「韓国の国産ヘリ「スリオン」」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、〔韓国軍事〕巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ

韓国経済、〔韓国軍事〕巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ

記事要約:韓国軍が2兆7000億ウォン開発・量産し、「名品国産兵器」として宣伝してきた機動ヘリ「スリオン」が問題だらけで戦力化中断されたそうだ。うん。いつものことだが韓国に問題のない兵器って存在するのかすら疑わしい。これで他国にこのような兵器を輸出しているのだから、不良品を売りつけたとそのうち他国から訴えられるだろう。

>監査院は「スリオンのエンジン・機体・搭載装備などに多くの問題があり、機体内部に水漏れすることが確認された。すでに戦力化された約60機も基本的な飛行の安全性すら確保できないまま運営されている」と指摘した。

監査院が見つける前にこういうのはテストでわかるんじゃないか。なぜ、このような欠陥品が普通に運営されているのか。その辺に大きな癒着が隠されていそうだな。

>特に監査院は「飛行の安全性に直結する結氷(防止)性能が検証されないまま開発が終了し、これは2015年に3回発生した墜落・不時着事故の直接・間接的な原因となった」と説明した。

凄いよな。開発が終了とかあるが、それ色々な問題があるのはわかっているが、とりあえず、時間が来たから完成品にしてしまおうということ。さらにそれが原因で2015年に3回も墜落・不時着事故が発生していると。確か機体に亀裂が入ったとかのやつだな。でも、管理人はレコードチャイナでスリオンは外国製の部品に欠陥が見つかったから運用を中断したとか書いてあった気がする。

何言ってるんだ?管理人。上で「名品国産兵器」とか述べたじゃないか。スリオンに外国製の部品なんて使われているわけないじゃないかと、突っ込みたいかもしれないが、スリオンもいつも通り、組み立てただけなんだよな。しかも、この記事を今、調べたら1年前で、2016年の5月と6月に機体に亀裂が入るなどの問題は相次いでいたようだが、韓国軍は「安全に支障はない」として運用を続行していたようだ。

つまり、これは外国製の部品に欠陥があったから、運用を中断したという苦しい言い訳に過ぎない。その前にもっと酷い状態だったことが今回の記事で判明するわけだ。

>結氷の問題はヘリコプターの安全性に直結するにもかかわらず、防衛事業庁は12年6月「結氷テストは今後海外で実施する」とした上で「戦闘用として適合」との判定を下した。結氷テストは戦力化から3年が経過した昨年1月に米国で実施されたが、不合格となった。

意味がわからない。問題が指摘されてテストは海外で実地するから戦闘用として適合と判定を下す。いや、不具合があるのに戦闘用にして安全なわけないだろう。そして、3年経過してもその結露問題も解決されてないと。結露を防止する技術がそんなに難しいのかは知らないが、3年で無理なら、もう無理だな。なら、普通は改良するとか思うのだが、韓国軍の防衛事業庁は違う。

>問題を改善するためには部品の設計変更など最低でも2年を要するとの結論が出たが、防衛事業庁はこれを無視し、昨年12月に戦力化を再開した。

いや、問題を解決してから戦力化しないとどうせ同じ問題で使い物にならなくなる。そんなの素人でもわかる。なのに昨年12月に戦力化を再開と。うん。どう考えてもおかしい。韓国人は狂っている。

>監査院は結氷問題を解決しないまま戦力化再開の決定を下した防衛事業庁の張明鎮(チャン・ミョンジン)庁長ら関係者3人について、大検察庁(最高検に相当)に捜査を要請した。

そして、最後は刑事事件と。どういう理由で戦力化を再開したんだろうな。役立たずの兵器で韓国なんて守れるわけもないし、何か戦力化しないといけない理由があったのか。それとも兵士の命などどうでもいいのか。前者だろうが、後者だろうが、韓国の防衛事業庁を解体しないとこのままでは韓国軍は朝鮮半島有事が起きても何もできずに壊滅するだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~230回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国軍事〕巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ

韓国軍が「名品国産兵器」と宣伝してきた韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の開発・戦力化の過程が非常にずさんだったことが監査院の監査で明らかになった。スリオンの開発・量産にはこれまでに2兆2700億ウォン(約2700億円)が投じられている。監査院は17日、スリオン事業を総括している防衛事業庁に対し、欠陥を修正するまで戦力化(納品)を中断するよう通告する予定で、これに伴い今後の量産と輸出にも大きな支障が出る見通しだ。

監査院は「スリオンのエンジン・機体・搭載装備などに多くの問題があり、機体内部に水漏れすることが確認された。すでに戦力化された約60機も基本的な飛行の安全性すら確保できないまま運営されている」と指摘した。特に監査院は「飛行の安全性に直結する結氷(防止)性能が検証されないまま開発が終了し、これは2015年に3回発生した墜落・不時着事故の直接・間接的な原因となった」と説明した。

結氷の問題はヘリコプターの安全性に直結するにもかかわらず、防衛事業庁は12年6月「結氷テストは今後海外で実施する」とした上で「戦闘用として適合」との判定を下した。結氷テストは戦力化から3年が経過した昨年1月に米国で実施されたが、不合格となった。問題を改善するためには部品の設計変更など最低でも2年を要するとの結論が出たが、防衛事業庁はこれを無視し、昨年12月に戦力化を再開した。

