【新型コロナ】英国型コロナ、再び変異 ワクチン効果脅かす恐れ=科学者

【新型コロナ】英国型コロナ、再び変異 ワクチン効果脅かす恐れ=科学者

記事要約:日本でもようやくファイザーのワクチンが40万回分、到着してこれから医療従事者が先に接種することになっているわけだが、どうやら、英国型コロナは再び変異を始めている。しかも、変異が分かれて「二つ」となったようだ。科学者はワクチン効果脅かす恐れもあるという。

>新型コロナゲノミクスの英コンソーシアムのディレクター、シャロン・ピーコック氏はBBCに対し、ロンドン近郊ケントで確認された感染力の強い変異株について、ワクチンがこれまでのところ効果を発揮しているものの、「再び突然変異を始めており、ワクチンの効果を脅かす恐れがある」と警鐘を鳴らした。英政府の科学諮問委員会は9日、国内で新たに2種類の新型コロナ変異株が確認され、うち1種類は南ア型とブラジル型に類似しており、「懸念される」と発表した。

そろそろ変異種の数を覚えるのも難しくなってきているな。とりあえず、イギリスの変異ウイルスは2つになったと。一つは最も速く発見された感染力が1.7倍のやつ。それでもうひとつが南ア型とブラジル型に類似している。なんと、イギリスの変異ウイルスが南ア型とブラジル型まで取り込んだ。自己変異てやつか。僕の考えた最凶ウイルスに一歩前進というやつだ。最凶だと言われる南ア型と合体とか止めて欲しいんですけど。

>ジョンソン首相は10日、ウイルスの突然変異に合わせ繰り返しワクチン接種が必要になるだろうと述べた。ピーコック氏はこの変異株がいずれ「世界を席巻する」公算が大きく、新型コロナとの闘いが「今後10年ほど続くと想定する」と語った。

待ってくれよ。数年じゃないのか?なんで今後10年とかになっているんだ。しかも、ウイルスの突然変異に合わせ繰り返しワクチン接種が必要とか。一回打つだけでも大変なのに、こんなの終わるわけないだろう。

一方、韓国メディアではなぜか、日本の報道と同じように日本人のワクチン接種状況をいち早く知らせるのだった。相当,悔しいらしいです。

【新型コロナ】英国型コロナ、再び変異 ワクチン効果脅かす恐れ=科学者

[ロンドン 11日 ロイター] – 英遺伝科学者は11日、同国で確認された初の新型コロナウイルス変異株が変異しており、いずれワクチンの効果を阻害する恐れがあるとし、懸念を表明した。

新型コロナゲノミクスの英コンソーシアムのディレクター、シャロン・ピーコック氏はBBCに対し、ロンドン近郊ケントで確認された感染力の強い変異株について、ワクチンがこれまでのところ効果を発揮しているものの、「再び突然変異を始めており、ワクチンの効果を脅かす恐れがある」と警鐘を鳴らした。英政府の科学諮問委員会は9日、国内で新たに2種類の新型コロナ変異株が確認され、うち1種類は南ア型とブラジル型に類似しており、「懸念される」と発表した。

ジョンソン首相は10日、ウイルスの突然変異に合わせ繰り返しワクチン接種が必要になるだろうと述べた。ピーコック氏はこの変異株がいずれ「世界を席巻する」公算が大きく、新型コロナとの闘いが「今後10年ほど続くと想定する」と語った。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-britain-idJPKBN2AB200

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

どちらさん⁇ (@guest_57134)
2021年2月13日 3:41 PM

遺伝科学者や分子遺伝学者というカテゴリーの研究者は、往々にしてDNAの塩基配列を対象にしていることが多い。ウイルス感染の場合、変異した塩基が、特定のタンパク質のアミノ酸変異を通して初めて感染力などに影響を及ぼすものです。塩基配列に変異が入っても、アミノ酸の変異に結びつかない変異や、仮にアミノ酸変異に至ってもタンパク質の機能に対し全く影響しない範囲もあります。
 『変異‼︎』『変異‼︎大変だ〜』の大合唱をする前にどのタンパク質の何番目のアミノ酸にどのような変異が入ったのか、これまでの知見からそのタンパク質の変異を通じて、どのような影響が推測されるのか、具体的かつ科学的な情報発信をしてからないと、単なる「デマゴーグ」です。具体的な塩基の変異が分かっているなら、変異の先のタンパク質の特定やアミノ酸レベルでの変異の有無はすぐに分かるはずです。多分、高校生レベルの理科の知識があったら分かるはずです。
 そろそろ付和雷同して空騒ぎするのをやめませんか?