インド変異株 イギリスで拡大ー約80%がワクチン1回接種してるのに1日1万人以上の感染者

インド変異株 日本でも新型コロナのワクチン接種が急ピッチで進んでいるのだが、気になるのはイギリスの状況だ。イギリスでは既に80%の国民がワクチンを1回接種しているようだが、それでも、ここ最近の感染者が1日1万人以上と増加している。

 これはイギリスにインド変異株が流行しているためで、ワクチン効果が減少しているのか。ただ、ワクチン接種に感染者を減らす効果は本来ない。元々、重症化を防ぐためのものだった。それで、死者数は17日で19人とかなり減っている。

 でも、死者数が減ろうが、コロナに感染するなら、結局、マスクは外せないことになる。なのに、ロンドンでは屋外でマスクをする人の数は大幅に減り、繁華街や飲食店はにぎわっているようだ。英国人のマスク嫌いもたいしたものな。

 イギリスにはここから二通りの道がある。一つはワクチンを打って死者が減ればいいと規制は全て解除。もう一つは再びロックダウンを延長すること。実際、イギリスは後者を選んだ。死者が減っても、コロナの影響力はなくならないてことだ。

 そして、死者が減れば良かったように思えるが、かえってコロナを危険視する度合いが減って、コロナには有利になるという。ワクチン接種すれば元の生活に戻れるという「幻想」を人類が捨てない限りは同じ轍を踏みそうだな。

英政府は17日、新型コロナウイルスによる国内の1日当たりの新規感染者数が1万1007人だったと発表した。1万人を超えたのは2月下旬以来。英国の新規感染者数は5月上旬に2000人程度にまで減ったが、インド由来の変異株の感染拡大により感染者が再び増加していた。

 17日の死者数は19人だった。新規感染者数は増加する一方、死者数は6月1日にゼロを記録。以後も1桁台の日がたびたびあるなど、低い状態で推移している。

 英国ではワクチン接種が進んでおり、16日段階で成人の約80%が1回接種を受け、約58%が2回の接種を完了している。ワクチンはインド由来の変異株に対しても、重症化を防ぐ効果が高いと指摘されている。

 感染拡大に伴い、英政府は14日、人口が集中するイングランドで21日に予定していた社会規制の全面解除を7月19日に延期すると発表した。

 ただ、規制はすでにかなりの部分が緩和されており、人々は日常生活を取り戻しつつある。ロンドンでは屋外でマスクをする人の数は大幅に減り、繁華街や飲食店はにぎわっている。【ロンドン服部正法】

https://mainichi.jp/articles/20210618/k00/00m/030/034000c

■5chの反応

6ニューノーマルの名無しさん2021/06/18(金) 17:05:59.87ID:65gfYed10

インド株うんぬんじゃなくて、単純にロックダウン解除して
街で食べ飲みしてるからじゃね?
動画みたけど、狭いテーブルに集まってマスクもせずにしゃべってたもん。

→みたいですね。

15ニューノーマルの名無しさん2021/06/18(金) 17:09:39.25ID:1BLhq3XR0

約80%が1回接種を受け、約58%が2回の接種を完了

してて再拡大なら、人類はデルタ株でアウトやんけ。
重症化を防ぐ効果が高い、ってなんの慰めにもなってないぞ。
効かない。

→元々、ワクチンは重症化を防ぐもの。死者が減っているならそれでいいはずなんですが。

26ニューノーマルの名無しさん2021/06/18(金) 17:13:03.04ID:ppKtlrAv0

死者の数がこれから増えていかなければ良いんだが。

→感染者が増えて20日後に死者の数も増え始める。つまり、7月以降ですね。

45ニューノーマルの名無しさん2021/06/18(金) 17:16:37.67ID:0ZJ/xyO70

マスクもワクチンも感染・重症化を軽減させるものだよね
してりゃ安心安全なんてことはないんだから
基本的な感染対策をやっぱりしっかりしないといけないんだね
マスク・手洗い・うがいは重要なのね

→でも、それをしない流れなんですよね。

69ニューノーマルの名無しさん2021/06/18(金) 17:22:33.07ID:O4POiOHT0

感染者増え過ぎてまた変異しなきゃいいけど

→それが一番怖い。

■管理人の感想

結局、ロックダウンを解除したり、規制を緩めれば感染者が増える。ワクチン打ったから、すぐ終息にはならない。それが現状のようだ。しかも、ウイルスが弱い時期でこれだと冬はどうなるのか。

■人気ブログランキングとメルマガの購読

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る