日本の底力!〔日本の防衛や国益に関する新着記事〕

日本の底力は日本の国益や防衛を特集するサイトです。総PV数8000万を突破!

韓国経済危機特集→https://kankokukeizai.com/

〔お知らせ〕今後のサイトの運営について

[お知らせ]手術をしてきましたー皆様、くれぐれも健康に注意して定期検診を受けてください

【当サイト運営費支援】「ユグドア」でチップ&投げ銭の支援をよろしくお願いします

新着情報(最新コメントはその後)


2024年5月27日
NEW! 韓国【ウォン高円安】「100円=870ウォン」…韓国都市銀行の日本円預金 2カ月間で572億円集まる

2024年5月26日
NEW! 韓国 サムスン電子「エヌビディアのテストに合格せず」 

2024年5月25日
NEW! 韓国 政府債務、増加ペースは非基軸通貨国で2位

2024年5月24日
韓国経済 サムスン 30年超格差守ったメモリー半導体も揺らぐ

2024年5月24日
韓国 「韓国証券市場は先がない」…米国・日本は株価高騰、韓国だけが蚊帳の外

2024年5月23日
韓国 縮む韓国の「最大輸出市場」…対中輸出20%急減

2024年5月22日
韓国造船 中国「造船業全体の競争力」で韓国を抜いて1位

2024年5月21日
韓国 不動産に偏る韓国の企業負債…「秩序ある構造調整持続しなければ」

2024年5月20日
韓国 日本の「50年時間稼ぎ」に…韓国、第7鉱区来年に奪われるか

2024年5月19日
韓国 多額の累積赤字抱える韓国電力、社長が電気料金引き上げを訴え

2024年5月18日
韓国 日本「100年安心年金」、韓国はなぜできないのか

2024年5月17日
韓国 米国、「中国製技術・部品」使用のコネクテッドカーを禁止…「韓国車の大半が該当」

2024年5月16日
韓国 施工会社→建設会社→金融圏、PF発不良債権化の「ドミノ衝撃」

2024年5月15日
韓国CPTPP加入 「供給網など新通政策今月発表… CPTPP加入時点の予測は難しい」

2024年5月14日
韓国 韓国だけ除き…ビッグテック、台湾・日本などアジアに投資相次ぐ[韓国抜けた先端技術地図]

2024年5月13日
韓国 GDP100%超えていた家計負債、3年半ぶり90%台に低下…「まだ前途は遠い」=韓国

2024年5月12日
韓国 文政府脱原発政策に…送電線なし東海発電所4ヶ所オールストップ

2024年5月11日
韓国 これ以上持ちこたえられない自営業者…5大銀行の延滞額37%増=韓国

2024年5月10日
韓国 ツートラック交渉急いで巨野に詰まって… 「サプライチェーンセーフティプレート」CPTPP加入の霧散危機

2024年5月9日
【韓国】日本に後頭部を殴られた 

2024年5月8日
“最強者”トヨタを追い抜く!韓国ヒョンデが新たなハイブリッドカー生産へ=ネットには冷ややかな声

2024年5月7日
韓国 3月の産業生産2.1%減少…投資6.6%減、消費1.6%増-韓国の4月の外貨準備高が大幅減少

2024年5月6日
韓国物価 外食が怖い「家庭の月」、ピザとハンバーガーも次々と値上げ

2024年5月5日
韓国経済 対中輸出増加も対中赤字はむしろ拡大…核心素材依存ジレンマ

2024年5月4日
反日再開【LINE問題】ネイバー「従うかどうかではなく、私たちが決める問題」

2024年5月3日
円安 韓国車は泣いて、日本車は笑って…米国市場で食い違った成績表

2024年5月2日
 韓国 韓国で広がる「反日リスク」のウラで、韓国大統領が「竹島上陸」という“最悪シナリオ”が注目されるワケ

2024年5月1日
韓国 超円安、改善する韓国の輸出に水を差すか…「鉄鋼・化学が負担になりそう」

2024年4月30日
韓国 国内総生産(GDP)は昨年、世界第14位に落ち込んだ メキシコに抜かれる

2024年4月29日
韓国 半導体の未来が恐ろしい…めまいがする「銭の戦争」

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~356回)

■韓国経済コラム〔2023年度版)

