日本、国産長距離ミサイルを配備、射程2000km 中国北京を射程圏内に

日本、国産長距離ミサイルを配備、射程2000km 中国北京を射程圏内に

記事要約:日本が国産長距離ミサイルを配備と産経新聞が伝えている。射程は2000キロ。中国北京も射程圏内に入るようだ。しかも、他にも将来的に射程を延長案もある。

>政府が研究開発を進める新型の対艦誘導弾の射程が約2千キロに及ぶことが28日、分かった。配備が実現すれば自衛隊が保有するミサイルでは最長射程となる。
これとは別に、陸上自衛隊が運用する12式地対艦誘導弾の射程を将来的に1500キロに延伸する案が浮上していることも判明。

なかなか良いじゃないか。日本政府の射程2千キロは単なる最低数値だからな。実質、軍事機密なのでどこまで射程があるかなんかなんてわからない。

>「国産トマホーク」ともいえる長射程ミサイルの整備を進めることで、自衛隊の抑止力強化につなげる狙いがある。複数の政府関係者が明らかにした。新対艦誘導弾は防衛装備庁が平成30年度から研究を始め、令和2年度までに計105億円の関連予算を計上した。4年度までに試作品を開発し、同年度中に性能試験を行う計画だ。

そうだよな。日本が平和主義を掲げようが、北朝鮮、中国、ロシア、韓国と日本の領土を虎視眈々と狙っている国家ばかり。しっかりとした防衛力の強化は必須だ。

>射程は約2千キロで、日本からの地上発射でも中国や北朝鮮が射程に入る。レーダーからの被探知性を低減させるステルス能力や、複雑な動きで敵からの迎撃を防ぐ高機動性も追求する。地上発射に加え、艦船や航空機からの発射も可能にする。

管理人の素人目線ではあるが、これはかなりすごいんじゃないか。韓国のなんちゃって次世代戦闘機「KFX」も撃ち落とせそうな気がするな。ああ、その前に飛ばないか。

>長射程ミサイルの導入について、政府は「自衛隊員の安全を確保しながら相手の攻撃を効果的に阻止する」と説明する。相手の射程を上回るミサイルを持つことで事態への対処を容易にする狙いがあり、主に島嶼(とうしょ)防衛を想定している。南西諸島に配備した場合、1500キロあれば平壌を、2千キロあれば北京をほぼ射程に収める。

そうなんだよな。今、日本の離島に上陸されたら面倒なんだよな。そういう意味では島を防衛する射程のミサイルがあるなら心強い。

>政府は12月の閣議決定で敵基地攻撃能力をめぐる検討の無期限延期を決めたが、北朝鮮や中国が自衛隊の長射程ミサイルを「敵基地攻撃能力」と認識すれば、日本への攻撃自体を思いとどまらせる効果も期待できる。

いやいや、敵基地攻撃能力はいずれ持たないといけない。でも、まずは箱を作ってからだ。相手に届くようにしておけばいつでも閣議決定で持つことは可能だからな。

日本、国産長距離ミサイルを配備、射程2000km 中国北京を射程圏内に

政府が研究開発を進める新型の対艦誘導弾の射程が約2千キロに及ぶことが28日、分かった。配備が実現すれば自衛隊が保有するミサイルでは最長射程となる。これとは別に、陸上自衛隊が運用する12式地対艦誘導弾の射程を将来的に1500キロに延伸する案が浮上していることも判明。

「国産トマホーク」ともいえる長射程ミサイルの整備を進めることで、自衛隊の抑止力強化につなげる狙いがある。複数の政府関係者が明らかにした。新対艦誘導弾は防衛装備庁が平成30年度から研究を始め、令和2年度までに計105億円の関連予算を計上した。4年度までに試作品を開発し、同年度中に性能試験を行う計画だ。

射程は約2千キロで、日本からの地上発射でも中国や北朝鮮が射程に入る。レーダーからの被探知性を低減させるステルス能力や、複雑な動きで敵からの迎撃を防ぐ高機動性も追求する。地上発射に加え、艦船や航空機からの発射も可能にする。

12式地対艦誘導弾は、今月18日の閣議で射程の延伸が決まった。当面は従来の約200キロから900キロ程度に延ばすが、最終的に1500キロを目指す。

政府は平成29年にF35戦闘機に搭載するノルウェー製の「JSM」(射程500キロ)と、F15戦闘機に搭載する米国製の「JASSM」「LRASM」(ともに射程900キロ)の取得を決めた。

