【メキシコ】麻薬組織の首領の正体、前大臣だった 国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬組織のトップとして君臨

【メキシコ】麻薬組織の首領の正体、前大臣だった 国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬組織のトップとして君臨

記事要約:アメリカのドラマ、プリズンブレイクで似たような展開があったが、まさか、現実にこんなことになってるとはな・・・そりゃ、麻薬組織が壊滅するわけないわな。なんと、メキシコの麻薬組織の首領の正体が前大臣だったそうだ。国防相として麻薬犯罪対策を指揮して、自身も麻薬組織のトップだったらしい。

メキシコの麻薬マフィアが相当強いと言われていたが、まさか、政府の中核だったとはな。そりゃ、警察もさじ投げるレベルだよな。

>メキシコのサルバドル・シエンフエゴス前国防相が16日、麻薬密売などの罪で米国の検察に起訴された。前政権時の国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬組織のトップとして君臨し、「エル・パドリーノ」(ゴッドファーザー)の異名で呼ばれていたとされている。

それはトランプ大統領もメキシコに壁を作りたくなるわな。

>メキシコや米国のメディアによると、シエンフエゴス前国防相は15日、家族旅行で米ロサンゼルスの空港に降り立ったところ、米麻薬取締局(DEA)に身柄を拘束された。コカインやヘロインなどの麻薬密売のほか、資金洗浄の疑いももたれている。DEAは「エル・パドリーノ」と呼ばれるメキシコの麻薬組織の首領の行方を追っていたところ、シエンフエゴス前国防相だと判明したという。

DEAすごいな。どうやったらメキシコの前大臣が麻薬王なんていう証拠にたどり着くんだ。メキシコの警察とか、そういうレベルですらないからな。

中南米から米国への主要な麻薬密輸ルートにあたるメキシコでは、密輸を取り仕切る複数の麻薬カルテルが対立。縄張り争いなどの抗争で治安が悪化し、軍が介入する「麻薬戦争」が行われてきた。シエンフエゴス前国防相は取り締まりを指揮する立場だったが、賄賂を受け取ってカルテルの活動を妨げないように調整したり、仲間の被害が少なくなるようにしたりしていたという。

しかも、賄賂を受け取ってカルテルの活動を妨げないように調整したり、仲間の被害が少なくなるようにしていたとか。マジで黒幕じゃないか。しかも、前大臣だぞ。組織が腐るとここまで酷くなるんだな。麻薬組織の黒幕が大臣とか、映画のような展開だが、それを逮捕できるアメリカもすごい。メキシコは全く手が出せなかったんだろう。

【メキシコ】麻薬組織の首領の正体、前大臣だった 国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬組織のトップとして君臨

メキシコのサルバドル・シエンフエゴス前国防相が16日、麻薬密売などの罪で米国の検察に起訴された。前政権時の国防相として麻薬犯罪対策を指揮しながら、自身も麻薬組織のトップとして君臨し、「エル・パドリーノ」(ゴッドファーザー)の異名で呼ばれていたとされている。

メキシコや米国のメディアによると、シエンフエゴス前国防相は15日、家族旅行で米ロサンゼルスの空港に降り立ったところ、米麻薬取締局(DEA)に身柄を拘束された。コカインやヘロインなどの麻薬密売のほか、資金洗浄の疑いももたれている。DEAは「エル・パドリーノ」と呼ばれるメキシコの麻薬組織の首領の行方を追っていたところ、シエンフエゴス前国防相だと判明したという。

中南米から米国への主要な麻薬密輸ルートにあたるメキシコでは、密輸を取り仕切る複数の麻薬カルテルが対立。縄張り争いなどの抗争で治安が悪化し、軍が介入する「麻薬戦争」が行われてきた。シエンフエゴス前国防相は取り締まりを指揮する立場だったが、賄賂を受け取ってカルテルの活動を妨げないように調整したり、仲間の被害が少なくなるようにしたりしていたという。

 メキシコの歴代政権は麻薬組織の壊滅を掲げてきたが、政府高官や警察との癒着も次々と明らかになり、政治腐敗が問題となってきた。19年12月には、「麻薬戦争」を始めたカルデロン政権のガルシア・ルナ公安相がシナロア・カルテルから賄賂を受け取っていたとして、米テキサス州で逮捕された。

