中国 10月に「オーストラリア産石炭」の輸入を再開ー電力難でオーストラリアに泣きつく。輸入が中断されてから11か月ぶり

中国 これが本当なのかはまだわからないが、中国が10月に「オーストラリア産石炭」の輸入を再開していたことがわかった。自分らで勝手に輸入停止しておいて、電力危機になったらオーストラリアに泣きついて売ってもらったことになるが、これは相当、値段はプレミアム価格になってそうだな。その量は279万トンとあるが、中国ってこんなレベルなのか。

やはり、最近の中国は覇権を握れそうなところまできて、反発が強くて焦っているところが見られるな。しかし、これはメンツを重んじる中国にとっては恥ずかしい。オーストラリアがだが、断るといったかどうかは知らないが、これほど国民の生活を逼迫させておいて、中国政府は何の責任も取らないのだろう。韓国の尿素水不足もそうだが、どうしてクズ国家は「責任」という意味を理解しないんだ。

仮に中国がオーストラリアに負けを認めたら、もう、中国の「威信」とやらは消え去った。覇権国家はオーストラリア一国に生命線を握られていたことを認めたわけだからな。終わったな。中国。

深刻な電力難に直面している中国は、発電用石炭をオーストラリアから輸入した。両国間の関係が悪化し輸入が中断されてから11か月ぶりのことである。

香港の日刊紙“明報”は「中国海関総署(税関)によると、中国は先月オーストラリア産の石炭279万トンを輸入した」ときょう(24日)報道した。

オーストラリアから輸入した石炭のほとんどは発電用石炭であるが、77万8000トンは製鉄用原料炭(coking coal)である。

シンガポールの中国語新聞”聯合早報”は「中国が電力難を緩和し自国の石炭供給の格差を解消させるために、最近オーストラリアからの輸入を再開した」と報道した。

中国は、オーストラリアが昨年4月に新型コロナウイルス感染症の発源地に対する国際調査を要求して以降、オーストラリアに対して全方位的な「報復措置」をとってきた。

これにより、石炭をはじめとしてオーストラリア産の牛肉・麦・ワイン・ロブスターなど多様な製品の中国への輸出が制限されてきた。

中国では公式的な輸入禁止措置はなかったが、高率関税賦課・通関遅延などによってオーストラリア産の様々な製品の輸入を事実上阻止したのである。

しかしその後、中国は必要に応じてオーストラリア産製品の輸入を再開した。

中国はことし4月にはオーストラリア産の綿花、6月にはオーストラリア産の銅の輸入を再開した。これらも昨年の11月以降、初めてである。

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1124/10324299.html

■5chの反応

5<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/11/24(水) 14:16:18.72ID:BZFcnaOm

中国が勝てる相手は韓国だけと

→そういうことですね。

19<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/11/24(水) 14:20:02.08ID:h3HHnXyD

この冬越えられないと諦めたかな
春になったらまた停止するかも

→もう、折れた事実は変わらないんだよな。

40<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/11/24(水) 14:23:04.12ID:iCAFMePU>>62

ムン「これで尿素水も入るニダ」

→どうでしょうね。

47<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/11/24(水) 14:24:18.73ID:83krPXZO

やっぱ ここまでの電力難は想定外だったって事か
意外と抜けてるんだなぁ~

→抜けてるより、オーストラリアに屈したと。大国というイメージは瓦解しますね。

58<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/11/24(水) 14:25:54.35ID:PZk4HjQK

ちょっと何言ってるか分からないwww
死ぬほど大事な面子はどこ行ったんだ?

→終わりですよ。中国の威信は消え去った。

■管理人の感想

中国政府の石炭輸入停止による電力危機による国内の大混乱はどう見ても内閣総辞職レベルだが、中国共産党がそんなことするはずがない。独裁国家だからな。国民はヘタレタ王様をあがめないといけないわけだ。だが、世界から中国の威信は一気に消え去った。今後、中国はオーストラリアに何も言えなくなるわけだ。

石炭1つで電力危機になるような国がアメリカを超える国家になれるわけがない。

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

零戦搭乗員 (@guest_60979)
2021年11月24日 5:06 PM

中国の弱点が見えてきましたね。此れで台湾を攻撃したら即、石炭輸出停止。領空侵犯やキンぺーが偉そうな演説ぶったら輸出制限等、改めて中国に勧告したら良い。キンぺーの演説の内容もオーストラリア、アメリカなどに確認、了承を受けること!石炭を溜め込まれることも監視すること。序でに武漢ウイルスの人命、経済の損害を請求したら良い。あ、それから極超音速ミサイル実験でも石炭を売らない!日本の哀れな貧乏下流独居老人にも寄付をしてくれ、キンぺ~。

酔って候 (@guest_60981)
2021年11月25日 4:11 AM

まぁ、形の上では、「オーストラリアが泣きついてきたので恩寵を与えた」となるのでは? オーストラリアには販売価格を高値に設定することで、実利を与えることになりそう。

もっとも、キンペー皇帝は、かつての支那の王朝よりも約束を誠実に守らなさそう。その場合の対抗手段をオーストラリアがどう考えているのか。

日本は古くなった石炭火力発電の更新を続けながら、オーストラリア産の石炭を積極的に購入するのが、自由で開かれたインド太平洋構想にとってプラスになると思うのだけど。

零戦搭乗員 (@guest_60982)
2021年11月25日 7:13 AM
Reply to  酔って候

昔の中国の皇帝は威厳と誇りがあり日本をはじめとした周辺国は畏怖の念で此れを見ていた。大国中国に相応しい度量と余裕もあった。しかし今のキンぺーはどうだ?まるで暴力団の親分でないか?ガツガツしている。金持ち暴力団と言ったところだ。中国の周辺国の内で日本は昔から中国も一目おく存在であった。それは今も変わらないだろう。舐められたらアカン!