韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

記事要約:菅官房長官が緊張が高まる朝鮮半島において「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」と述べている。こういう状況で危険だとは言えないわけだ。そんなこといったらパニックだし、北朝鮮に感づかれる。やはり、政府の避難勧告は当てにしない方が良さそうだ。

>菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語り、「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」とも強調した。と述べた。

韓国と何かするという時点で信用できないんだよな。あの韓国が邦人の安全確保に協力するかなんてわからない。反日国家だと言うことを忘れているのか。日本で大きな地震があったとき、祝うような国だぞ。絶対、信用ならない。やはり、自主的に避難する方が良さそうな気もする。政府が何かするときは既に手遅れとかだと困るわけで。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

菅義偉官房長官は4日の記者会見で、米共和党の重鎮議員が米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとして在韓米軍将兵の家族を退避させるべきだと主張したことに関連し、「現在、ただちに邦人の安全に影響がある状況ではない」と述べた。また、韓国への渡航や退避に関する危険情報を発出する状況にはないとの認識を示した。

菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語り、「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」とも強調した。と述べた。

米共和党の重鎮議員が米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとして在韓米軍将兵の家族を退避させるべきだと主張したことに関連し、菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語った。その上で「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」と強調した。

(http://www.sankei.com/politics/news/171204/plt1712040030-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る