ワクチン接種スタート 特殊注射器確保、河野担当相「一滴も無駄にしない」

ワクチン接種スタート 特殊注射器確保、河野担当相「一滴も無駄にしない」

記事要約:日本でもいよいよ始まるファイザーのワクチン接種であるが、どうやら問題となっていた特殊注射器を確保ができるようで、ちゃんと6回接種が出来て破棄しないようにできるようだ。そして、日本の医療ら4万人ほどが先行ワクチン接種を望んでいるらしい。

>新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が17日から開始される。先行接種は安全性確認を目的に同意を得た医師ら約4万人を対象に行われる。加藤勝信官房長官(65)は16日午前の会見で、米ファイザー製ワクチン1瓶当たりの注射回数を当初の6回から5回に減らし、1回分の破棄を認める方針を示した。一方、河野太郎行政改革担当相(58)は同日夕の会見で、先行接種は6回分採取できる注射器を確保したことを明かし、ワクチンの“無駄遣い”回避を目指すことを強調した。

加藤氏と河野氏の見解が異なるのだが、ワクチン担当相の方がそうすると述べているわけだから、こちらに期待したいところだな。先行接種分はなんとか確保できるてことだろう。

>先行接種は全国約100の医療機関で実施され、17日には一部機関で、来週中には全ての対象機関で開始される。また、先行接種を行いワクチンに余りが出た場合には「先行接種対象者以外の医療従事者に順次活用していただきたい」とした。2回目の接種は3月10日以降となる。また、高齢者の接種は4月からの開始を見込んでいると明かした。

医療従事者がある程度終われば,次は4月から高齢者の接種が開始予定と。まだ、判断する時期ではないが,後、2ヶ月ぐらいでワクチンを打つか,打たないかを決めるときが来る。一般人は7月以降になりそうだが。

>世界中でワクチン争奪戦が激化する中、12日に日本に届いたファイザー製ワクチンは6万4350瓶。1瓶当たり接種6回分の量が取れる場合、最大約38万回分になる。河野氏は「貴重なワクチンですので、何としてでも6回分取って無駄にしたくない」と強調。先行接種約4万人については6回採取できる特殊な注射器で対応する見通しを示した。その後の医療従事者や高齢者の接種にも「何とか間に合わせたい」と注射器調達を急ぐ考えを示した。

特殊注射器そのものを造るのはそこまで難しくないようなので、後は何かの承認作業を短縮すればいけるのか。少なくとも数ヶ月かかるとか、緊急時にそんなこと述べている場合ではないからな。

>河野氏は接種開始にあたり「いよいよコロナ対策の切り札と言われるワクチン接種が始まる。国民の皆さまには、ベネフィットとリスクを理解していただき、多くの方に接種いただくことを期待したい」と求めた。

接種するかどうかの判断はそのときの状況だ。今、決める必要はない。医療従事者だって先行4万人なんだから。その後の経過を見ていけばいい。ただ、コロナ対策の切り札といえるほどワクチン効果があるのか。管理人はそこまで期待するのはやめたほうがいいとおもう。

ワクチン接種スタート 特殊注射器確保、河野担当相「一滴も無駄にしない」

新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が17日から開始される。先行接種は安全性確認を目的に同意を得た医師ら約4万人を対象に行われる。加藤勝信官房長官(65)は16日午前の会見で、米ファイザー製ワクチン1瓶当たりの注射回数を当初の6回から5回に減らし、1回分の破棄を認める方針を示した。一方、河野太郎行政改革担当相(58)は同日夕の会見で、先行接種は6回分採取できる注射器を確保したことを明かし、ワクチンの“無駄遣い”回避を目指すことを強調した。

河野氏は記者会見で、17日から始まる先行接種は当初計画の約2万人から倍の約4万人の医療従事者に対して行うことを明らかにした。河野氏は「医療機関に手挙げをしていただいたら4万人の方が応じたいとのことだった」と説明。うち約2万人の医療従事者について、継続的な観察日誌の記入を求め、安全性の調査を行うとした。

先行接種は全国約100の医療機関で実施され、17日には一部機関で、来週中には全ての対象機関で開始される。また、先行接種を行いワクチンに余りが出た場合には「先行接種対象者以外の医療従事者に順次活用していただきたい」とした。2回目の接種は3月10日以降となる。また、高齢者の接種は4月からの開始を見込んでいると明かした。

世界中でワクチン争奪戦が激化する中、12日に日本に届いたファイザー製ワクチンは6万4350瓶。1瓶当たり接種6回分の量が取れる場合、最大約38万回分になる。河野氏は「貴重なワクチンですので、何としてでも6回分取って無駄にしたくない」と強調。先行接種約4万人については6回採取できる特殊な注射器で対応する見通しを示した。その後の医療従事者や高齢者の接種にも「何とか間に合わせたい」と注射器調達を急ぐ考えを示した。

到着が待たれる欧州連合(EU)から輸入されるファイザー製ワクチンの第2便については「承認が下りたので、来週には到着する予定だ」と明らかにした。また、先行接種後の全国の医療従事者約370万人分のワクチンについては、今週中に各都道府県への配分数を決定すると報告した。

河野氏は接種開始にあたり「いよいよコロナ対策の切り札と言われるワクチン接種が始まる。国民の皆さまには、ベネフィットとリスクを理解していただき、多くの方に接種いただくことを期待したい」と求めた。

https://hochi.news/articles/20210216-OHT1T50342.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

憂国のおいちゃん (@guest_57234)
2021年2月17日 11:07 AM

>1瓶当たりの注射回数を当初の6回から5回に減らし1回分の破棄を認める

この表現は正しくないね
当初、厚労省は1瓶当たり5回分と想定⇒12月にファイザーから1瓶で6回接種可能と連絡⇒厚労省は1瓶当たり6回接種に変更
注射器のデッドスペースは医療関係者にとっては当たり前のことだったのかも
しかし、破棄するなんてもったいない、限られたリソースは大切に使おう
新型注射器の国の承認を急ぐべきだ

ももちゃん (@guest_57237)
2021年2月17日 4:26 PM

以下のような光景が想像できるんですが・・

韓国人:「その特殊注射器をよこすニダ!」
日本人:「断る。この注射器は日本人用だ。」
日本人:「世界一優秀な民族なんだから、自分たちで注射器を作ればよいだろ?」
日本人:「そもそも韓国が確保したのは、ファイザー社のワクチンではないだろw」
韓国人:「・・・。日本人のくせに生意気だ! 態度が傲慢ニダ!!」
日本人:(無視)
韓国人:「日本人は韓国人を見捨てる気ルカ?(阿鼻叫喚)」
日本人:(無視)
文在寅:「隣人よ、ともに手を取り合おう」
日本人:(無視)
文在寅:「注射器は世界各国平等に配られるべきだ(世界中に発信)」
各国 :「・・・韓国人お断りします。」

Last edited 7 months ago by ももちゃん