韓国経済、【日韓通貨スワップ協定】韓国内で日本に援助求める機運高まる

韓国経済、【日韓通貨スワップ協定】韓国内で日本に援助求める機運高まる

記事要約:今月の下旬に日韓財務会談が開催される予定なのだが、管理人は日韓通貨スワップ協定の再開の行方を気にしている。もちろん、日韓通貨スワップ協定は韓国にしかメリットがないので、韓国側から正式な要請があっても日本は竹島への不法上陸の件を持ち出して断るべきである。そもそも、最近の韓国経済は日本経済とちがって「絶好調」なので、日本の支援なんて必要ないものだ。

ええ?管理人の述べていることが180度違うって?いいや、韓国経済は絶好調だ。これをご覧いただきたい。

SnapCrab_NoName_2016-8-17_15-51-29_No-00

このチャートは1ヶ月間のKOSPIの動きである。見ての通り、8月3日ぐらいから一気にKOSPIが上昇しており、2050という高い数値となっている。今日は若干さがったがそれでも2040である。韓国経済のバロメーターとしてKOSPI2000台は好調を示す証だとは何度も述べてきた。つまり、今の韓国経済はまさに順風満帆である。しかも、韓国の国家格付けは日本より2段階高い,あの中国にも勝っているのだ。なんと、世界のGDPで3位と2位の国より格付けが上である。しかも、今月の貿易黒字は100億ドルを突破である。

こんな順調な韓国経済で日本に支援してもらうなんてあるはずもない。経済が逼迫しているとか、あんなの嘘である。株価というのは半年後の景気を予想していると言われてるわけだが、これなら韓国経済は今年いっぱいは絶好調ということになる。もちろん、KOSPIだけじゃない。ウォンのチャートでも韓国はウォン高、ドル安である。

SnapCrab_NoName_2016-8-17_15-57-29_No-00

これが1ヶ月のウォンチャート。なんと1100以下になっていて、今日は1107ウォンだが1月前と比べてウォン高なのはいうまでもない。つまり、韓国経済が絶好調な理由をまとめると次の3点となる。

1.国家格付けが2段階アップ

2.KOSPIが2000台をキープ

3.貿易黒字100億ドル突破

この3点から韓国経済は絶好調だ。株価も上がるのも無理はない。だから、日韓通貨スワップ協定の再開なんて韓国側が要請するはずないんだよな。下の記事はおそらく数ヶ月ぐらい情報が古いと思われる。まあ、管理人も韓国経済の専門化として述べさせてもらうと、韓国経済は2020年までは持つだろう。それ以上は知らない。

朴槿恵政権はダメだとかいいながら、なぜか、投資家は韓国に期待しているのだ。これで日韓通貨スワップ協定を再開して逆に危機だと思われて株価が下がってしまう。それは管理人は悪手だと思う。

>韓国は来年、大統領選挙が控えている。14年の旅客船セウォル号沈没事件以来、支持率は低迷し続け、経済も回復の兆しがみえない朴政権。日本とのスワッ プ協定を再開させることでウォンの安定化を図り、経済を安定させたいところだ。ウォンの価値が下落すれば、外国人投資家は一気に外貨を引き上げる可能性が 高い。それを避けるために日韓スワップ協定は一定の役割を果たすだろう。

経済の回復の兆しは見えている。先ほど、管理人が解説したとおりだ。ウォンの価値は急上昇している。外国人投資家にいらぬ誤解を与えないために日韓通貨スワップ協定の再開は慎重であるべきだ。韓国なら日本の支援なんて必要ない。上手くやれるだろう。日本は遠くからウォッチしているだけである。

>従来と同じように、スワップは日本にとってあまりメリットがないと考えられるが、ウォン安が進めば韓国から資本が急激に流出し、対韓民間融資債権のデ フォルトが起こる可能性は高い。そうなれば、日本も少なからず被害を受けるだろう。一般国民レベルでは好景気とはいえないまでも、株高など多少は景気回復 の兆しがあるアベノミクスも腰折れとなるのは間違いない。大局的にみれば、韓国経済を助けてあげることは日本にもメリットがあるといえる。

日本の被害はないです。なぜなら、対韓民間融資債権のデ フォルトが起ころうが借金は消えない。韓国が持っている資産を回収するだけのこと。国がデフォルトして借金が消えると思ったら大間違いだな。企業の債権整理とは違うのだ。国が存続する限りはそのような債権は無効にはならない。唯一破棄する手段は戦争行為以外はない。ドイツがベルサイユ条約を破棄したようにな。ああ、でもウォン建て債権は紙くずと化すのでちゃんとドル建てにしておくといい。まさか、ウォン建てで融資債権を受け取っているような外国人はいないとおもうが。

そして、韓国経済を助けても日本にメリットはない。むしろ、デメリットだらけである。これは競争分野が日本の技術をぱくっているから当たり前の話だ。ライバルが消えた方が日本企業が儲かるのは普通のことだ。むしろ、助けて延命させるだけ、低品質、低価格、大量生産で市場を焼き畑のように荒らし回るので困るだけだ。DRAM、液晶テレビ、造船など見ればわかる通り。韓国企業がやったことで日本のメーカーもいくつか潰れているんだよな。韓国企業が消えていく方が、むしろ、弔いにいいんじゃないか?まあ、この記者は勉強不足というところだ。

韓国経済は絶好調だし、日本が助ける理由もない。韓国がデフォルトしたら、日本にとってメリットは大きい。少なくとも消費者はいらぬ韓国産を見なくて済む.それだけでも韓国がデフォルトした方が良いと思うぞ。でも、残念ながら2020年までは持つと予想しているので、後4年ほどは延命するということだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済が危機に瀕している。

