ブラジル 新型コロナの死者50万人超えーゴンザロ・ベシーナ氏「80万人に達する」と警告

ブラジル ワクチン接種が進んでいるイギリスですら、毎日、1万人ほど感染者が出ているわけだが、どうやらブラジルではワクチン接種が完了したのは人口の11%。しかも、南半球の冬到来と変異株の流行を受けて死者は50万人を超えたようだ。国家衛生監督庁(ANVISA)の元長官、ゴンザロ・ベシーナ氏は「80万人に達する」と警告。

 コロナは季節性の性質を持つので、南半球のブラジルは秋から冬に近づいている。つまり、インド株がもっとも猛威を振るう環境が整っている。週平均の死者が1日2000人。ワクチン接種が進んだとしても、この冬だけでどれぐらいの人々がなくなるのか。最悪な結果になりそうだ。

 それで、累計の死者数は50万0800人、感染者数は1788万3750人。ここから更に30万人の増加するという警告。インド株はどこまで凶悪なんだ。しかも、ブラジルはワクチンを打っても、中国製だろう?大丈夫なのか。アストラゼネカのワクチンをなんとか仕入れようとはしているようだが、そんなに一気には供給されないだろう。

 しかも、サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)では、17日までに各国代表やスタッフ計65人の感染が判明している。ブラジルの大統領はこんな状況でサッカーの大会を開いているという。

 また、タイでは中国シノバックを506万回接種して、接種後に68人が死亡している。それでも、購入希望者が殺到しているという。どのワクチンにもそれなりのリスクがつきまとう。

ブラジルの新型コロナウイルス感染症による死者が19日に50万人を突破した。死者数は米国に次ぐ世界2位で、専門家はさらなる悪化を警戒している。

ブラジルでコロナワクチンの接種が完了したのは人口の11%。南半球の冬到来と変異株の流行を受け、ワクチン接種で新規感染の勢いが衰えても死者数の増加は続くと予想されている。

保健省の19日の発表によると、累計の死者数は50万0800人、感染者数は1788万3750人。過去1週間の死者数は1日平均で2000人。

国家衛生監督庁(ANVISA)の元長官、ゴンザロ・ベシーナ氏は、ワクチン接種の効果が確認されるまで死者は70万人、80万人に達すると警告。インド株の流行に警戒感を示した。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-brazil-idJPKCN2DW08E

■5chの反応

7ニューノーマルの名無しさん2021/06/20(日) 21:49:21.25ID:JbOwV+Qu0

君は生き延びることができるか

→きびしい状況でしょうね。

8ニューノーマルの名無しさん2021/06/20(日) 21:51:19.78ID:PCq4HNsy0>>12

まあブラジルもシノバックから脱却する為に、アストラゼネカの購入に力を入れたりライセンス生産までこぎ着けたからな

→それでも、どう考えても冬の間は間に合わない。

9ニューノーマルの名無しさん2021/06/20(日) 21:55:14.67ID:b7D7ggI40

最後までノーガード貫けよ

→さすがにあの大統領は首にした方がいい。

12ニューノーマルの名無しさん2021/06/20(日) 22:04:23.83ID:QY85PMfB0

>>8
AZは血栓の危険性があってヤバイやつやん。

→信頼性はファイザーやモデルナよりも落ちますけど、中華製よりはましでしょう。

■管理人の感想

ブラジルの現状は冬にどうなるかの参考になるわけだが、これを見る限りではワクチン接種も間に合わないと、日本も似たようなことになる。しかも、東京五輪で世界中の関係者を集めるからな。

■人気ブログランキングとメルマガの購読

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_59243)
2021年6月20日 11:43 PM

ワクチンの接種は身体の小さい日本人に対しても比較的大柄な欧米人と同量の分量を打っているそうだ。で、14歳だか15歳のいわゆる子供に対する接種に疑念と心配が付きまとい自治体によっては反対論が沸き起こる。さて、さて、困ったな。ウチの娘は14歳で身長152センチ。人によってはもっと小柄な成人女性もいるからなぁ。嫁の会社から家族を含めた集団接種の案内が来た。オレは糖尿病という基礎疾患があるのだが、小田原市は対応が遅く、そんなの関係ないらしく65歳以下の接種券を待たなくてはいけないらしい。小田原市で順番待ちならファイザーで早目の接種を希望するなら東京の大手町の大規模接種会場でモデルナのワクチンなんだと。オレと嫁は打つとして娘が問題なのだ。未成年へのそれも15歳以下の接種結果の情報がない。アメリカは、野球場への入場をフルに許可されたらしい。流石だな。にほんは役人が省庁が本当に壁というか既得権益の弊害でスピードが遅い。民間の努力を国が邪魔しているとしかおもえない。

ろっしゃん (@guest_59263)
2021年6月22日 1:30 PM

日本は良くも悪くも法治国家ですから国(厚労省)が仕組みを作れば動きは早いです。

厚労省は複数の書案を必ず作っています。国が指針を示せば対応が早いのは当たり前です。エイズやB型肝炎の悪夢があるから厚労省は責任を回避し続けます。

娘さんのご年齢だと接種は考えどころですね。親が決めるのか本人の判断に任せるのか。私は結婚しておらず70歳の母親を養っています。糖尿病のために接種は見送りました。私はファイザーかモデルナなら打つ予定です。
長文失礼致しました。