韓国軍事、〔在韓米軍撤収が加速〕合同参謀本部、ワシントンで軍事委員会…「戦作権」転換を議論

韓国軍事、〔在韓米軍撤収が加速〕合同参謀本部、ワシントンで軍事委員会…「戦作権」転換を議論

記事要約:最近、管理人は韓国と在韓米軍の動きを見ていると、もう、米国は韓国に戦時作戦統帥権を返して、在韓米軍撤収の計画を進めているのではないか。そして、米国は北朝鮮の検証可能な非核化を確認した後、在韓米軍撤収して、後は北朝鮮に好きなようにさせるんじゃないか。

そんなシナリオを考えているのだが、実際はどうなんだろう。そのために台湾の方に楔を打って、中国への牽制に使い、韓国から完全に離れていくと。そうなると日本がアジアの最前線になるが、どのみち、韓国とは敵国同士でしかない。福沢諭吉の脱亜論を出すまでもない。

もう、反日イデオロギーで火病しかできない民族など相手にしたって意味がないからな。日本も徴用工裁判の最高裁判決で、もう韓国とは縁を切れる体制が整う。いよいよ断交へと突き進んでくれるはずだ。これは別に自民党がどうとかではないからな。野党でもこの判断が出たら、韓国に賛成なんてできるはずないからな。では、少しを記事を見ておこうか。

>パク議長とダンフォード議長はブルックス米韓連合司令官から連合防衛態勢についての報告を受けて「米韓同盟の連合防衛態勢の強化案と未来連合軍司令部推進」など、「条件に基づく戦作権転換の早期推進」に対する推進事項を確認した。 

この条件に基づく戦時作戦統帥権の転換というのが在韓米軍撤収だと思う。米国は返したがっているのだ。北朝鮮が問題が終われば米韓同盟も自然と解消だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国軍事、〔在韓米軍撤収が加速〕合同参謀本部、ワシントンで軍事委員会…「戦作権」転換を議論

米韓の合同参謀本部は25日(以下、現地時間)米国・ワシントンD.C.のペンタゴンで第43回米韓軍事委員会会議(MCM)を開催した。

今回の会議に韓国からはパク・ハンギ合同参謀本部議長とイ・ジョンウン合同参謀本部戦略企画部長が、米国からはジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長、フィリップ・デービッドソン インド太平洋軍司令官とヴィンセント・ブルックス米韓連合司令官らが出席した。

今回の会議では最近の朝鮮半島及び地域の安保状況の評価に続き、「条件に基づく戦時作戦統制権(戦作権)転換の早期推進」と「堅固な連合防衛態勢発展」について集中的に議論した。

パク議長とダンフォード議長はブルックス米韓連合司令官から連合防衛態勢についての報告を受けて「米韓同盟の連合防衛態勢の強化案と未来連合軍司令部推進」など、「条件に基づく戦作権転換の早期推進」に対する推進事項を確認した。

また戦作権転換を保障するため米韓間で合意した事項を承認し、署名した。

(https://www.wowkorea.jp/news/Korea/2018/1026/10222842.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ダルマさん (@guest_15003)
2018年10月26日 4:51 PM

面白くなりそうなシナリオとして、米国が台湾を国として認め、国交を樹立。
で、在韓米軍をそのまま台湾に新基地を置く。
特亜ともに火病を起こすとww

たろうちゃん (@guest_15005)
2018年10月26日 5:51 PM

世界最強と言われる米軍がお笑い韓国軍の下で作戦を遂行するなどということはあり得ない。よって戦作権の返還はそのまま米韓軍事同盟の解消を意味するわけで、いままでアメリカの顔をたてて韓国の面倒を見てきた日本の苦労も必然的に解消されることになる。30日に徴用工の判決と併せて日韓断交の条件が揃うことになる。朝鮮半島はこれから本当の地獄になるだろう。日本政府は朝鮮難民への備えを急がなければならない。

ばいなりい (@guest_14999)
2018年10月26日 3:14 PM

断捨離だね!

たろう (@guest_15004)
2018年10月26日 5:48 PM

縁が切れればいいけど、中韓のイヌである野党は仲良くすべきと言い続けるでしょう。
そのうえ、日本が最前線になってしまうと今の自衛隊では物量不足で不安ですね。
戦力としては役に立たなくても、またとても気に食わない言動をし続けるけど、韓国は中北からの非武装地帯と考えると役に立つので、通常の隣人程度のつきあいで済むのが一番ではないですかね。
敵でも味方でもない今より付き合いの薄い関係がベストでしょう。