韓国が頼みとしていた中国経済は失速が鮮明になり、イギリスの欧州連合(EU)離脱が決定したことから、外貨を中心に資本が海外へ流出する危険が高まっていることが大きな要因だ。

7月19日、韓国銀行と米韓のシンクタンクが開いた会合に出席した米ニューヨーク連邦準備銀行のリンダ・ゴールドバーグ副総裁は、韓国経済について厳し い見解を述べた。同氏の分析によると、金融危機などで投資家のリスク回避志向が強まった際には、韓国から深刻な資本流出が起こる恐れがあるという。

そこで、米韓・日韓通貨交換(スワップ)締結に関心が集まっている。韓国の経済専門家の間では、他国との通貨スワップを増やすべきとの主張が強まっている。

キム・ジョンシク延世大学教授は、「通貨スワップは為替市場に心理的な安定感を与えるため、過去に中断されたものを、また推進するべき」と語り、暗に日 本との通貨スワップ再開を推奨している。一方、ユ・イルホ副首相兼企画財政部長官は「国際協調はするが(2国間通貨スワップは)もう少し考えて決めること になるだろう」と慎重な姿勢を示している。

通貨スワップは、両国政府・中央銀行が緊急時に資金(主にドル)を融通し合うもので、日韓スワップ協定は国際金融市場で流通量の少ない韓国のウォン安定 化を目的に2001年から始まった。本来は、締結した両国の金融市場の安定を目的として、相互に金融協力の強化を行うものだが、日韓スワップ協定は、日本 から韓国への片務的な性質が強かった。つまり、実態は日本から韓国への経済支援だった。

だが、12年に李明博前大統領による竹島上陸を端に発した両国間の関係が悪化したことに伴い、協定延長を取りやめることを検討する動きが双方で加速した。

日本政府は、韓国からの要請があれば協定を延長することもやぶさかではないとの姿勢をたびたび表明したが、韓国側は「日本との協力関係は不要」とする世論の高まりや、反日姿勢を貫く朴槿恵大統領の方針もあり、協定の延長は望まなかった。

韓国銀行の金仲秀総裁(当時)が、「延長が双方にとって利益になるなら延長することができる」との見解を示したが、菅義偉官房長官は「日本側から積極的に延長する必要はない」と述べている。

かくして15年2月16日、日本政府と韓国政府は「日韓スワップ協定を延長せず、予定通り2月23日で終了する」と発表し、13年半続いた日韓スワップ協定は終わりを迎えた。

●韓国経済低迷でスワップ協定再開か

このような経緯で終了した日韓スワップ協定だが、韓国は長引く経済の低迷と資本流出の懸念が高まったことで、日本とのスワップ協定を再開させようとの動きが慌しくなっている。

特に、朴大統領が焦りを見せ始めたようだ。8月27日に開催予定の日韓財務対話で、協定再締結を打診するといわれている。

日韓財務対話は、両国の財務大臣や財務省幹部クラスが出席し、経済や金融問題について定期的に意見を交わす会合で、以前は毎年定期的に開かれていたが、 李前大統領が竹島に上陸して以降、開催は中断していた。しかし、昨年5月に2年半ぶりに再開され、また会合を定期的に開くことになった。

韓国は来年、大統領選挙が控えている。14年の旅客船セウォル号沈没事件以来、支持率は低迷し続け、経済も回復の兆しがみえない朴政権。日本とのスワッ プ協定を再開させることでウォンの安定化を図り、経済を安定させたいところだ。ウォンの価値が下落すれば、外国人投資家は一気に外貨を引き上げる可能性が 高い。それを避けるために日韓スワップ協定は一定の役割を果たすだろう。

従来と同じように、スワップは日本にとってあまりメリットがないと考えられるが、ウォン安が進めば韓国から資本が急激に流出し、対韓民間融資債権のデ フォルトが起こる可能性は高い。そうなれば、日本も少なからず被害を受けるだろう。一般国民レベルでは好景気とはいえないまでも、株高など多少は景気回復 の兆しがあるアベノミクスも腰折れとなるのは間違いない。大局的にみれば、韓国経済を助けてあげることは日本にもメリットがあるといえる。

だが、日本に対して強硬姿勢をとってきた朴政権が、しおらしく頭を下げるとも思えない。どのようにスワップ協定再開の道筋をつけるのか、注目したい。

(文=編集部)

(https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-26293/)))」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

いぬしろ (@guest_2677)
2016年8月17日 10:15 PM

うん、管理人さんのおっしゃる通り絶好調の韓国には「韓日」スワップなんて必要ないですよね(棒)。
「日本ごとき」は相手にせず、宗主国様とアジアの迷主を目指してください。

フィリピンの風 (@guest_2678)
2016年8月17日 10:18 PM

『ダメ!絶対!』 麻薬・殺人・日韓スワップ

やはり、『韓国は日本が助けろ。』といアメリカの無言の圧力をかわす上でも、韓国から日本にスワップを頼みにくい環境を醸成することが絶対必要です。

『頼まれればすぐにでも助けてあげたいのに、頼まれなかったので助けられなかった。』これがベストでしょう。

osa (@guest_2679)
2016年8月17日 11:12 PM

専門化はあんまりじゃないですか?

大石 (@guest_2680)
2016年8月18日 10:10 AM

日本政府は通貨スワップを再開するでしょう。アメリカからの圧力と韓国への民間投資の回収遅れ懸念から韓国経済を保護する方向に舵を切ると思われます。少しは自国の国益を重視し、他国から見れば手ごわい相手だと思わせる政府になってもらいたい。

山太郎 (@guest_2860)
2016年9月12日 10:18 PM

前々回、前回の恩知らず発言が多々ある。
今回はスワップする必要なし。日本中がそう考えている❗