韓国経済、〔EPA〕日本とEU、自由貿易協定締結…韓国への影響は?

韓国経済、〔EPA〕日本とEU、自由貿易協定締結…韓国への影響は?

記事要約:日本とEUが進めてきた自由貿易協定、いわゆるEPAが大詰めを迎えた。まあ、既に大筋の合意は達したので、これで正式に締結ということになり、日本とEUでは様々な製品の関税が取り払われる。これについては以前に紹介したわけだが、復習しておこう。

EPAやFTAなどの経済用語は難しいと経済の初心者さんは思うかも知れないが、1番覚えて欲しいことは相互間の関税をなるべくなくすことを目的としていることだ。その目的のためのルール作りといっていい。

(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000382204.pdf)

これがEPAの効果の概要になるわけだが、韓国経済を脅かすのは工業製品の方である。特に乗用車、自動車部品の関税が即時撤廃されることで日本製の自動車部品がEUで安く取引できるようになった。他にも工業製品なので電子部品なども対象である。つまり、韓国製の部品が淘汰されていくことになるわけだ。他にもEUから輸入されるチーズやらワインが安くなるので、その関連の商品が増える可能性はある。その経済効果はEUというでかい市場なので5兆円ほどだといわれている。

>日本とEUは17日に日本の安倍晋三首相とEUのトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長が参加する中、東京でEPA署名式を行った。これにより日本とEUの全貿易対象品目のうち95%ほどで関税が撤廃されることになった。

先ほど述べたとおり、関税をなくすのが目的なのでこのようにほとんどの製品で関税が撤廃されていく。ただし、米などの例外はあると。関税というのは自国の製品保護という役割があることもついでに知っておいて欲しい。だから、なんでも関税を取り払えばいいということでもない。

>EPAが発効されれば日本と29のEU加盟国が人口6億人、世界の国内総生産(GDP)の30%ほどを占める単一貿易圏を形成することになる。日本とEUのEPAは日本政府がこれまで締結した通商協定では最大規模で、世界的に貿易不安が拡大している状況で日本企業に輸出の活路を用意できると期待される。

日本はTPP11もそうだが、このように多くの国とルール作りを行ってきた。これはFTAのような二国間の交渉ではなく、一度に多くの国とだ。だから、TPP11はメガFTAと呼ばれたりしている。だいたい、やっている目的は同じだ。関税をなくすこと。知的財産の保護などだ。

だから、韓国のFTA政策が間違っているわけではない。ただ、FTAというのは2国間の交渉となるので、締結しやすい反面、再交渉もしやすいわけだ。これがメリットかデメリットかどちらかと見るかは中々、難しい。そして、TPP11などはルールの変更はかなり難しいてことだ。つまり、再交渉はしにくい。相手に有利な条件がそのまま適用される。だから、互いの妥協点を見いだすのに交渉に時間がかかるわけだ。

とまあ、長く説明してきたが、もう、既に韓国経済に与える影響がどうとかは簡単に理解できるだろう。

>乗用車分野を中心に世界的な技術競争力とブランド認知度を持つ日本の自動車メーカーが価格競争力まで兼ね備えることになる格好だ。韓国としては2011年に締結されたEUとの自由貿易協定(FTA)で享受してきた欧州市場での相対的競争優位要素が消える。日本企業が強みを持つ多くの電機電子製品関税も撤廃される。

韓国は先んじてEUとFTA協定を結んでいたわけだが、これで日本企業も対等な価格競争ができるようになった。韓国製の部品より、日本製の部品が優れていることはいうまでもない。つまり、このEPAも韓国経済を脅かす外部的な要因として作用する。EUへの輸出がどれだけ減少するかが見物だな。

朝から少し難しい経済の話題を取り上げたが、今日も暑そうなので、くれぐれも熱中症に注意して余暇を過ごして欲しい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔EPA〕日本とEU、自由貿易協定締結…韓国への影響は?