 麻薬対策を担ってきた軍・治安当局の大臣が相次ぎ米国の捜査により拘束されたことで、メキシコ国内では、当局の捜査能力や自浄作用のなさに批判が出ている。また、腐敗した当局こそ治安悪化の原因だったとして、数万人の死者を出した過去の麻薬対策への疑念も広がっている。

https://www.asahi.com/articles/ASNBK775FNBKUHBI020.html?iref=sp_ss_date

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

rom専 (@guest_54023)
2020年10月18日 8:43 PM

メキシコ麻薬戦争。個人的に興味のある話題です。麻薬カルテルが高速道路に堂々と宣伝出す国なので。曰く『冗談を交わしあうアットホームな職場です。警察、軍人、マフィア所属経験者優遇、厚生施設充実。電話番号』その隣に組織に処刑された人間がぶら下がっていたりする。有名どころではロスセタス。元メキシコ陸軍マフィア対策の特殊部隊だが、軍内部にマフィアと繋がって居た者がおり、部隊は待ち伏せを食らいほぼ壊滅。がその生き残りが裏切り者を暗殺して回った。特徴は戦死した部隊指揮官のイニシャルであるZを暗殺対象の死体に刻むこと。でここで終われば単なる美談なのだが、マフィアは組織、軍内部で昇進しており、生き残り達は資金調達と仲間集めの為に自ら麻薬組織となる。元取り締まり部隊だった為、麻薬組織の運営は熟知しており、瞬く間に大手へのし上がる。で首尾よく復讐を終え敵対麻薬組織を潰したとき、ロスセタスは大手麻薬組織になっていた。この時点で特殊部隊の生き残りで幹部だった者は僅か4名。順次、抗争や寿命で死に、組織を立ち上げた復讐者が去った後はかつて持っていた掟を失い、一般市民にも牙をむく、仲間意識が強く、裏切り者は許さない、特殊部隊仕込みの訓練と軍隊並みの装備をもった練度の高いメキシコ史上最悪の麻薬組織として今に至る。逆らう者は皆殺し、特に酷い拷問を加えて殺害する事で有名。Zのマークは未だに刻む。唯一残った風習。
メキシコの麻薬組織、安全な所から調べる分には大変興味深い。国が麻薬組織に負けるとああなるって見本。国が勝ったコロンビアとは逆のバージョン。メキシコの麻薬組織はアメリカへ麻薬を運ぶルートの奪い合いが抗争のメインでケシ畑を自前で持っているわけではないので、組織に致命傷を与える弱点が存在しない。アメリカとアメリカ市民が麻薬を買う限り、メキシコの麻薬組織は存続する。麻薬輸送ルート上の町は政府の権威が機能しない。

rom専 (@guest_54024)
2020年10月18日 8:56 PM
Reply to  rom専

麻薬組織の抗争から家族と故郷を守る為、立ち上がった警察、役人が主体の秘密結社だったが、上記のロスセタスと同じく今は大手麻薬組織なラ・ファミリア(家族)なんてのもある。こちらはまだ掟が生きており、ラ・ファミリア支配下の町は他のメキシコ都市より治安が良いのが皮肉。基本組織に敵対しない限り一般市民には手を出さない。メキシコでは古いタイプの麻薬組織。日本からビザをもって生きている内に観光に行ける本物の地獄。ご興味があれば行ってみるのは如何だろうか?基本的に麻薬組織の関わらない町は安全らしい。とは言え、お帰りは白木の箱に入っての帰国になるかも知れないが。

たろうちゃん (@guest_54043)
2020年10月19日 9:09 AM

ゴルゴ13にもあったぞ。刑務所に潜む悪の親玉の抹殺の依頼を受けたゴルゴが正体を突き止めた標的は刑務所の所長だった、、、っていう話。見事な作戦でカメレオン作戦と言おうか。木を見て森を見ず作戦か?ま、このメキシコ野郎は死刑かね?

ダルマさん (@guest_54027)
2020年10月18日 10:22 PM

ほほう。
事実は小説より奇なりというが、詳細を是非映像化して欲しいなw
そしてトランプは嬉々として壁の有能性を訴えるわけやなww

ベルトラン (@guest_54051)
2020年10月19日 12:44 PM

ネタ不足のハリウッドに良いネタが供給されましたね!
映画化されたら絶対に観ます。