韓国経済、韓国サッカーのDNAは「日本にだけは負けてはいけない」という朝鮮民衆の恨(ハン)で作られている

韓国経済、韓国サッカーのDNAは「日本にだけは負けてはいけない」という朝鮮民衆の恨(ハン)で作られている

記事要約:韓国サッカーのDNA「日本にだけは負けてはいけない」という朝鮮民族の恨(ハン)で作られているそうだ。なんていうか、既に負けているような。この前のカウントは勝手になしになっているのか。しかも、恨みってなんだ。スポーツだぞ。なんでスポーツに恨みを持ち込むんだ?そろそろ、鬱陶しいので韓国は国際試合に参加しないで欲しいのだが。韓国人はいつになったら、スポーツに政治を持ち込むなというルールを理解するのだ。

日本を運命のライバルとか気持ち悪いのでやめてもらえないか?いい加減に勝手にライバル視されるのも鬱陶しいのだが。日本は韓国とはあらゆるスポーツの試合をしたくないというのに。日本人の大部分は日韓戦の試合なんてどうでもいいのになあ。この記事を読んで久しぶりに寒気がした。本当、日本に関わらないで欲しいのだが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国サッカーのDNAは「日本にだけは負けてはいけない」という朝鮮民衆の恨(ハン)で作られている

‘韓日戦’の過去と現在、そして未来
[チェ・ドンホのスポーツ人文]サッカー界最高ライバル、韓国と日本
チェ・ドンホ スポーツ評論家

2016.02.02 13:27:00

時々楽しい想像をする。2028年ワールドカップ決勝戦で韓国と日本が出会う。もちろん優勝は韓国だ。 主審のホイッスルが鳴って90分間の激戦が終わる瞬間、日本選手たちは韓国選手に心からの祝福の握手を差し出す。 韓国選手も日本選手たちの肩を叩いて慰める。

記者会見場で韓国監督はこのように話す。「韓国サッカーは日本がいて幸せだ。私たちはライバルだ。」

韓国と日本サッカーはライバルだ。‘宿敵’という殺伐な表現も簡単に登場する。(中略)

10年前の話であっても20年前の話であっても私たちは簡単に追憶して感動する。
アジアサッカー連盟U23チャンピオンシップ決勝戦で韓国と日本は再び出会った。

常にそうだったように、今回の決勝戦も数々のわだかまりが積み上げられた舞台であった。 オリンピックチーム同士の対決だけ見ても、日本は2012年ロンドンオリンピック3~4位戦で 韓国に敗れた。2014仁川(インチョン)アジア競技大会8強戦でもひざまずいた。

日本としてはロンドンオリンピックの恨みを晴らす舞台であった。手倉森日本 オリンピックチーム監督は「どうせ最後は韓国だと考えた」と話した。韓国と日本は アジアの頂上に立っても、お互いを倒して登頂してこそ真のアジア最高だと自負できる
熱い歴史を有しているのだ。

韓日戦の背景はもちろん韓日両国の歴史だ。日帝強制占領期間に最高のサッカーチームだった 朝鮮サッカーチームが1935年に全日本サッカー選手権大会で優勝したとき、選手たちも泣いたし 在日朝鮮人も泣いた。抱き合って泣き、悲しみの涙を流しながらサッカーをし、サッカーを見たのでは ないか。日帝強制占領期間のサッカーは朝鮮の自慢であり、怨念の解消でもあった。韓国サッカーの DNAは日本にだけは負けてはいけないという朝鮮民衆の恨(ハン)で作られたものだ。

サッカーはナショナリズムと民族性をよく表わしている。ヨーロッパもアフリカも南米もサッカーはナショナリズムによって育った。解放以後の韓日サッカーの初めての出会いは1954年スイスワールドカップ極東地域予選であった。

日本人は絶対に韓国の領土に入れることはできないというイ・スンマン政府の方針により代表チームはホームアンドアウエーの2試合を全て日本で行った。

出国前、イ・スンマン大統領に会ったイ・ユヒョン監督は「日本に勝つことができなければ選手団全員が玄海灘に身を投げろ」という話をされた。韓日戦が何たるかを表す明確な一言であった。

54年スイスワールドカップ、56年メルボルンオリンピック、62年チリワールドカップと、65年の韓日国交正常化以前にも韓国と日本のサッカーはぶつかった。 どうしようもない運命なのではないか。地理的隣接性は地域予選で両国を避けようにも避けられない運命のライバルに作り上げた。

98年フランスワールドカップ。韓国と日本がアジアを抜け出そうともがいた時であった。最終予選のホーム試合が行われた蚕室(チャムシル)総合運動場には‘Let’s go to France, together’というプラカードが登場した。

韓国と日本はお互いがお互いに勝たなければならない相手だったが、同じ道を歩く同僚だったのだ。 ヨーロッパサッカーに対するコンプレックス。ワールドカップに向けられた熱望。アジア水準を克服するという念願。 お互いが互いにを理解するほかはなかった。‘World Cup Fever’、同病相憐むの立場だったのだ。

2002年ワールドカップ共同開催。ワールドカップまで共同開催した運命のライバルは終わりなく競争する。 オリンピック、ワールドカップ、アジアサッカー連盟チャンピオンズリーグで終わりなくぶつかる。

時には「歴史を忘れた民族に未来はない」という民族感情まで噴出する。サッカー以外のどのスポーツで 韓日間の政治と歴史を含むプラカードが登場するだろうか。だからサッカーはサッカー以上の存在なのだ。 私たちが韓日戦に胸躍らされる理由だ。

(http://www.footballjournal.co.kr/news/articleView.html?idxno=3764)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る