韓国経済【日中/ビジネス】中国の地方政府幹部による「日本詣で」再び 投資説明会が倍増

韓国経済【日中/ビジネス】中国の地方政府幹部による「日本詣で」再び 投資説明会が倍増

記事要約:本当、日経新聞は反省も何もないようだ。日経新聞が中国投資を煽ったおかげでどれほどの企業がチャイナリスクを軽んじて、中国へ進出して倒産したと思っているのか。どれだけの企業が技術やノウハウを奪われたと思っている。それなのに、こんな記事を書くとか、ふざけている。

投資は自己責任であるのだが、これだけチャイナリスクが露呈しているにも関わらず、中国投資するとか述べたらさすがに、もう、後はどうなっても知らんぞ。レアアースの件や日本車不買運動とか忘れたわけではあるまいな。1度あることは2度ある。米中貿易戦争で中国経済は今後、悪化する。そのため、投資を呼びかけに必至なんだろう。だが、断る。

韓国もそうだが、中国ともあまり付き合わない方がいい。特に今のような米中対立が激化している時期にはな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【日中/ビジネス】中国の地方政府幹部による「日本詣で」再び 投資説明会が倍増

中国の地方政府幹部による「日本詣で」が再び増えている。 日本企業の誘致を目的に幹部級が来日する投資説明会が相次いでおり、日本貿易振興機構(ジェトロ)などによると2018年度は17年度の2倍程度に増える見込みだ。

日中関係が悪化した時期に急減したが、外交関係の改善が徐々に進んでいることが背景にある。 中国で事業展開する日本企業にも追い風になりそうだ。

※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。

(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36528530W8A011C1MM0000/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

退職者 (@guest_14717)
2018年10月16日 4:53 PM

もう中国に進出してはダメです!日本企業が中国で生産した製品は米へ輸出した場合 中国製品
となり高額関税にやられます。そして中国から撤退する場合 従業員に対し中国国営企業の数倍
の退職金を支払わせられるハメになります。また現地で使用した機械類は地方政府に没収される
可能性が大です。それだけ共産党一党独裁国は地方政府まで浸透しています。異常な国家だと日
本経営者は理解しないとダメです。
中国中央政府は各報道機関に景気の減速を伝える報道を規制し始めました。それだけ経済の落ち込
みが顕著だと言っているみたいなものです。本当に愚かな統制国家です。トランプ爺が始めた中国
への追い込みは、日本に媚(こ)びる中国へ変化してきています。現実に尖閣諸島に侵入する中国
船が9月から激減しています。 絶対に信用してはダメです。 中国共産を・・・・・

うさぴょん (@guest_14721)
2018年10月16日 7:01 PM

旗色が悪くなると、それまでの反日姿勢から一転、日本に媚びを売ってくるのがチャイナのやり口。平常運転です。そして、その策略に進んで手を貸す経団連と親中派の国会議員。残念ながら、こちらも平常運転。

ツイッターに、中国共産党がウイグル人やチベット人を弾圧している情報が数多く出ています。残虐な映像も、たくさん。彼らと一緒にビジネスをするのは、その残虐行為に加担するも同然です。

通りすがりの読み専人 (@guest_14716)
2018年10月16日 4:41 PM

指摘されて久しい日経の売国振り。

20年前に騙された人は仮令自己責任にせよ情報弱者として同情の余地がありますが、この期に及んで中国投資で失敗するのであればそれは劣敗の定めにより淘汰されるべき存在です。

勝てばよし(官軍)、負ければ売国の賊軍でしかありません。勝手に滅びれば良いのです。西郷さん、引き合いに出してしまいごめんなさい。

不識庵謙信 (@guest_14739)
2018年10月17日 8:05 AM

まあ特アが困窮して擦り寄ってきているという事で、中国の利益の為に太鼓打つ日経新聞と。
汚染メディアの見え透いたデタラメ記事は日経新聞に限った事ではないし、今に始まった事でもないだろうけど。

安倍の訪中予定は来週か。そろそろ靖国にお詣りにいく時期かな、とオススメしたい。

フィリピンの風 (@guest_14758)
2018年10月17日 8:50 PM

数年前から20年取ってきた日本経済新聞を産経新聞に変えた。(サラリーマンなのに)
もう死ぬまで戻すことはないだろう。

記事もそうだが、ショートマンガが秀逸
マンガで選べば、産経>>>毎日>朝日>読売 の順だ。

申し訳ない。無駄な情報でした。