新型コロナ イギリスの新規感染者が1週間で6割超増加ースコットランドで激増

新型コロナ 少々、気になるニュースが入ってきた。イギリスはワクチン接種を迅速に進めて感染者を順調に減らしてきたわけだが、ここにきて、イギリスの新規感染者が1週間で6割超増加したという。5月29日までの週に新たに感染した人の推計は約10万人。前週の6万から大幅に増加。特にスコットランドで激増している。

 イギリス政府の統計だと1日辺りの感染者が6278人。あれ、日本よりまだまだ多いじゃないか。それなのにコロナに勝ったとか言い出していたのか。死者数は11人と少ないな。元々、ワクチンの本来の効果は重症化防ぐものだしな。

 だが、コロナの感染者が増えれば死者数が20日のタイムラグで増加する傾向がある。今,少ないからと油断できるものではない。また、WHOがインド変異株=デルタ株とか、訳の分からない名称を付けている。アルファ株、デルタ株とかいわれてもよくわからない。ちなみにブラジルはガンマ株らしい。WHOいい加減にしろ。わかりにくすぎるだろう。

イギリスの国家統計局(ONS)は4日、新型コロナウイルスの新規感染者が前週に比べて3分の2ほど増加していると発表した。

5月29日までの週に新たに感染した人の推計は約10万人と、前週の6万人から大きく増加。これは、全人口の660人に1人が感染した計算になる。

一方、政府が発表している最新統計では、1日当たりの感染者は6278人となった。また、現在入院している人は954人、死者は11人に上った。

感染者についてはONSの示した増加と一致しているが、死者数と入院患者数は先週よりもやや減っているという。

イギリスでは、インドで特定された変異株(世界保健機関による名称は「デルタ株」)の流行地域で検査を拡大しており、これが政府データの感染増加を実際よりも大きく見せている可能性があるという。

しかしONSのデータは検査を受ける人の数に左右されないため、純粋な増加を示している。それによると、イングランドとウェールズでは検査で陽性となった人が1週間でほぼ2倍に増えた。

一方、スコットランドと北アイルランドの状況は明確ではないが、スコットランドではこのところ、感染者数が劇的に増えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1706b16b75e22492b1022a7a7c9ac68d04e64d0c

■管理人の感想

今回はヤフーニュースからであるが、元の記事はBBCだ。スコットランドで感染者が劇的に増えているというのも気になる。

ただ、ポール・ハンター医学教授は「今分かっていることから言えるのは、ワクチンを1回、できれば2回接種することで、アルファ株にもデルタ株にも感染しにくくなること、もし感染しても入院する可能性は低くなるということだ」

このようにワクチン有効とのこと。なら、なんで増えてるんだよ。しかも、先週から6割増だぞ。まあ、様子見ではあるが、嫌な予感はしないでもない。

■人気ブログランキングとメルマガの購読

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る