日本、ウイグル弾圧の情報を米英に提供していた 米国は、これらの情報を基に中国への非難を展開

日本、ウイグル弾圧の情報を米英に提供していた 米国は、これらの情報を基に中国への非難を展開

記事要約:さすが安倍前政権。どうやら、日本政府がウイグル弾圧の情報を米英に提供していたようだ。そして、米国はこれらの情報を基に中国への非難を展開しているとのこと。つまり、日本の情報提供があったからこそ、アメリカではチベット人権法が成立してトランプ大統領が署名した。すごい功績じゃないか。

>日本政府が独自に入手した、中国でイスラム教徒の少数民族ウイグル族が強制収容された根拠となる情報を昨年、出所を明らかにしない条件で米英両政府に提供していたことが、28日までに分かった。人権問題を巡っても中国政府への圧力を強めていた米国は、これらの情報を基にウイグル族を弾圧したとして中国への非難を展開していた。日米の関係筋が明らかにした。

こうして陰ながら日本政府がウイグル弾圧へ反対に動いていたことは評価すべき案件だろう。さすが、安倍前総理てところか。こういう置き土産をさらっと色々と用意しているのがさすがだよな。

しかし、国民にアピールしないと安倍前総理が何をしていたかなんてほとんど知らないままだぞ。先ほどの国産トマホーク開発も安倍前総理の貢献があったからこそ。ガースー総理もそれを引き継いでいるが、ウイグル弾圧批判だけではなく、チベット弾圧の方にも動いてくれ。

日本、ウイグル弾圧の情報を米英に提供していた 米国は、これらの情報を基に中国への非難を展開

日本政府が独自に入手した、中国でイスラム教徒の少数民族ウイグル族が強制収容された根拠となる情報を昨年、出所を明らかにしない条件で米英両政府に提供していたことが、28日までに分かった。人権問題を巡っても中国政府への圧力を強めていた米国は、これらの情報を基にウイグル族を弾圧したとして中国への非難を展開していた。日米の関係筋が明らかにした。

中国や北朝鮮の脅威拡大を念頭に、日本政府内には米英やカナダを含む英語圏5カ国の機密共有枠組み「ファイブ・アイズ」に参加すべきだとの声が出ているが、情報面での一体化が水面下で進展している実態が明らかになった。(共同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee65160b801be005297a0a19fcaab37d10c31c94

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ななし (@guest_55899)
2020年12月29日 6:50 PM

昭恵夫人の助言も貢献も大きいと思います。ウイグル人権協会とのつながりは聞いたことあります。もしかしたら英国のライダイハン問題への対応も前総理のさしがねかも…やはり安倍前総理は外交の天才だなぁ。

零戦搭乗員 (@guest_55903)
2020年12月30日 6:54 AM
Reply to  ななし

女のお喋りは馬鹿に成りません。時々けっこういい情報が紛れ込んでいます。これは女のジム友から得た知恵です。

酔って候 (@guest_55900)
2020年12月29日 6:57 PM

問題は現政権だ。媚支那・媚朝鮮の2Fが牛耳っている。
こんなことを言うと不謹慎だが、羽田氏では無く、あの方が罹患していたら…

零戦搭乗員 (@guest_55904)
2020年12月30日 6:58 AM
Reply to  酔って候

自分は矢張り羽田議員が逝って良かったと思ってます。二階さんはたしかにそうだが、一方では選挙の時は自民党のために頑張っている。

rom専 (@guest_55907)
2020年12月30日 9:20 AM

二階さんは功績より害悪の方が大きいと思います。やはり居ない方が世の為になる人物かと。野党の左翼議員と自民党内の腐敗した議員、どちらも退場頂くのが一番有難い。