日本と欧州連合(EU)の自由貿易協定である経済連携協定(EPA)が締結された。米国と中国の貿易戦争激化でグローバル貿易に暗雲が立ち込める中で日本製自動車と電機電子製品の対EU輸出に弾みが付くことになった。

日本とEUは17日に日本の安倍晋三首相とEUのトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長が参加する中、東京でEPA署名式を行った。これにより日本とEUの全貿易対象品目のうち95%ほどで関税が撤廃されることになった。

日本とEUはこの日共同声明で、世界貿易機関(WTO)を中心にした多者間貿易体制の重要性を強調し、「保護主義と戦うだろう」と明らかにした。

日本とEUはそれぞれの議会での批准を経て来年春の発効を目標にしている。安倍首相は「日本とEUのEPAがアベノミクスの新たなエンジンになるだろう」と強調した。

EPAが発効されれば日本と29のEU加盟国が人口6億人、世界の国内総生産(GDP)の30%ほどを占める単一貿易圏を形成することになる。日本とEUのEPAは日本政府がこれまで締結した通商協定では最大規模で、世界的に貿易不安が拡大している状況で日本企業に輸出の活路を用意できると期待される。

日本政府は昨年、EUとのEPAによる経済効果が日本のGDPを0.99%(約5兆2000億円)ほど増加させる効果があると試算している。新規雇用創出効果も29万件に達する見通しだ。

特にEUとのEPAで日本の自動車産業輸出競争力が大きく高まると予想される。自動車部品の90%以上が協定発効と同時に関税が撤廃されるためだ。協定発効から7年後には自動車輸入関税も撤廃される。

乗用車分野を中心に世界的な技術競争力とブランド認知度を持つ日本の自動車メーカーが価格競争力まで兼ね備えることになる格好だ。韓国としては2011年に締結されたEUとの自由貿易協定(FTA)で享受してきた欧州市場での相対的競争優位要素が消える。日本企業が強みを持つ多くの電機電子製品関税も撤廃される。

(http://japanese.joins.com/article/282/243282.html?servcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
7 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ジャック (@guest_12756)
2018年7月22日 10:00 AM

副次効果として、中国批判にEUを当事者として引っ張りだせることも少し期待しています。
人権だなんだと言っても、「そちらには関係のない話だ」で突っぱねられればおしまいですが、
日欧の貿易が活発化すれば、南シナ海の航路の価値がさらに上がるわけで、
中国が領土拡張すれば、EUも直接損害を被ることになるよなと。
まさに、「自由と繁栄の弧」構想の一つの実現だなと。

キジトラ (@guest_12757)
2018年7月22日 10:22 AM

良いですねえ これが発展していけば 韓国要らないですね

どうする馬韓国。

酔って候 (@guest_12758)
2018年7月22日 11:27 AM

署名されたのは、
 経済連携協定(EPA)
 政治的な協力関係を強化していくことを目的とする、戦略的パートナーシップ協定(SPA)
の2つだそうです。

自動車関係は、製品に掛かる関税の撤廃までは時間が掛かるので、韓国がなんらかの対策を取ってくるものと思われます。

安倍政権には、日欧EPAとTPP11の効果によって、デフレから完全に脱却できるまで、消費税上げを延期して頂きたいものです。(下げてくれれば嬉しいけど、だめかな。)

tetsu (@guest_12761)
2018年7月22日 3:39 PM

これ、日本の自動車業界にとっても致命的な打撃になるんじゃないでしょうか。

ただでさえ欧州車の方がいい、面白いと言われている状況下で、関税撤廃で価格差が少なくなったら、日本車は日本でも大敗して、10年後には日本車の方が珍しい、なんてことにならないでしょうか?

これが私の心配のし過ぎならいいのですが。

ジャック (@guest_12763)
2018年7月22日 6:52 PM
Reply to  tetsu

横から失礼致します。
ちょうどいい記事があったので、こちらをご参照いただければと思います。

『日欧EPA 食品値下げで消費者に恩恵 ベンツなど輸入車価格には関係せず』
(www.sankeibiz.jp/business/news/170707/bsd1707070500007-n1.htm)

日本が欧州から輸入している車については、既に関税が掛かってないのです。
今回のEPAで撤廃される自動車関連の関税は、あくまで日本から出荷するものですので、日本車(ないしそのパーツ)が有利となる内容です。

tetsu (@guest_12767)
2018年7月22日 9:32 PM
Reply to  ジャック

今記事を拝見しました。

なるほど、すでに関税がないなら、影響はなさそうですね。安心しました。

勉強不足で申し訳ないですが、いい記事を教えていただきありがとうございました。

ふぇぇ (@guest_12765)
2018年7月22日 8:26 PM

聞きかじりですが、以下のような違いがあるとか

FTA…2国間で結ぶ。関税基本無し。ISD条項がつくことも
EPA…基本関税なし、知財の保護協定、人の移動の制限緩和

知財保護があるので中国は入りにくいかもしれません

人の移動関連は移民が関係しそうですが、どうなるんでしようね