監査院は結氷問題を解決しないまま戦力化再開の決定を下した防衛事業庁の張明鎮(チャン・ミョンジン)庁長ら関係者3人について、大検察庁(最高検に相当)に捜査を要請した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/16/2017071601722.html?ent_rank_news)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国軍が誇る国産ヘリ「スリオン」、機体にまた亀裂見つかる

韓国経済、韓国軍が誇る国産ヘリ「スリオン」、機体にまた亀裂見つかる

記事要約:韓国軍が誇る国産ヘリ「スリオン」の機体にまた亀裂が見つかったそうだ。どういう運用すればヘリの機体に亀裂が入るのかは知らないが、部品の問題だろうか。だいたい韓国の軍用兵器は不具合が多発しているが、その原因はしっかり判明しているのか。

>韓国防衛事業庁は29日、「5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見された」とし、「運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2~1.5センチの亀裂が発生していたことを確認した」と明らかにした。

目視でわかるような亀裂って相当大きいよな。しかも、8機もか。他の52機もそのうち亀裂が入るんじゃないか。

>韓国航空宇宙産業(KAI)が開発したスリオンは2012年末から軍に配置されているが、これまでに何度も欠陥が明らかになっており、昨年5月にも、エンジンとメーンローターシステムを接続するギアボックスに亀裂が発生し、運航を停止して部品交換を行ったことがある。

全然、ダメだな。根本的な設計に欠陥があるのか。それとも設計図通りに造れてないのか。はたまた、メンテナンスの不備なのか。そのうち大きな事故を起こしそうな気もするな。

>一方、韓国製ヘリとしては、スリオン以外にもKAIが開発する小型武装ヘリコプター(LAH)が2019年に初飛行をする計画になっており、防衛事業庁は国内外市場での販売目標を軍事用・民間用合わせて1000機としている。

小型武装ヘリコプター(LAH)か。何て呼ぶのかはわからないが、これは無駄に1000機も販売するのか。誰が買うんだろう。

>この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「こんな欠陥だらけのヘリ、乗るだけで命懸けだ」「少しずつ改良しながら乗れということ?」「フレームの亀裂って…、根本的に設計が間違っているんじゃないのか」など、度重なる欠陥に多くの批判の声が寄せられた。

管理人と同意見と。確かにそう思うな。

>その一方で、「航空技術は一朝一夕に確保できるものではない」「航空機製作が簡単だったら、世界中でもっと多くの企業が造っているはず」「何でも最初は試行錯誤から始まる」など寛容な意見や、たびたび明らかになる防衛産業不正に言及し「欠陥があるのは当然。これが防衛不正の結果」とする意見も。

確かに航空技術は一朝一夕に確保できるものではない。その通りだ。だから、失敗するのは何も悪くはない。問題はその失敗を次にいかせてないから何度も亀裂が入り、運行停止措置となっているのだろう?技術を蓄積させるのは悪いことではないが、原因を追求しないとまた同じことが起こるだけじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国軍が誇る国産ヘリ「スリオン」、機体にまた亀裂見つかる

2017年6月30日、韓国陸軍が運用している国産ヘリコプター「スリオン」(KUH-1)の一部機体に亀裂が見つかり、20日余り運航が一時停止された。現在は運用を再開しているというが、スリオンの運航停止措置は今回で4度目になる。韓国・ソウル新聞が伝えた。

韓国防衛事業庁は29日、「5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見された」とし、「運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2~1.5センチの亀裂が発生していたことを確認した」と明らかにした。これを受け、陸軍は今月8日にスリオンヘリ全機の運航中止決定を下し調査に入り、27日から亀裂が発生した8機を除いた残りの機体の運航を再開した。

韓国航空宇宙産業(KAI)が開発したスリオンは2012年末から軍に配置されているが、これまでに何度も欠陥が明らかになっており、昨年5月にも、エンジンとメーンローターシステムを接続するギアボックスに亀裂が発生し、運航を停止して部品交換を行ったことがある。

一方、韓国製ヘリとしては、スリオン以外にもKAIが開発する小型武装ヘリコプター(LAH)が2019年に初飛行をする計画になっており、防衛事業庁は国内外市場での販売目標を軍事用・民間用合わせて1000機としている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「こんな欠陥だらけのヘリ、乗るだけで命懸けだ」「少しずつ改良しながら乗れということ?」「フレームの亀裂って…、根本的に設計が間違っているんじゃないのか」など、度重なる欠陥に多くの批判の声が寄せられた。

その一方で、「航空技術は一朝一夕に確保できるものではない」「航空機製作が簡単だったら、世界中でもっと多くの企業が造っているはず」「何でも最初は試行錯誤から始まる」など寛容な意見や、たびたび明らかになる防衛産業不正に言及し「欠陥があるのは当然。これが防衛不正の結果」とする意見も。

また「その名の通り、修理(スリ)してから使えるヘリ『修理ON』」とちゃかすコメントもあった。

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183014)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry