【日英同盟復活目前!】日英防衛協定に両首相が署名、イギリス軍を日本に派遣することが可能に

今、日本の安全保障で重要な枠組みは3つだ。1つは日米同盟を主軸にした防衛力の強化。2つ目はNATOやファイブアイズなどの加盟。そして、最後は日英同盟の再復活だ。管理人が最近、提唱するのはこの3つぐらいだ。結局、米中対立でブロック経済になりつつある。その中で、日本が今度こそ、勝つためには強力な味方を得ることだ。それにはアメリカは当然だが、イギリスも重要となる。同じ海洋国家同士でもある。

何年にもわたる交渉は今日の調印で最高潮に達し、防衛と安全保障の協力が急速に加速し、英国と日本が互いの国に軍隊を展開できるようになります。また、インド太平洋の安全保障に対する英国のコミットメントを強化し、両軍がより大規模で複雑な軍事演習と展開を計画し、実行できるようにします。

そして、なんとイギリスと日本で「日英防衛協定」が成立したようだ。これによってイギリス軍を日本に派遣することが可能となった!インド太平洋地域の安全を守るには当然、補給する場所がいるからな。空母派遣しても、補給できなければ運用は難しい。そういったこともあり、イギリスと日本が手を組むことは双方に多大なメリットがある。

ついに我々は教科書の歴史でしか知らない、日英同盟の復活を見ることができるかもしれない。

首相は本日[1月11日水曜日]、ロンドン塔で日本の首相と画期的な防衛協定に署名し、1世紀以上にわたる両国間の最も重要な防衛協定で英国軍を日本に派遣することを可能にします.

何年にもわたる交渉は今日の調印で最高潮に達し、防衛と安全保障の協力が急速に加速し、英国と日本が互いの国に軍隊を展開できるようになります。また、インド太平洋の安全保障に対する英国のコミットメントを強化し、両軍がより大規模で複雑な軍事演習と展開を計画し、実行できるようにします。

英国は、1902 年以来、英国と日本の間の最も重要な防衛条約である日本との相互アクセス協定を結んだ最初のヨーロッパの国となります。

英国と日本は 5 月に RAA の原則に合意し、本日の調印に向けて準備を完了するための作業が進行中です。防衛条約は、今後数週間のうちに日本の国会と英国議会に提出される予定です。

この署名は、英国と日本がイタリアと協力して、新しいグローバル戦闘航空プログラムの下で次世代の戦闘用航空戦闘機を開発してからわずか数週間後に行われます。先月、英国と日本は、サイバー レジリエンス、オンラインの安全性、半導体に関する協力を強化するために、新たな英国と日本のデジタル パートナーシップも立ち上げました。

3 つの協定はすべて、インド太平洋地域の安全と安定を確保するという英国の揺るぎないコミットメントを強化するものであり、英国と日本の友好関係の深さを実証しています。

https://www.gov.uk/government/news/prime-minister-hosts-japanese-pm-and-agrees-historic-defence-agreement
Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ss65 (@guest_62601)
2023年1月12日 8:42 PM

最近だが、憲法9条を守る会が署名を求めに来た、軍事費増にオスプレイがうるさいと、
広告を読んだ、
y基地のはcv22特殊隊員用で非常に危険と書いてある??
あれは、中は側に酸素マスク、後尾に機関砲一個、テロリスト対応だよね、
俺は特殊隊員が近くにいてくれた方が安心だと思う、訓練はバレるとこではやらないし、
空母や軍隊がそうだよね、お互いに行き来した方が国が安全、
集団的自衛権でしょ。。。