内閣府「景気後退」認定へ 2018年10月から景気後退になったと認定 いざなみ超えならず

内閣府「景気後退」認定へ 2018年10月から景気後退になったと認定 いざなみ超えならず

記事要約:うん。なんていうか。そりゃ、増税したら景気後退するのは当たり前だろうに。だから、2018年10月から景気後退になったと認定されても、ああ、やっぱりそうかという感想しかない。ええ?増税前から景気後退だって?気のせいではないだろうな。

>内閣府は2012年12月から始まった景気回復局面が18年10月に終わり、景気後退に入ったと認定する方針だ。拡大期間は71カ月にとどまり、08年2月まで73カ月続いた「いざなみ景気」の戦後最長記録を更新しなかった。期間中の成長率は過去の回復期を下回り実感の乏しい回復となった。

実際、コロナ前では就職率は高かったので、程度に違和感を覚えるが、景気回復は本当のことだろう。しかし、消費税が10%になってからは明らかに消費が落ち込み、景気後退しているという。そして、コロナ化もあって、ますます日本の景気は悪化しているてところか。でも、未曾有の事態だしな。歴史でコロナ化という言葉は確実に出てくるだろうし、今はなんとか耐えるしかないのか。

内閣府「景気後退」認定へ 2018年10月から景気後退になったと認定 いざなみ超えならず

内閣府は2012年12月から始まった景気回復局面が18年10月に終わり、景気後退に入ったと認定する方針だ。拡大期間は71カ月にとどまり、08年2月まで73カ月続いた「いざなみ景気」の戦後最長記録を更新しなかった。期間中の成長率は過去の回復期を下回り実感の乏しい回復となった。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61858300S0A720C2MM8000

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

rom専 (@guest_51565)
2020年7月24日 8:29 AM

それでも財務省は増税を諦めない。大量の米国債。円建ての借金。だから紙幣を大量増刷して意図的にインフレ起こせば赤字国債は埋まる。円が暴落した後、相対的に価値の高くなった米国債を売れば大量の円が手に入る。円の価値が下がっても借金の額面は変わらない。相対的に借金は減額される。
いつでも日本は借金を返せる。不要不急にも関わらず財務省が税を上げるのは増税見逃し利権に固執しているとしか私には思えない。財務省はこの国の癌。国益、国民の生活より自らの省利省益を求める屑省庁。