ゴーン逃亡幇助の元グリーンベレー親子、連邦最高裁に異議申し立て 日本への身柄引渡しは「拷問に相当する不当な扱い」

ゴーン逃亡幇助の元グリーンベレー親子、連邦最高裁に異議申し立て 日本への身柄引渡しは「拷問に相当する不当な扱い」

記事要約:何を言ってるんだ。犯罪者のゴーンを金をもらって逃がした罪で捕まってるのだから、当然,日本で裁くに決まっているだろう?それを連邦最高裁に異議を申して、日本への身柄引き渡しは「拷問に相当する不当な扱い」とかよく言えたものだな。

>日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとして拘束された米国人親子2人の弁護側は11日、日本への身柄引き渡し手続きの差し止め請求を棄却したボストン連邦高裁の判断を不服として、連邦最高裁に異議を申し立てた。
弁護側が12日明らかにした。

いきなり、最初から日本に喧嘩を売っているわけだ。金をもらって逃がしたことへの罪の意識はまったくないと。このような親子は日本の刑務所で30年ぐらいでぶちこんでおけ。もちろん、ゴーンもさっさと捕まえて日本に強制送還といったところだが、あそこまで逃げられると日本政府はなかなか手を出せないんだよな。日産はさっさとゴーンの使っている屋敷を差し押さえしろと。

ゴーン逃亡幇助の元グリーンベレー親子、連邦最高裁に異議申し立て 日本への身柄引渡しは「拷問に相当する不当な扱い」

ゴーン被告逃亡 手助け親子、異議を申し立て 連邦最高裁に

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとして拘束された米国人親子2人の弁護側は11日、日本への身柄引き渡し手続きの差し止め請求を棄却したボストン連邦高裁の判断を不服として、連邦最高裁に異議を申し立てた。
弁護側が12日明らかにした。

弁護側は、身柄を日本に引き渡せば、拷問に相当する不当な扱いを受ける恐れがあると主張。保釈中の被告の逃亡は日本では罪に当たらず、親子を罪に問うのは不適切だと訴えた。

親子は、米当局が昨年5月に拘束した陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員、マイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(27)。

https://mainichi.jp/articles/20210213/dde/041/020/021000c

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

しぐなる (@guest_57184)
2021年2月15日 11:10 AM

日本で犯罪を犯したのだから日本の法によって裁かれるのが当たり前。日本人に迷惑をかけておいてアメリカの基準で裁いて欲しいなんて頭わいてるのか?

零戦搭乗員 (@guest_57197)
2021年2月16日 1:34 AM
Reply to  しぐなる

日本の法律では、犯罪者の国外逃亡の手助けは死刑と決まっているので、早く吊るしましょう。吊るした後で「ん?そんな法律あったっけ?」でいいと思う。