【トランプVSバイデン】米メディアで批判相次ぐ 「「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選は混乱に陥った」

【トランプVSバイデン】米メディアで批判相次ぐ 「「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選は混乱に陥った」

記事要約:何だろうな。本当、米国のメディアはトランプ大統領が大嫌いだよな。あの候補者討論会を見て、バイデン氏を絶え間なく妨害していたのは司会者だろ?あの司会者が一番、鬱陶しい存在だったぞ。しかし、どう見てもバイデン氏は痴呆を疑わせるレベルの酷いものだった。よくあんな爺さんを大統領候補なんかに担ぎ出せたよな。

>ニューヨーク・タイムズは非難の応酬が続いた両者の討論会について、「混沌とした90分間」とし、「両者が現代のアメリカ政治では前例のないレベルの軽蔑を表現した」と苦言を呈しました。ワシントン・ポストはトランプ氏について、「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選挙は混乱に陥った。発言の一部はうそで、バイデン氏を怒らせるためのものだった」と批判。FOXニュースは、「驚きがなかった」と指摘し、「有権者の投票に影響を与えるようなことは何も起こらなかった」と論評しています。

メディアが公平な観点がまったくないことは無視なのか。そもそも、あの司会者が中立でない時点で出来レースだろう。トランプ大統領は知ってて候補者討論会をエンターテインメントにしようとしたんじゃないか。

何しろ、バイデン氏の言っていることに何ら正当性も、根拠も、財政についても何もないものな。米国を弱らせたいならこのじいさんでいいとおもうが、そこを選ぶのは米国有権者だ。だから、メディアはバイデン氏が何を述べたかすら記事にしないでトランプ叩きである。だいたい、翻訳だとどっちがなにいってるか口論になるとわからない。

【トランプVSバイデン】米メディアで批判相次ぐ 「「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選は混乱に陥った」

アメリカの大統領選挙に向けて行われたトランプ氏とバイデン氏の初めての討論会について、多くのアメリカメディアは批判的に伝えています。

ニューヨーク・タイムズは非難の応酬が続いた両者の討論会について、「混沌とした90分間」とし、「両者が現代のアメリカ政治では前例のないレベルの軽蔑を表現した」と苦言を呈しました。ワシントン・ポストはトランプ氏について、「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選挙は混乱に陥った。発言の一部はうそで、バイデン氏を怒らせるためのものだった」と批判。FOXニュースは、「驚きがなかった」と指摘し、「有権者の投票に影響を与えるようなことは何も起こらなかった」と論評しています。

 また、CBSテレビは、今回の討論会の勝者はバイデン氏だと考える人の方が多いとの世論調査の結果を報じています。(01日01:14)

https://news.yahoo.co.jp/articles/46458eda6a2032e00b915644ab81ce1d69f20933

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

J IN (@guest_53528)
2020年10月1日 10:28 AM

アメリカのマスコミの誘導に、中国とズブズブのところ、中国洗脳がかなり浸透しているのがよく見える。言い返せないバイデン氏が大統領になったら、中国に恫喝されたら、言われれっぱなしで黙るだろう。そして中国にやられ放題で手を打たず、アメリカの国運も経済力も失い、世界のあちこちは中国に盗られ混乱に陥る。バイデン氏は責任を追及されたら都合よく記憶喪失になるだろう。
バイデン氏じゃダメだ、ということがさらによく分かった。バイデン氏はアメリカの貧乏神になるとわかって、バイデン氏を選ぶのか?
自分はトランプ大統領の勝利を心から願い祈っている。

rom専 (@guest_53531)
2020年10月1日 12:20 PM
Reply to  J IN

同じく日本の国益の為、トランプ氏の勝利を願います。米国も国民の敵はマスメディアの様だ。マスコミはチャイナトラップにすぐ引っかかる。金か女でも当てがわれ弱みを握られているのかな?それでもまだまだマスコミには影響力がある。危険な存在だな。

自由人 (@guest_53533)
2020年10月1日 2:39 PM

これだけ必死に偏向行動や印象操作、捏造紛いの事にまで手を染めた挙句の果てに憎っくきトランプが再選するなんてことになれば、私なら自身の終了を認識させられて自己崩壊するかもw
まぁメディアの連中は自分たちを絶対的正義だと勘違いしているから、何食わぬ顔でトランプ叩きを続けるのだろう。
ジャーナリズムを汚し貶めた世界中のメディア、恥を知れ恥を。

零戦搭乗員 (@guest_53557)
2020年10月2日 6:16 AM

今の世界の最大の懸念事項は中国だし、この中国をなんとかできるのもアメリカをおいて他にないのも明白だ。トランプは中国に圧力をかけた初の大統領だ。上品とか下品とか、賢いとか馬鹿とか、そんなのどーでもいい。大人しいバイデンでは対中国政策は無理だ。少し破天荒なくらいでないといけない。中国にはどんな議論も通用しない。武力で脅かすすか叩き潰すしかない。