすがに安全マージンをもう少し取っておけと言ってやりたい。

>「三豊百貨店が崩壊した痛みは今でも国民の脳裏に焼き付いている」

 当初の設計を無視して階数を増やしたり柱を削ったり、建物の魔改造を散々繰り返した挙句、強度不足の過積載状態になって、地震が起きた訳でもないのに崩壊するなんて韓国以外じゃ聞いた事ないしなぁ。
ん?なんだかセウォル号沈没事故の背景とよく似ているような気もしてきたぞ。
事故の痛みが国民の脳裏に焼き付いている割には、改善や進歩が全く見られないのはなぜでしょうかね、ほんと不思議。

七面鳥 (@guest_7783)
2017年9月26日 4:23 PM

最近の建築では、天井に見えるのは化粧ボードで、化粧ボードを専用の細い梁で支え、これらを本当の天井たる鉄筋あるいは鉄骨構造に連結する、という構造が主流のはず(鉄筋と化粧ボードの間は配管等で利用します)。
なので、サーフボードを梁のない所に無造作に付けたか(そりゃ化粧ボードだけでは支えられないでしょう)、梁が耐えられなかったか(梁が化粧ボードを支えるギリの強度しか無かった、あるいは梁と裏の鉄筋or鉄骨との結合が甘いか、結合してなかった)。
どっちにしてもあり得ないケンチャナヨが積み重なった、いかにも韓国的な事故であると結論出来ます。
・そもそもの手抜き工事(バレなきゃOKケンチョナヨ!差額はポッケナイナイニダ!)
・勝手に天井からものを吊す(業者頼まなくてもOKケンチョナヨ!業者頼まないで安上がりニダ!)
・待っているのは当然の結末。

ヤン (@guest_7784)
2017年9月26日 5:00 PM

>「装飾用サーフボードが落ちたことで、重さに耐え切れずに天井が崩れ落ちたものとみられる」

「装飾用サーフボードの重さに耐え切れずに天井が崩れ落ちたものとみられる」
ならわかるのですが、サーフボードが落ちたことが原因で天井落下のイメージができないです。