【愛知】コロナで景気悪化、学生悲痛「内定出ない」 名古屋で面接会「とにかく数こなす」

【愛知】コロナで景気悪化、学生悲痛「内定出ない」 名古屋で面接会「とにかく数こなす」

記事要約:コロナが起きる前は日本の就職率は高くて企業からはどんどん来て欲しいという売り手市場だったわけだが、それもコロナ禍で大きく逆転した。今度は学生が悲鳴を上げているという。しかし、本当に産まれてくる時代が1年違うだけで、こんなことになるのだから世の中、一寸先は闇といったものだ。

ただ、コロナ禍はいずれおさまるので、氷河期世代とは違う。今は就職先を探すよりも、バイトでもしてチャンスを待つのもいいんじゃないか。少なくとも、政府はコロナ禍で新卒基準を変えてくるだろうからな。

>合同企業面接会には、県内に就業場所があり、正社員を募集する三十八社がブースを設けた。来春の就職が決まっていない百二十九人の学生が参加し、一人当たり二十分間の一次面接があった。通過者は各社ごとの二次面接に進む。男性は複数社の面接を受けたといい、「希望の仕事なんてぜいたく言っていられない。とにかく数をこなすだけ」と早口でまくし立てた。

確かに贅沢は言ってられないが、とにかく数をこなして受かった企業でやっていけるかは別問題だろう。その仕事が最初嫌いでも、面白さを感じればいいのだが、そこは本人次第だからな。

【愛知】コロナで景気悪化、学生悲痛「内定出ない」 名古屋で面接会「とにかく数こなす」

コロナ禍による景気悪化のため、来春卒業予定の大学・短大生の内定率が落ち込んでいる。県によると、十月末時点で68・9%と、この時期では五年ぶりに70%を割り込んだ。「まったく内定が出ない。時期も時期だし、とにかく今は就職先を確保しないと…」。企業の面接や説明会に臨む学生たちからは焦りや悲痛な声が聞こえる。 (西田直晃)

六日午後、名古屋・名駅のウインクあいち。愛知労働局主催の合同企業面接会に参加後、日本福祉大四年の男性(21)は肩を落とした。二十社以上の面接で内定が取れない。友人の多くも公共職業安定所に足を運ぶ日々を過ごしているという。

合同企業面接会には、県内に就業場所があり、正社員を募集する三十八社がブースを設けた。来春の就職が決まっていない百二十九人の学生が参加し、一人当たり二十分間の一次面接があった。通過者は各社ごとの二次面接に進む。男性は複数社の面接を受けたといい、「希望の仕事なんてぜいたく言っていられない。とにかく数をこなすだけ」と早口でまくし立てた。

製造業や飲食業、ITなど多様な企業が一つの会場で採用面接をするのは珍しいが、愛知労働局職業安定課の岡本和恵課長補佐は「内定…(以下有料版で)

https://www.chunichi.co.jp/article/166111?rct=aichi

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_55303)
2020年12月7日 1:48 PM

オレの娘は中学二年生。最近進路の話をオレとよくしている。以前は地域で一番の進学校の剣道部がわりと強豪校で、しかも慕っている道場の先生がOBだから希望していたのだが、陸上と剣道の掛け持ちと、パソコンと携帯のゲームのやりすぎで、思ったより成績が上がらない。トライ学習塾にも年間36万円もかけているのにな。ま、しかたがない。で、最近商業高校で簿記だの算盤だのパソコンだのと様々な資格を取って社会に出たいと言い出した。高校では剣道部1本で行きたいそうだ。普通高校ならばもう少し上と云われるランクの学校も目指せる様だが将来を考えているらしい。大学は行かないそうだ。ま、商業高校はオレとおなじルートだな。あと一年あるから何回か云うことが変わるだろうが、できる限りのサポートはするつもりだ。母親がフィリピンの人だから普通高のあと語学留学でフィリピンに一年か二年行かせるのもオレは考えていたが、コロナのせいでちょっとなぁ、、、いろいろな人生をねじ曲げた中国共産党はマジ許せない。

たろうちゃん (@guest_55304)
2020年12月7日 1:55 PM

更に今日ニュースでやってたが、中国でブラジルから輸入した豚肉からコロナウィルスが検出されたと報道があった。どうやらブラジルにコロナ発生の責任を押し付けるつもりらしい。で、ブラジル産豚肉を輸入している他国はどうなのよ?と。しかも武漢肺炎の最初の患者は一年前の今日発見されて、あっと云う間に都市封鎖に至ったのを忘れたか?中国共産党め!ブラジルで感染拡大はずっと後のことなのだ。ふざけんじゃねぇ!クソChina!