ワクチン接種 3回接種イスラエルで感染爆発、4回目は改良ワクチン ザルカ「定期的なブースター接種がニューノーマル」

ワクチン接種 管理人の予想通りの展開になってきていて、あまり笑えないがイスラエルが行っているブースター接種。つまり、3回目の接種でも感染爆発が止まらないようだ。記事を読むと未接種がどうとかのせいにしているが、どう見ても違うだろう。いい加減、ワクチン接種者が感染を拡大させる事実を認めろよ。未接種者がー、子供ガー、とか根拠もないことを言い出して、次は4回目に改良ワクチン打つ。

アホとしか言い様がない。国民をワクチン漬けにしてどうするつもりなのだ。3回目の接種で感染者が急増している時点で、そのブースター接種は何の意味もないてことだ。それで、 9月14日には新たな感染者数が1万730人、直近7日間の平均は1万1027人。全然、変化ないじゃないか。3回目の接種しても1万人近く増えていたて、これで学生フェスや巡礼で密集が原因とか言い出す。

最近、世の中の報道はこんなのばかりである。で、未接種者がどれだけ感染したのか。 イスラエル政府のコロナ対策の最高責任者サルマン・ザルカ氏は、9月13日の新規感染者1万556人の半数は未成年者だという。なら、もう半分は「ワクチン接種者」だよな?これ書き方おかしいだろう。半数が接種者だと書くべきである。 いかにも未接種者が悪いような書き方、印象操作である。

彼は 「ウイルスが存在し、今後も存在し続ける以上、4回目の接種にも備える必要がある」と語った。つまり、これから4回目どころか、定期的に接種すると。イスラエルの国民は壮大な製薬会社の実験に付き合わされるわけだ。しかも、WHOですらブースター接種については懐疑的なのにな。

いい加減、ワクチン接種しても元の生活に戻れない。自己防衛するしかないことを国民に伝えろよ。

新型コロナウイルスのワクチン接種で世界の先陣を切ったイスラエルは、ワクチンの効果を持続させるブースター接種(3回目の接種)にもいち早く着手した。それにもかかわらず今、感染者が急増している。

9月14日には新たな感染者数が1万730人、直近7日間の平均は1万1027人だ。

「これまでの波では存在しなかった記録だ」イスラエル保健省の新型コロナ対策を率いるナフマン・アッシュは9月14日に議会の委員会にオンラインでそう語ったと、地元メディアが伝えた。

今年6月には1日の感染者数を10数人前後まで抑え込めていたが、今は過去のピークを上回る第4波の真っ只中にある。

「1週間前には明らかな減少傾向が見られたが、ここに来て下げ止まり、Rの数字が(再び)1を上回った」と、アッシュは警告した。Rとは1人の感染者が何人に感染させるかを示す実効再生産数(Rt)のこと。1を下回れば感染は収束に向かうが、上回れば拡大を続ける。「今後より顕著に減少すると思いたいが、現時点ではその兆しは見えない」

<学生フェスや巡礼で密集>

イスラエル政府のコロナ対策の最高責任者サルマン・ザルカによると、9月13日の新規感染者1万556人の半数は未成年者だ。

ザルカによれば、保健省は政府に対し、大規模な集会を規制し、サッカーの試合など大観衆が集まるイベントを禁止するよう要請してきた。だが当局の警告にもかかわらず、9月初めには港湾都市エイラートで恒例の学生フェスが実施され、全土から集まった若者たちがどんちゃん騒ぎを繰り広げた。高名なラビ(ユダヤ教の聖職者)の墓があるウクライナ中部のウマニへの巡礼も、昨年は見送られたが今年は再開され、ワクチン接種を拒む超正統派のユダヤ教徒が大挙して参加した。

今後もこうした大規模イベントが次々に実施されると見られる。

今月に入りザルカは4回目のワクチン接種に向けて準備を進める考えを示した。

「ウイルスが存在し、今後も存在し続ける以上、4回目の接種にも備える必要がある」と、ザルカは9月4日、公共ラジオの取材に応えて語ったが、実施時期は明らかにしなかった。

ザルカによれば、4回目の接種では、感染力が強いデルタ株など新たな変異株に対応した改変型のワクチンを使う予定だ。今後も新たな変異株が次々に出現し、感染拡大の「波が繰り返される」と見られるため、定期的なブースター接種が「ニューノーマルになる」と、ザルカは予告する。イスラエル保健省は、今の第4波を乗り越えても、第5波は必ず起きるとの前提で準備を進めているという。

イスラエルは昨年12月に他国に先駆けてワクチン接種を開始し、今年3月初めには国民の半数以上が2回目の接種を済ませていた。

その後保健当局は、新たなデータで時間の経過と共にワクチンの効果が低下することがわかったと発表。7月末には高齢者を対象にいち早くブースター接種を開始した。

当初は、重症化のリスクが高い60歳以上を対象に、ファイザー製ワクチンの3回目接種を行なっていたが、8月には対象年齢が40歳以上に拡大された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/289c3c04d107ee84e19d28b2eddf75bd76c6e2e5?page=2

