【ファイザーのコロナワクチン】 接種を受けられる人数は2割近く減少へ・・・特殊注射器、確保できず

【ファイザーのコロナワクチン】 接種を受けられる人数は2割近く減少へ・・・特殊注射器、確保できず

記事要約:どうやら日本でのファイザーのコロナワクチン接種を受けられる人数が2割ほど減少するそうだ。しかも、その原因が本来は1容器に6回接種のワクチン量が入ってるのに、特殊な注射器が確保できず、5回接種分しかとれないからだそうだ。

ああ、これは病院なんかの液体の薬にあるな。容量1㎜リットルとか書いてあるんだが,実際,最後の方になると注射器ではその1㎜リットルがとれない。しかし、病院は量を量って薬を出すので数回分ぐらいは実は使えないという。これがファイザーのワクチンでも起きているようだ。

>一方、ファイザーは1つの容器で6回の接種を前提にしているため現在、計画されている供給量で接種を受けられる人数は2割近く減る計算になり、供給の時期などに影響が出ることも懸念されます。

さすがに2割も減ってしまうのは問題だろう。特注の注射器を確保できないのか。でも、他国も同じことを考えるだろうから注射器の数が足りないんだろうな。

>厚生労働省によりますと、ファイザーが1つの容器で6回の接種を行う方針を示していたのに対し、これまでに用意した注射器では、シリンジと呼ばれる筒の部分の仕組み上、5回分しか採取できないことが分かったということです。このため、ファイザーが現在、計画しているワクチンの供給量では日本で接種を受けられる人数が計算上、17%減少することになります。6回分を採取するためには別のシリンジが必要で、十分な数を確保できるめどは立っていないということです。

世界でワクチン争奪戦しているのに日本だけ5回使って,残り1回分は捨てるとかになれば世界中から批判が来るんじゃないか。森会長の失言がどうとかの不手際ではない。人の命がかかってるからな。厚労省、ちょっと立ち止まれ。なんとか特注注射器を確保するようにどこかで生産できないのか。貴重なワクチンを無駄使いするのは避けた方がいい。

【ファイザーのコロナワクチン】 接種を受けられる人数は2割近く減少へ・・・特殊注射器、確保できず

アメリカの製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省はこれまで1つの容器で6回の接種を予定していましたが用意した注射器では5回分しか採取できないことを明らかにしました。

一方、ファイザーは1つの容器で6回の接種を前提にしているため現在、計画されている供給量で接種を受けられる人数は2割近く減る計算になり、供給の時期などに影響が出ることも懸念されます。

日本政府は、ファイザーとの間で年内に7200万人分、接種回数にして1億4400万回分のワクチンの供給を受ける契約を交わし、今月12日に専門家でつくる部会を開いて承認の可否を判断する方針です。

厚生労働省によりますと、ファイザーが1つの容器で6回の接種を行う方針を示していたのに対し、これまでに用意した注射器では、シリンジと呼ばれる筒の部分の仕組み上、5回分しか採取できないことが分かったということです。このため、ファイザーが現在、計画しているワクチンの供給量では日本で接種を受けられる人数が計算上、17%減少することになります。6回分を採取するためには別のシリンジが必要で、十分な数を確保できるめどは立っていないということです。

このため、厚生労働省は、全国の自治体に対して、1つの容器から採取するワクチンを5回分に変更するよう近く通知する方針です。

厚生労働省は、ファイザーから供給されるワクチンについて接種の回数で契約しているということですが、必要になるワクチンの総量が増えることで、日本への供給の時期などに影響が出るおそれもあります。

ファイザーからは去年12月に「6回の接種を検討している」と連絡を受け、先月になって正式に方針を伝えられたということです。

厚生労働省は契約通りの人数に接種できるようすでにファイザーと交渉を始めていて、「現時点では供給への影響についてコメントできない」としています。

ファイザーは、「バイアル」と呼ばれる容器に一定の決まった量のワクチンを入れて各国に供給しています。欧米では、ワクチンの内容量が当初、想定していた5回分より多かったことから特殊なシリンジを使って6回分を採取することを認めています。

このうちアメリカでは先月から6回分の採取が認められ、供給を受ける2億回分のワクチンについて、予定を2か月前倒ししてことし5月末までに供給される見通しとなったと現地のメディアが伝えています。

また、EU=ヨーロッパ連合やイギリスも、1つの容器で6回接種することを認めています。

一方、厚生労働省によりますと、日本で一般的に使われている注射器では、注射をした際により多くの薬液が針とシリンジの間に残る構造になっているため、特殊なシリンジを使った場合に比べて必要となる薬液の量が増えるということです。

このため、1つの容器から5回分のワクチンしか採取できず、容器に残ってしまった分は廃棄される見通しだとしています。各国でワクチンが不足するなか、欧米に比べて供給されるワクチンを効率的に接種に使えないことに、国際社会から懸念の声が上がることも予想されます

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210209/k10012858221000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

野次馬 (@guest_57031)
2021年2月10日 8:15 AM

誠に残念なことですが、かつての厚生労働省のように包み隠さず、比較的早い時期にこの事実を公表したことは評価したいと思います。
すぐに諦める必要はないわけで、国民の安全・安心、そして誇りを守るために、日本人の叡智を集めてこの問題を解決して欲しいものです。

Last edited 8 months ago by 野次馬
hiro (@guest_57034)
2021年2月10日 11:21 AM

元々ファイザーのワクチンは1容器で5回分です。但し採りようによっては6回分になります。
以前からわかっていたことですが今更の議論ですね。
悔しいですがお隣の国ではでは対策注射器の製造が進んでいます。
https://www.news24.jp/articles/2021/02/04/10816491.html