新型の対艦誘導弾と12式の射程はこれらを大幅に上回り、射程1600キロ以上とされる米国の巡航ミサイル「トマホーク」にも匹敵する。

長射程ミサイルの導入について、政府は「自衛隊員の安全を確保しながら相手の攻撃を効果的に阻止する」と説明する。相手の射程を上回るミサイルを持つことで事態への対処を容易にする狙いがあり、主に島嶼(とうしょ)防衛を想定している。南西諸島に配備した場合、1500キロあれば平壌を、2千キロあれば北京をほぼ射程に収める。

政府は12月の閣議決定で敵基地攻撃能力をめぐる検討の無期限延期を決めたが、北朝鮮や中国が自衛隊の長射程ミサイルを「敵基地攻撃能力」と認識すれば、日本への攻撃自体を思いとどまらせる効果も期待できる。

https://www.sankei.com/politics/news/201229/plt2012290001-n1.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
10 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ななし (@guest_55894)
2020年12月29日 2:31 PM

批判を承知で一言。憲法9条変更が難しいならば条約により米軍基地に核ミサイルを配備しそれを公にしてほしい。非核三原則は法では無い。トランプさんと菅総理が在職しているあいだに。まだ間に合います。

J I N (@guest_55906)
2020年12月30日 7:58 AM
Reply to  ななし

核を持つことで、核から守られる。核を持つことは強烈な防衛になる。自分も日本は核を持つべきだと思う。

ななし (@guest_55921)
2020年12月30日 9:06 PM
Reply to  J I N

ありがとうごさいます。世界でも類を見ない硬性憲法を持つ我が国では、憲法改正まであと二十年かかると推測します。(有事があれば別ですが…)しかし条約ならば比較的締結が 容易だと考えます。短期政権が運命づけられている現政府に最後にひとはな咲かせてほしいです。

ミナミ (@guest_55898)
2020年12月29日 5:33 PM

1000㎞(?)でも画期的だったのに、2000kmとのニュース、
基本的にはとても良い事だと思います
しかし、巡航ミサイルとは軽量なものであって、爆弾は500㎏とかそれぐらいです

核弾頭は通常弾とは全く次元が違うシロモノです
日本は「ニュークリアレディ状態」(いつでもすぐに核武装できる状態)を、
追求する事が肝要だと思います
そろそろ、将来の戦略(核)ミサイル原子力潜水艦(SSBN)保有に備えて、
プロトタイプの原潜2隻保有を実行すべきだと思います

そういう事をやって行かないと、中共・北朝鮮というキチガイ国家の核ミサイルは恐ろしい
在日米軍がいつまでも居る保証も無い
米国が本土への核被弾というリスクを負って、絶対に核復讐してくれる保証も無い

Last edited 8 months ago by ミナミ
キジトラ (@guest_55893)
2020年12月29日 2:25 PM

まぁ敵基地攻撃能力を強化するのは今すぐにも実行しないと 政府は能天気な平和ボケしていたら中国の拡張主義に対応できないぞ 予算をさっさと組んで迅速な対応をしろ しかしこれも遅いなぁ もっと早くから準備をせんかい。

酔って候 (@guest_55892)
2020年12月29日 2:08 PM

このへんは前政権の遺産になるのかな。2F傀儡の現政権がこのまま方針を維持するのか、注目です。

ダルマさん (@guest_55896)
2020年12月29日 4:32 PM

個人的には人工流れ星の会社から、防衛省が技術供与を受けて、
衛星からの質量落下兵器を作って欲しいかな?ww
「あ~!流れ星が不幸にも特亜+露助に落ちてしまったw」

ばいなりい (@guest_55897)
2020年12月29日 5:27 PM

ダルマ・ザビ総帥! ジーク・ジオン!


零戦搭乗員 (@guest_55905)
2020年12月30日 7:03 AM

彗星探査機の技術力で、彗星を中国に任意に落とせるようにならないか?威力は核兵器並みで放射能は出ないから、日本が偏西風で放射能を浴びることはない。

ベルトラン (@guest_55902)
2020年12月30日 1:36 AM

素晴らしい
これは事実上の敵基地攻撃能力ですね。
対艦誘導弾ですが動かない地上目標の方が簡単で原理的には対地攻撃も可能なはず。
管理人さんの言う通り後は閣議決定するだけで敵基地攻撃能力になるでしょう。

Last edited 8 months ago by ベルトラン