「韓定食」タグアーカイブ

韓国経済、招待状に返信しない韓国人→米国で白い目

韓国経済、招待状に返信しない韓国人→米国で白い目

記事要約:韓国で話題になっているノーショー問題は実に韓国人が約束を守らない民族だということを世界中に知らしめているわけだが、実際のところ、それは飲食店やホテルだけの話ではないようだ。知人での結婚式などでもそうらしい。

招待状に返信しない韓国人とあるが、わざわざ電話して出席確認をして「出席する」としながら、結局、当日はドタキャンするようだ。もちろん、相手に知らせもせずにだ。これが米国で白い目で見られている原因らしいが、むしろ、韓国人と約束を取り付ける時点で間違っているのだ。彼らとは関わらない。結婚式の招待状、そのものを出さない。それでいいのだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、招待状に返信しない韓国人→米国で白い目

先進国では小さなパーティーでも出欠の返事はエチケット米国在住の韓国系、披露宴で「ノーショー」も

韓国系米国人のエイミー・チョンさん(38)は2010年、自身のブログに 「韓国人は『RSVP(招待に対して出欠の返事をすること)』をしない (Koreans don’t RSVP)」という内容の記事を掲載した。

当時チョンさんは白人男性との結婚を1か月後に控えていた。 チョンさんは米国に住む親戚に招待状を送ったが、 出欠を知らせる返信がほとんど来なかったため、 もどかしい気持ちをブログにつづったのだ。

北米や欧州、日本などの先進国では、結婚式やパーティーなどの主催者が発送する招待状には必ず「RSVP」という単語(または出欠の返信を求める文章)が添えられている。これはフランス語の「Repondez s’il vous plait(ご返事ください)」の略で、イベントへの出席の可否をできる限りお知らせくださいという意味だ。実際に先進国では、招待状を受け取ったら必ず出欠を知らせるのがエチケットだ。

チョンさんは本紙の電話インタビューに対し 「初めは、招待されても返事をしないのは東洋・西洋の文化の違いのせい かと思っていたが、そうではなかった」と話した。

チョンさんは招待状の返事が来ないため、 一人一人に電話をかけて結婚式への出欠を訪ねたという。 しかし「出席する」と答えておきながら、 当日に式場に来ない人が10人以上もいた。

チョンさんは「招待状を受け取ったまま出欠を知らせてこないのも問題だが、 『出席する』と言っておいて当日姿を見せないのはもっと問題」 だとして 「米国に住む韓国系の人たちは、このような行動が原因で白い目で見られるケースが多い」
と話した。

3年前に留学でソウルに滞在した米国人のレイモンドさん(42)は 「昨年と今年、外国人の友人たちと演劇の公演をすることになり、 韓国人の知人らに招待状を送った。 来場できるか知らせてくれるよう書き添えたが、 誰も返信を送ってこなかった。 会場の座席数が限られているため、 来場者数をあらかじめ把握したかったのだが、 韓国人はなかなか知らせてくれないので大変だった」 と語った。

韓国に10年間暮らしている日本人女性のイノウエさん(42)も 「日本では結婚式の披露宴に出席する場合、 必ず返事をすることになっている。 招待状に同封されている返信用はがきに住所と氏名を記入して新郎新婦側に返信しなければ、 披露宴に出席することはできない」と話した。

オ・ロラ記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/31/2015123100586.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、不参客:逆切れドタキャン客「予約金を返金しないとあなたの店にはいかないようにと、周囲に触れ回る」

韓国経済、不参客:逆切れドタキャン客「予約金を返金しないとあなたの店にはいかないようにと、周囲に触れ回る」

記事要約:韓国人はとにかく約束を守らない。しかも、約束を守らないから予約金を取り始めた店にたいして「予約金を返金しないとあなたの店にはいかないようにと、周囲に触れ回る」と脅迫する。それどう考えても業務営業妨害だろ。さっさと警察に相談したほうがいい。

とまあ、なんて言うか約束を守らないから予約金をもらい、しかも、返金しないと述べているにも関わらず、予約金を返さないとお前の店の評判落とすぞという。これ、どう考えてもヤクザレベルなんだが。韓国では日常茶飯事なのか。相当、泣き寝入りしている店もありそうだな。だが、そんなキャンペーンをやっても文化は変わらない。なぜなら、韓国人は自己中だからだ。店が予約を無断キャンセルして損失を被るなど知ったことではない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、不参客:逆切れドタキャン客「予約金を返金しないとあなたの店にはいかないようにと、周囲に触れ回る」

ソウル市西大門区延禧洞にある韓定食(韓国の伝統料理)店「ハンシオク」は先月15日「ノーショー(無 断キャンセル)にノー! 予約は約束」キャンペーンに賛同した。全国42万カ所の飲食店が加入する韓国外食業中央会が先月、このキャンペーンを始めてか ら、わずか1カ月で1万店が賛同したことになる。

30年前からソウル市内で飲食店を営んできたというハンシオクの店主ハ ン・ヘジャさん(61)はこの日、店の入り口と内部の壁に「ノーショウにNo!」というステッカーを貼った。ハンさんは「予約の取り消しが毎日1-2件あ り、予約した時間に来店するお客さんも、予約した人数より少ないのが常だ。営業上の損失もあるが、ノーショウの最大の問題点は、お客さんとの信頼関係が壊 れる点だ」と話した。

ハンさんは昨年11月から、10人以上の団体予約に際し、1人当たり5000-1万ウォン(約500-1000円)の予約金を徴収している。だが、それによる客たちからの抗議の声に悩まされている。

先月13日には、「忘年会をやりたい」と言って20万ウォン(約2万500円)の予約金を払い、翌日午前10時から午後3時30分まで20人の部屋を予約 した団体が、夜遅くになって予約の取り消しを通告してきたという。前日に材料を仕入れて仕込みを始め、当日に接客に当たるアルバイトも雇っていた。

ハンさんは予告した通り「予約を取り消した場合、予約金は返金できない」と話したが、予約した客は「予約金を返してくれないなら、あなたの店にはいかない ようにと、周囲に触れ回る」と抗議した。

ハンさんは結局、予約金の徴収をなかったことにし、次回の来店時に20万ウォン分の食事を提供することで妥協する しかなかった。ハンさんは「ひとたび予約したら必ず守るべきであり、来られない場合にはあらかじめ通告するのが当然だと考えられる文化を根付かせる必要が ある」と話した。

オ・ロラ記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/31/2015123100582.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry