法医学的学術論文発表 英研究者ら「中国がコロナウイルスを造った」ーレトロ・エンジニアリング手法で分析

法医学的学術論文発表 アメリカは新型コロナウイルスが武漢研究所から流出した可能性として研究所の研究者3人がコロナに感染していた証拠をあげた。バイデン氏はを再調査を指示した。さらにイギリスの情報当局も武漢研究所から流出した可能性は高いとみていた。

そのとき、管理人は流出した可能性が高まったが、それが人工的に造られたかどうかはまだわかっていない。そう述べたわけだが、ついにそれが出てきた。「中国がコロナウイルスを造った」というイギリスの研究者らの「法医学的学術論文」が近日、発表されるようだ。

つまり、これはかなり「確定的」である。なぜなら、論文の反証は論文でしか出来ないからだ。中国はこの論文に反証するなら、その論文を覆す論文を出さなければいけない。記事によると、レトロ・エンジニアリング手法で分析とかあるが、専門的な内容なので一般人には到底理解できない。

 それでも、要約しようとすれば、英国の日刊紙デイリー・メイル電子版28日の特種報道で、論文を書いたのはロンドンのセント・ジョージ大学で腫瘍学専科のアンガス・ダルグライシュ教授とノルウェーの製薬会社イミュノール社の会長で生物学者でもあるビルゲール・ソレンセン博士の二人という。

 彼らは、ウイルスが人工的に改ざんされた痕跡(フィンガープリント)を発見したという。これは、ワクチン開発している時に見つけたようだ。そして、武漢研究所を疑ったわけだ。彼らは2002年から2019まで同研究所で行われた実験にかかわる研究論文やデータを調査。そして、コロナウイルスを「製造する術」を手にしたらしいことが分かったという。

 この論文の正しさが世界的に証明されれば中国は新型コロナウイルスを製造したあげく、世界中にばらまいたことになる。まさに1京円以上という天文学的な賠償の対象となる。賠償しなければ中国が滅びるまで戦争だ。

 既に1億7000万人が感染している。世界経済にリーマンショックを超える深刻的なダメージを与え続けている。人工的な製造したウイルスで人類の生存さえ脅かされている。もっとも、人工的な製造だろうが、流出だろうが、武漢研究所から発生したものなら中国を潰す以外の選択はない。

新型コロナウイルスの武漢研究所流出説が再燃する中、英国の研究者らがウイルスが中国の同研究所で人工的に変造されたことを法医学的に突き止めたと、近刊の学術誌で論文を発表する。

英国の日刊紙デイリー・メイル電子版28日の特種報道で、近く発行される生物物理学の季刊誌
Quarterly Review of Biophysics Discoveryに掲載される学術論文を事前に入手し「中国がコロナウイルスを造った」と伝えた。

論文の筆者は、ロンドンのセント・ジョージ大学で腫瘍学専科のアンガス・ダルグライシュ教授とノルウェーの製薬会社イミュノール社の会長で生物学者でもあるビルゲール・ソレンセン博士の二人で、研究の発端はイミュノール社で新型コロナウイルスのワクチンを開発するために、ウイルスを調べ始めたところ、ウイルスが人工的に改ざんされた痕跡(フィンガープリント)を発見したことだったという。

そこで二人は、武漢ウイルス研究所を疑って2002年から2019まで同研究所で行われた実験にかかわる研究論文やデータから、その根源を探る「レトロ・エンジニアリング」という手法で分析した。

その結果二人は、中国の研究者が、その中には米国の大学と協調して研究していた者もいたが、コロナウイルスを「製造する術」を手にしたらしいことが分かった。

彼らの研究のほとんどは、米国では禁止されている遺伝子操作で性質の異なるウイルスを作り出すことだった。

二人は、中国の研究者が中国の洞窟で捕らえたコウモリからそのウイルスの「バックボーン」と呼ばれる部分を別のスパイクに接着させ、より致死性が高く感染力の強いウイルスを造ったと考える。

そのウイルスのスパイクからは4種のアミノ酸の列が見つかったが、こうした構造は自然界のウイルスには見られないことで、人工的なウイルスであることを裏付けるものだとソレンセン博士は言う。

