韓国経済、産経前支局長を英雄のように迎える安倍首相 出国禁止解除が韓日の葛藤を克服する転機になるよう今度は日本が誠意を見せる番

韓国経済、産経前支局長を英雄のように迎える安倍首相 出国禁止解除が韓日の葛藤を克服する転機になるよう今度は日本が誠意を見せる番

記事要約:日本人記者を意味不明な理由で不当に拉致監禁しといて、世界中から批判されて8ヶ月たってようやく開放した韓国。それで返したんだから日本が誠意を見せる番らしい。ふざけてるのか。あまりにも不当な拉致監禁。返して当然であって、なぜ、日本が誠意を見せる番になるんだ。感謝する理由さえない。

むしろ、韓国はそれで良いことしたと思っているなら、一回、滅びた方がいい。この先、日本人を不当に拉致して、数ヶ月たって開放して見返りを寄こすような外交をするつもりなら、日本人は激怒するだろう。わかっているのか?そもそも、司法判断にゆだねているはずが、いつから外交的な判断になったのだ。述べてることは矛盾しすぎており、裁判終わってないだろう。

記事によると、事実ではない不正確な記事を書いたとあるが、その記事は朝鮮日報の記事を引用した「噂」と書いてあっただろ?韓国では記事を書くときは噂は真実でなければダメな決まりでもあるのか?引用した先に朝鮮日報はなんでお咎めないんだ。意味不明すぎるのだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、8ヵ月ぶりに出国禁止措置が解除され、14日に日本に帰国した産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長が英雄同然の接待を受けた。 安倍晋三首相は15日、加藤氏と首相官邸と面会し、「ご苦労様でした。裁判が続くようなので体に気をつけて」と激励した。

加藤氏は、昨年8月のセウォル号沈没事故の当日、朴大統領がチョン・ユンフェ氏と一緒にいたという疑惑を提起して2人が男女関係にあるように表現し、在宅起訴された。

先月30日、ソウル中央地裁は、「記事の内容が虚偽であることが証明された」と判断し、これに対して加藤氏は「異議を申し立てるつもりはない」とした。しかし、加藤氏は14日、日本で「表現の問題」という主張を曲げなかった。

世界的な判決傾向に照らして、検察が加藤氏を有罪にすることは容易でないという見方がある。しかし、裁判所も指摘したように、加藤氏が事実関係を把握せずに不正確な記事を書いたことは明らかだ。

日本では、韓国が米国に韓日関係改善の努力を示すために今回の措置を取ったとする見方が強い。この問題が韓日関係の足かせになることは両国にとって望ましくない。 今回の措置が葛藤を克服する転機になるよう今度は日本が誠意を見せる番だ。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ホンドー (@guest_919)
2015年4月16日 6:56 PM

「誠意を見せろ」???  きゃああ、まるでヤクザみたい、って、そもそもヤクザ国家か! パック・クネクネって酋長とばかり思ってたが、「組長」だったわけ?  これでは、天皇陛下をヤクザと合わせるわけにはいきませんねぇ。
パクが訪日したいなら、在日アキヒロ組長がいうように後ろ手に自縛して、大東亜戦争の英霊に先ずは土下座してもらわんといかんな。

このようなテロリスト国家に弱みを見せてはいかん。弱みを見せたら、また、日本人の拉致監禁が起きるぞ。朝鮮人は在日も帰化人もサベチュなく、半島へ帰して、半島とは一切の交際を絶つ、断交断行が日本の政策としては政界のようですね。しかたないだろ、ISISと同じテロ国家群なんだから。テロに弱みをみせてはいけません。

どうりで、テロリストが切手になるはずだよ。ISISの同類項なんだから!   半島に皇室系のご訪問はないぞ。テロリスト賛美を強要されるんだから。そんなこと、世界の日本皇室が出来るわけないだろ。

かるら (@guest_922)
2015年4月17日 11:46 PM

今度は日本が誠意を見せる番だ、って……?

先ず、産経&日本サイドには全く非が無い事、
韓国側は日本の再三の要求を無視し続け、こんな国際問題に発展する様な独立国として最低最悪な対応をしておきながら、
日本の要求の中の一つにすぎない出国の許可をしただけで、韓国は誠意を見せたつもりでいるのか

有り得ない、本当に有り得ない。価値観が違いすぎる

ハマー (@guest_927)
2015年4月19日 1:32 AM

「日本が誠意を見せる番」!?
結局たかりたいだけ、お金がほしいだけ、 ゆすりたかりと同じ。
事大と恨が永久に有るだけの国民。人としての根源を疑う何をしても意味がない。交流なんてありえない。