インドネシア 日本政府、インドネシアに石炭禁輸の解除要請-萩生田光一経済産業相もインドネシアへ訪問

インドネシア 今日はとっても忙しかった。メルマガや動画作成、記事更新に、用事まで押しつけられて、気がついたら21時過ぎているという。でも、まだ終わってない。とりあえず、インドネシアの石炭禁輸で続報が出てきたので紹介しよう。まず、日本政府がインドネシアに現地の大使館を通じて石炭禁輸の解除を要請した。

さらに、10日~11日に 、萩生田光一経済産業相がインドネシアを訪問し、エネルギー分野の協力などを担当閣僚らと会談する予定で、石炭問題も議論されるという。日本はインドネシアから約13%の輸入しているわけだが、それでも、経済産業大臣が自ら動くということはそれだけ、インドネシアの石炭輸入は重要だということ。

日本の場合は13%なので、 火力用の石炭について一定の在庫を確保できており、短期的な影響は限定的とみられるようだが、今の資源価格高騰に拍車をかける。ただ、インドネシアも石炭が余っているわけでもなく、国内が電力不足になれば本末転倒なので、安定した供給の見通しが立つまでは輸出業者を厳しく監視するだろう。

問題は日本が短期的であっても、中国と韓国もインドネシアに石炭輸入に頼っている。韓国政府は短期的ニダとか楽観論を発表しているが、そんな相手次第で変わることを鵜呑みにできない。中国は電力不足になる恐れがある。しかも、ここでも尿素が絡んでくるからな。

インドネシアのジョコ政権が1日から1カ月間の石炭輸出禁止措置に踏み切った。同国は世界最大の石炭輸出国。禁輸措置は石炭の国際価格や日本の資源調達に影響を与える可能性があり、日本政府は現地大使館を通じて禁輸の解除を求めた。10日~11日には萩生田光一経済産業相がインドネシアを訪問し、エネルギー分野の協力などを担当閣僚らと会談する予定で、石炭問題も議論されそうだ。

禁輸措置はインドネシア国内の石炭火力発電所への供給不足が理由。ジョコ政権は石炭採掘事業者に、一定の生産量を国内向けに販売する義務を課しているが、満たしていない会社があり、供給が需要を下回っているという。

経済産業省によると、現地では事前の協議がなかったなどとして事業者らが反発し禁輸措置の即時撤回を訴えているが、逆に禁輸期間が延長される可能性も含め、ジョコ政権の対応は予断を許さない状況という。

このため、日本政府は在インドネシア日本大使館が4日付の現地のエネルギー・鉱物資源省宛て書簡で「突然の輸出禁止は日本経済と国民生活に深刻な影響を与える」と懸念を伝え、禁輸の解除を求めた。

日本の石炭輸入に関しては、足元でオーストラリアからが約67%と最も多くを占め、インドネシアからは約13%にとどまる。国内電力各社は火力用の石炭について一定の在庫を確保できており、短期的な影響は限定的とみられるが、仮に禁輸期間が長引く事態になれば石炭価格の値上がりなどの悪影響も想定される。

https://www.sankei.com/article/20220109-DH2G32YU6JL47ERZB5G3LMAOT4/

■関連動画

■5chの反応

4ニューノーマルの名無しさん2022/01/09(日) 21:26:58.04ID:ZXk2Rqlf0>>12>>62

13%って…たかが1/8じゃねえか切っちまえよこんな勝手な国

→こういうのがいるから困るんだよな。一極集中してはいけない。分散輸入なんだから、インドネシアを切ったらオーストラリアだけに依存になるだろう。

19ニューノーマルの名無しさん2022/01/09(日) 21:35:02.47ID:N0eVQRv10

夕張復活のチャンス到来

→そうだよな。そろそろ炭鉱も復活させるべきか。

40ニューノーマルの名無しさん2022/01/09(日) 21:43:37.80ID:l4VyhykP0

インドネシアの石炭は国内向けと輸出用は
価格が二倍違う
数量は義務付けているが二倍高い輸出用に
業者はまわしたい

→国内では値段に制限がある。輸出用はそれがない。

70ニューノーマルの名無しさん2022/01/09(日) 21:58:01.12ID:+qY96gnB0>>75

再生可能エネルギー、太陽光発電と風力発電を強化するんだ!

→現実はそれがダメなんだよな。

74ニューノーマルの名無しさん2022/01/09(日) 21:59:37.57ID:tzEYedHb0>>77>>78>>79>

突然の輸出禁止は日本経済と国民生活に深刻な影響を与える

誰が石炭使ってるんだ?

→記事読もうぜ。火力発電所です。

■管理人の感想

日本も掘ればいいというのは、言うのは簡単だが、なくなったものを復活させるにはその展望がいる。夕張市にチャンスかもしれないので、そこは政府は備蓄用に買い取るとかして、石炭を掘るのも1つの手だろう。

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

野次馬 (@guest_61408)
2022年1月10日 8:51 AM

オーストラリアやインドネシアの石炭は賦存量が多く、おまけに採掘能率の高い露天掘りです。
賦存量が少なく、採掘能率の低い構内堀りの日本産石炭は、生産量・生産コストとも、とてもではないが話になりません。
いずれにしても、エネルギー資源の確保は容易な話ではなく、太平洋戦争勃発の一因にもなっているくらいです

間違い (@guest_61409)
2022年1月10日 9:45 AM
Reply to  野次馬

誤 構内堀り
正 坑内堀り

零戦搭乗員 (@guest_61406)
2022年1月10日 7:24 AM

インドネシアはかって新幹線工事で、日本を裏切り、日本が金を掛けて調査したデーターを只で中国に渡して工事を委託した前科がある。寄って日本にだけは例え国内の石炭が無くとも優先して輸出する義務がある。又中国には日本を裏切ってまで良くしてやってるのだから、輸出する義務はない。こう言った最低限の義理は守って欲しいものだ。