【はやぶさ2】目標をはるかに超える大量の試料採取…JAXA「数ミリの黒い粒がごろごろ、どっさり入っていた」(画像)

【はやぶさ2】目標をはるかに超える大量の試料採取…JAXA「数ミリの黒い粒がごろごろ、どっさり入っていた」(画像)

記事要約:はやさぶ2が小惑星「リュウグウ」から取ってきた砂粒がついに公開された。しかも、多数の砂粒とか量ではない。管理人は1グラムぐらいだと思っていたら全然違う。とりあえず、画像を見たらすごく驚くと思う。保存ものである。

https://www.sankei.com/images/news/201215/lif2012150029-p1.jpg

なんとリュウグウの岩の中に入っていた砂粒はコーヒー豆のようなものだった。これには驚いた。まさか黒いとはな。管理人は砂をイメージしていたので、まさか黒い粒とは全然思わなかった。これはさすがにオーストラリアにはないだろう。まさに竜宮城の玉手箱に入っていたコーヒー豆である。もちろん、コーヒーにして飲むわけにはいかないんだが、結構な量はあるとおおう。5グラム?もっとかな。

我々が生きている時代においてリュウグウの砂粒を持って帰ってくることはまずないので、これが最初で最後だ。ああ、これ博物館で展示してくれないかな。でも、大気に触れたらだめなのかな。実物がみたい。しかし、宇宙は本当に想像もしない世界が広がっているんだな。まさか、黒い粒とはなあ。ああ、1000年後に産まれたかったなあ。

【はやぶさ2】目標をはるかに超える大量の試料採取…JAXA「数ミリの黒い粒がごろごろ、どっさり入っていた」(画像)

探査機「はやぶさ2」が地球に持ち帰ったカプセルに入っていた小惑星リュウグウの試料は、目標の0・1グラムをはるかに超える量だったとみられると、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が15日、発表した。

 JAXAの宇宙科学研究所(相模原市)で同日、1回目の着地で地表から採取した試料を収めた容器を開封し、大量の試料が入っていることを確認した。

 オンラインで会見した沢田弘崇主任研究開発員は「大きさ数ミリの黒い粒がごろごろ、どっさり入っていた。目標量を上回るのは確実だ」と述べた。

 科学に関する責任者を務める渡辺誠一郎名古屋大教授は「大きな粒子が取れたことで、成分だけでなく構造を調べることも可能になる」と、今後の分析に期待を膨らませた。

 リュウグウの試料は14日、容器のカバーの底から砂状のものが確認されていたが、分量は明らかにしていなかった。2回目の着地で地下から採取した試料が入っているとみられる容器は年明けに開封する予定。その後は顕微鏡で形や大きさなどを観察し、成分を調べてから大学などに提供、さらに詳しく分析を行う。

 またJAXAは同日、カプセルから採取したガスがリュウグウ由来と判断したことも正式に発表した。

 はやぶさ2は昨年、リュウグウの地表と地下から試料採取を行った。太陽系の成り立ちや地球の生命の起源に迫る研究成果が期待されている。

https://www.sankei.com/life/news/201215/lif2012150029-n1.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

rom専 (@guest_55528)
2020年12月15日 8:52 PM

元々生命の起源を探る為に有機物の多い小惑星を選んで向かったらしい。黒いのは大量の炭素を含んでいるから。大気の摩擦熱を受けず、地球の風化浸食も受けず、太陽系に来た46億年前から変化していない試料。楽しみですね、地球生命の誕生やその理屈が判るかも。もしかしたら人工生命制作のヒントすらあるかも。ここまで来たか、日本の宇宙技術!おめでとう!!

先発利益男 (@guest_55539)
2020年12月16日 2:45 AM

素晴らしい! 今後、画期的な発見がJAXAから続々と発表されると思います。
世界初の偉業なので、先発利益を得られます。
「はやぶさ」に刺激されてNASAも「はやぶさ2」を追うように
小惑星探査機を打ち上げています。
予算も人員も桁違いの巨人です、すぐに追い越される恐れがありますが
アメリカと争うより協力して、ウィンウィンの関係にして下さい。
隣の大国が宇宙で無茶苦茶しないように抑止するのも大事ですよ。
 別件ですが、月面に岩石を採った後で国旗を立てるって無粋だと思うんですけど。

酔って候 (@guest_55541)
2020年12月16日 6:52 AM

数少ない、未来への希望を感じさせるニュースですね。

ダルマさん (@guest_55546)
2020年12月16日 10:41 AM

はやぶさ2とJAXA技術陣の快挙をお祝いいたしますw

ただ、個人的な疑問がある。
タッチダウンは2回行われたはず。
何もしていない表層Aから一度。
表層をえぐった場所Bから一度。
その2回分が同じカプセル内にごちゃ混ぜにされてるデソ?
太陽風にさらされたAとそれを避けたBを混ぜても解析で違う物って
分かるもんなんかね?
更にはAとBの明確な違いと解析結果。
そういう所もJAXAには解析前から説明して欲しいなぁw