コロナウイルスの発生源については、世界保健機関 (WHO)の調査団が中国で調査した結果「コウモリから別の生物を介してヒトに感染した可能性が高い」と報告し、中国のキャンペーンもあって自然界での変異説が有力視されてきた。

しかし、ここへきて武漢ウイルス研究所の研究員3人が2019年秋にコロナと似た症状で入院していたという米情報当局の情報がマスコミに流されたり、英国の情報部もウイルスが武漢研究所から流出したものと判断したと伝えられ「研究所流出原説」が再燃。

バイデン米大統領も26日コロナウイルスの発生源再調査を命じ、90日以内に報告するよう求めた。

そうしたタイミングで出てきた今回の研究論文は、単なる噂話ではなくウイルスを法医学的に分析した学術研究なので説得力があり、今後このウイルス変造が「軍事利用」を目的としていたのかどうかなどの論議に火をつけることになりそうだ。

https://www.fnn.jp/articles/-/189517

■5chの反応

3ニューノーマルの名無しさん2021/06/01(火) 07:23:18.13ID:iOUpxjc60

>>10>>31>>43今年の2月にすでにWHOが現地調査をして何の問題もなかったと報告してるんだが?

→事前に調査するところを中国の報告するような接待ツアーで何がわかるというのか。

12ニューノーマルの名無しさん2021/06/01(火) 07:25:43.48ID:GHw1RNvD0

テドロスも白状しろよ
中国のカネに誘惑されたと

→本当、それ。

33ニューノーマルの名無しさん2021/06/01(火) 07:32:59.37ID:YYXDKLtJ0

>>1
トランプが言い出した時はトンデモ認定していたけど、
バイデンが言い出したら、ノンフィクションのドキュメンタリーになるのか?

→トランプ前大統領は証拠を掴んで述べていただけ。それをまとめる前にアメリカメディアに引きずり下ろされただけでしょう。

51ニューノーマルの名無しさん2021/06/01(火) 07:36:36.35ID:mEcvwK2y0

>>59マスコミ「武漢ウイルスと言うのは差別につながるので使ってはいけません!!」
マスコミ「インド株!!!!イギリス株!!!!!アフリカ株!!!!!!!!!」

→本当、マスゴミだよな。

94ニューノーマルの名無しさん2021/06/01(火) 07:45:21.50ID:OvSj46350

論文が検証されて真実認定されたら、洒落にならんことに

→中国と戦争ですよ。全人類が中国を許すことはないでしょうから。

■管理人の感想

新型コロナが中国の武漢研究所から造られた人工ウイルス。これが論文的に正しいと証明されたら、世界は次なる激動の時代を迎える。それが平和な時代でないことは確かだが、このようなウイルスを造った国を放置など出来るはずがなかろう。全人類が全力をあげて潰さない限りは、平和なんて永遠にやってこない。

■人気ブログランキングとメルマガの購読

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

追求無悔 (@guest_59033)
2021年6月1日 10:44 AM

「隠しても 蠅が見つける 野糞かな」、昔読んだ本にあった川柳だが、武漢コロナは人為的に作られたことを証明したのは蠅のような偶然でも素人でもなく、専門家だったということにある。偏見や憎悪から出た主張ではなく科学的な考察であった。中国は科学的な反論ができるかな。どうせできないだろうから、世界にまた軽蔑の材料を提供するだけだろう。

rom専 (@guest_59037)
2021年6月1日 11:22 PM
Reply to  追求無悔

仰る事、最も。だが中韓の無法者は借金を踏み倒し、指摘すれば逆切れ。で有耶無耶にして絶対責任は取らない。これを見てると誠実一本槍の日本政府は無能にしか見えない。外交で無駄にばら撒いてる金は国民が納めた血税だぞ。外務省、国税で遊んでないで仕事しろ。成果をだせ。世のサラリーマンは皆成果でしか仕事を評価して貰えない。お前らは一度も成果を上げた事が無い癖に給与を貰っている。
仕事しろ、成果をだせ税金泥棒。