■5chの反応

2ニューノーマルの名無しさん2021/09/17(金) 04:30:34.83ID:JcbmuXdO0>>46>>69

日本も後追いします

→やめてくれ。

7ニューノーマルの名無しさん2021/09/17(金) 04:33:52.82ID:ouGDy2Iu0

1回目でもキツかったけど、3回、4回?!
コリャこれから何十年もこんな時代が続くんやろか…

→うーん。管理人は何度もワクチン打つことは色々な意味で危険だと思うぞ。

16ニューノーマルの名無しさん2021/09/17(金) 04:36:42.08ID:/c+mqisO0

結局ブースターはあまり効果がないってことだよね

→それを認めたくないから未接種者、フェスがどうとか言い出すんだぞ。

100ニューノーマルの名無しさん2021/09/17(金) 04:58:42.57ID:epuWU8oz0

キューバでは2歳から接種開始

日本も十代以下の感染増えてきた
接種年齢引き下げあるな

→やめておけ。若者は副反応が起きる可能性が高い。コロナに感染しても重症化もほとんどしない。なら、自己防衛していればいい。なろう作者がいきなりワクチン打って死んだツィートを見かけたが、怖いものだぞ。

140ニューノーマルの名無しさん2021/09/17(金) 05:08:54.14ID:XZiazcdF

0>>418>>640>>69
自粛、マスクを続けてるのにワクチン接種で何を期待してるん?
ワクチン無しでそれを続けてるのと何が違うん?

→結局、ワクチン接種しても、しなくても、その生活は変わらないからな。ワクチン接種しても感染する。重症化もする。しかも、半年で効果半減だとイスラエルが教えてくれた。シンガポールなんて8割接種しても感染者が急増。もう、ワクチンに希望的観測を抱くことは難しい。それを理解しない日本政府は未だにワクチンパスポートがどうとか述べているという。

■管理人の感想

イスラエルは3回目の接種しても、事態は何も変わらない。なのに、4回目は改良ワクチンを打つとか言い出す。永遠にそれを毎年繰り返すつもりなのか。そんなことより、治療薬開発を待てばいいんじゃないか。

■人気ブログランキングとメルマガの購読

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_60310)
2021年9月17日 8:31 AM

自分に当てはめて考えてみた。オレは二回目のワクチン接種感染おえて2ヶ月程になる。妻も同じで娘は一週間ずれて終わっている。最初の接種前の心境は副反応や死亡例にたいする警戒と心配で一杯だった。接種後妻と娘は腕の痛みと発熱があったが、それも世間で云われていた一般的な症状だったから、一安心と云ったところか。日が経つにつれてオレには妙な安心感が生まれてきた。つまり「オレはワクチン接種したから安心だ。重症化はしないぞ。」なのだ。もともとマスクは嫌いだ。それまで買い物時などマスクをしていたのだが忘れる始末で娘からレッドカードを突きつけられてしまうのだ。気の緩みが生まれているのだ。これが社会全体に広まればどうなるか、、。オレが思うに感染爆発の原因はワクチンそのものにあるのではなく、ワクチン接種したことで生まれる安心感と気の緩みがコロナウィルスを蔓延させているとおもうのだ。気の緩みとワクチン接種のイタチごっこなのだ。ワクチンはあくまでも重症化を防ぐもの。コロナに罹患しない訳ではないということを肝に命じて過ごそうと思う。

たろうちゃん (@guest_60311)
2021年9月17日 9:54 AM

間違えた。二回目のワクチン接種感染でなくて、二回目のワクチン接種終えてです。最近打ち間違えが多いな。老眼のせいかね?

ひまじん (@guest_60320)
2021年9月18日 1:27 PM

この記事は、拙速だろう。イスラエルの接種率は、2回接種が80%、1回接種が90%。12歳以上の人口比を8割として計算し直すと、全人口比で2回接種が64%、1回接種が72%となる。イスラエルの100人あたりの接種回数は9月17日時点で161回。よって3回接種した人は、161-64-72=25となり、25%である。8月から接種し始めたので、この値は妥当だ。25%ぐらいの接種率で効く効かないを議論するのは早すぎる。また、ワクチンは感染を抑制する効果よりも重篤化を回避することを目的としている。日本での感染者数は、第4波ピーク5/16週42989人に対し、死者ピークは5/23週794人。第5波ピーク8/22週157476人に対し、死者ピーク9/12週445人。致死率で比較すると、第4波1.84%に対し、第5波0.28%と大きく下がっている。ワクチンの効果が重篤化を抑制していることがわかる。これまで、人類に限らず、他の生物も含めて、未知なウィルスに対し免疫を獲得することによって種の存続をはかってきた。新型コロナウィルスに関しても例外ではない。ちなみに、1918年に流行したスペイン風邪は、収束に数年かかった。当時は、対策という対策は取れなかったので、当時の人口の25%~30%程度が罹患したと言われている。新型コロナウィルスも収束するのに数年以上かかるのではないだろうか?感染ピークを抑えている分だけ、免疫獲得には時間がかかると思う。この間、大切なのは、いかに重篤化しないで免疫を獲得していくかということだと思う。とはいえ、自分は、小心者なので、出来るだけ出歩かないし、手洗い、うがいを励行し、そして、歯磨きも食事後、毎回している始末だ。

たろうちゃん (@guest_60325)
2021年9月18日 6:10 PM
Reply to  ひまじん

自己防衛として、やれることをやる。これが一番根気がいるけど簡単でカネがかからない。みんなで頑張ろうじゃないか!取り敢えず、緊急事態宣言があけるまであと10日程!