韓国経済、〔格好良い!〕 「私は米国の友人だが韓国は米国に『No』という方法を学ぶべきだ」~ムン・ジェイン、米紙にTHAAD拒否の意思表示化か

韓国経済、〔格好良い!〕 「私は米国の友人だが韓国は米国に『No』という方法を学ぶべきだ」~ムン・ジェイン、米紙にTHAAD拒否の意思表示化か

記事要約:韓国の次期大統領選最有力候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏。いや、今のダブルスコアの人気を見ればほぼ確定な気もするが、そのムン・ジェイン氏が管理人を唸らせてくれた。まずは、この格好良い台詞に酔いしれて欲しい。

>ムン・ジェイン「私は米国の友人だが韓国は米国に『No』という方法を学ぶべきだ」

さすがだ。さすがムン・ジェイン氏。朴槿恵前大統領なんてもうお話にならんな。これは管理人を唸らせる歴史的な名言だろう。ということはムン・ジェイン氏が韓国の正式な大統領になれば、THAAD配備の中止も現実的にあり得てくるということか。さらにムン・ジェイン氏は続ける。

>ムン前代表は「私は米国の友人だ。米国との同盟関係は私たちの外交の柱だ」と話した。彼は駐韓米軍のTHAAD配置が本格化したことについて「私はなぜこんなに急がなければならないのか理解できない」として「彼らが(THAAD配置を)選挙に利用できる政治的問題にするため努力していると思う」とした。

表向きには北朝鮮がミサイル発射して米国を挑発したからであるが、実際、ムン・ジェイン氏が選ばれてTHAAD配備の中止にさせるよりも先にTHAAD配備を完了して撤去出来なくする狙いがあると管理人は見ている。でも、トランプ大統領がここまでTHAAD配備を急がせるのだから、それを拒否してしまえば、本当に在韓米軍撤退も現実路線としては出てくるだろう。すでにアメリカは政権交代してもTHAAD配備は揺るがないと述べているわけだしな。

ただ、ムン・ジェイン氏は今はまだ正式な大統領でないので、外交の裏事情を閲覧する権利はないからこそ、鳩山元総理みたいなことを述べているだけに過ぎないと思う。どうして朴槿恵前大統領がTHAAD配備を決定する、反日を封印するなど丸くなった本当の事情を知れば急に日和るんじゃないかと管理人は考えている。

もっとも管理人的にはそのままTHAAD配備を中止にしてくれたほうがいい。韓国はどの時代でも中国なしでは生きていけないのだから、さっさと属国化すればいいのだ。それが正しい歴史のあり方だろう。

>また「私は北朝鮮の無慈悲な独裁政権を嫌悪する」と明らかにした。しかし「北朝鮮核開発を止めるために10年間、米国と韓国の保守政権がしてきた方法は失敗した。より対立的でない方法(something less confrontational)を試みなければならない」と言及、「対北朝鮮対話」方針を示唆した。

歴史から何も学ばない韓国人。そうやって韓国が北朝鮮を甘やかしてきたからこそ、今の北朝鮮の横暴を止められないのだ。北朝鮮問題を解決するには政権打倒しかないのにな。逆に支援するとかさすが北寄りといわれているだけのことはある。

>ムン前代表は「私たちは必ず北朝鮮の人々を韓国の一員に受け入れなければならない。好むと好まざるとにかかわらず、金正恩(キム・ジョンウン)は北朝鮮の統治者であり、対話相手と認識しなければならない」と話した。

韓国人にもう統一の思いなんてものがほとんど存在しないのに北朝鮮の人々を韓国に受け入れる?これは弾劾ネタに今後、なるんじゃないか?ええ。速いって?いやあ、まあ、そうなのだが。実際、朝鮮戦争が休戦したのが1953年7月だ。それからもう64年ほど過ぎている。既に世代交代しているんだよな。今の韓国の若者もその親も北朝鮮に家族や知り合いがいるってことはほとんどないんじゃないか。

>彼は「保守政府が北朝鮮を非難する以外にしたことは何か」として「必要なら制裁措置を強化するべきだがしかし、その措置の目標は必ず北朝鮮を交渉テーブルに連れてくることでなければならない」とした。引き続き「トランプも私と同じ結論に到達することを願う」と言った。

これトランプ大統領を呼び捨てにしているが、本人がそう言ったんだろうか。原文見ないとわからないが、さすがにこれは失礼だ。一国の大統領を呼び捨てにするなんて。そもそも、北朝鮮を交渉テーブルに連れてくるとかより、さっさと金正男氏の息子で新政権を作った方が速い。むしろ、その方向で動いているんじゃないか。金正男氏暗殺事件はわりと今後のターニングポイントになっていると思う。

しかし、この発言で管理人はムン・ジェイン氏に期待せざる得ないな。反日反米。北朝鮮ラブ。中国属国化に邁進。うん。朴槿恵前大統領なんて遙かにしのぐ逸材だった。まあ、ムン・ジェイン氏の意見も韓国経済の破綻を考えれば仕方がないことだ。中国依存しすぎてしまいどうしようもないからな。中国依存しているのは輸出や輸入だけでもなく、短期外債や韓国株、投資といった広範囲にわたる。つまり、完全に首根っこ抑えられているのだ。経済報復が進めば投資も消えていくだろうし、折れるなら速いほうが良い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~212回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

 

韓国経済、〔格好良い!〕 「私は米国の友人だが韓国は米国に『No』という方法を学ぶべきだ」~ムン・ジェイン、米紙にTHAAD拒否の意思表示化か

共に民主党ムン・ジェイン前代表が11日報道された米国有力紙ニューヨークタイムズ(NYT)とのインタビューで韓米安保同盟を尊重するという前提で「韓国は米国に「No」と言うことを習わなければならない」と話し、THAADミサイル配備を拒否する意思と解釈された。

弾劾宣告前日の9日に行われたこのインタビューはNYT特派員の韓国人記者によってソウルで行なわれた。記事は「韓国大統領弾劾で進歩勢力の再執権が可能になった」というタイトルで11日NYTインターネット版に掲載された。

ムン前代表は「私は米国の友人だ。米国との同盟関係は私たちの外交の柱だ」と話した。彼は駐韓米軍のTHAAD配置が本格化したことについて「私はなぜこんなに急がなければならないのか理解できない」として「彼らが(THAAD配置を)選挙に利用できる政治的問題にするため努力していると思う」とした。

また「私は北朝鮮の無慈悲な独裁政権を嫌悪する」と明らかにした。しかし「北朝鮮核開発を止めるために10年間、米国と韓国の保守政権がしてきた方法は失敗した。より対立的でない方法(something less confrontational)を試みなければならない」と言及、「対北朝鮮対話」方針を示唆した。

ムン前代表は「私たちは必ず北朝鮮の人々を韓国の一員に受け入れなければならない。好むと好まざるとにかかわらず、金正恩(キム・ジョンウン)は北朝鮮の統治者であり、対話相手と認識しなければならない」と話した。

彼は「保守政府が北朝鮮を非難する以外にしたことは何か」として「必要なら制裁措置を強化するべきだがしかし、その措置の目標は必ず北朝鮮を交渉テーブルに連れてくることでなければならない」とした。引き続き「トランプも私と同じ結論に到達することを願う」と言った。

クォン・ソンミ記者

ソース:朝鮮日報(韓国語) ムン・ジェイン「私は米国の友人だが韓国は米国に「No」という方法習わなければ」

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/03/11/2017031100708.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る