サイトの収益化のためにYOUTUBEを始めました。チャンネル登録をよろしくお願いします。

日本の国益を重視するサイト

日本の国益を重視するサイト。日本国旗も他国の国旗と同じように尊重しよう

■最新の読者様のコメント

■当サイトについて

日本の底力は、日本の政治から新型コロナウイルス【武漢肺炎】などの時事問題、経済的な話題から、趣味の宇宙ロケットやゲームまで!幅広いジャンルを特集。さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。

韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。韓国経済に興味ある方は↓リンク先からどうぞ。

韓国経済危機’&崩壊特集→https://kankokukeizai.com/

PV数8000万突破。読者様からのコメントも4万超え!コメント検索機能も追加。

2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。

新着記事を一目でわかるようにした。それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。

ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。

■日本の防衛とは

2020年、日本の地位というのは世界でも名だたる先進国であるが、それは近年の状況からして脅かされているのが現状である。そして、日本の防衛とは多岐にわたる。当サイトは政治と経済、外交と軍事、時事、社会の5つの分野から日本の防衛を俯瞰していく。

2021年9月に岸田氏が内閣総理大臣となり、1年でガースー政権は終わりを迎えた。そして、解散総選挙は10月31日という短期決戦。議席獲得数は読めないため、かなり政治的に不安定と言わざるを得ない。そのために政府の動向はかかせない。

次に日本経済だ。コロナ禍において日本経済も疲弊している。GDPも大幅に落ち込み、内需は激減して様々な企業が苦境に追いやられている。コロナ前の消費税10%も経済的には失速した原因だろう。ただ、毎年増え続ける社会保障費というものをどうするかという問題がある。弱者を切り捨てるなら、生活保護も、社会保障費も最小ということになるが、国民はそれで納得するのか。ベーシックインカムの議論もあるが、日本経済の先行きもコロナと同じで不透明である。

次に軍事だ。近年、中国が尖閣諸島に不法侵入する回数や時間があからさまに増えている。そういった事態に対応するために海上自衛隊など装備や人員などの防衛費の予算拡充が不可欠だ。また、軍事に関わる外交的にも重要だ。台湾情勢における取り巻く状況。北朝鮮のミサイルや核開発の脅威も過ぎ去ってはいない。また、敵基地攻撃能力の保有などもこの先、重要な課題となる。次世代戦闘機や、各国との連携。軍事的な動きなど。そういうのも防衛を見るためにかかせない。

他にも、当サイトで昔から扱っている日韓関係についても取り上げて行く。日韓関係も菅総理に代わってどうなっていくのか。安倍路線の継承なので大きく変化はないように見えるが、安心はできないだろう。

また、イギリスとの経済や軍事的な連携強化で日英同盟の復活。イギリスをTPPに加入。逆に日本がファイブ・アイズへ加入などそういった動きは面白いだろう。安倍前総理のセキュリティーダイヤモンド構想はついに実現して動き出した。この先は加盟国を増やしてアジア版NATOである。

2021年3月12日に日本、アメリカ、インド、オーストラリアのクアッドメンバーによる初の首脳会合がオンラインで開かれた。それによって対中国包囲網が明確に動き出した。

そして、外交や時事だ。日本は各国とのどのような協定や条約を結んだり、TPPなどの経済協定で連携していくのか。こういった動きはマスメディアは取り上げないが、管理人は取り上げる。アメリカの大統領はバイデン氏が勝利した。しかし、トランプ前大統領はここで終わったわけではない。4年後を目指し、独自のプラットフォーム創設でSNS復帰するかもしれない。日本人があまり馴染みのないニュースでもわりと適当に取り上げる管理人なので、そこは注目して頂きたい。

最後に社会だ。社会という分野はあまりにも広い。今、注目しているのは日本で起きている畑から野菜や果物、豚などが盗まれる事件が多発していることが取り上げることが多い。他にもドコモ口座の不正利用といった犯罪についても取り上げる。これは注意喚起として、取り上げることが多いので社会で何が起きているのか。それを知ることで犯罪に巻き込まれる事が減れば幸いだ。

日本の防衛とは非常に長いスパンで取り扱う未来(さき)を見るものである。短期間で大きな動きはあるにせよ。その前にある重要な「布石」というものを我々は知り、日本の内閣や政治家が何を目指すかを理解することで、そこから日本がどのような国際社会の地位を築いていくのか。それを知らせるのが当サイトの日本の国益を重視するという考えに繋がっているのは明白だろう。

未来を正確に予測するのは難しいが、それを目指す先にあるものは過去の無数の小さい点から浮かび上がる。その点を取り上げて、線になって目に見える形となる。その経過を追うことは現在、将来における日本人にとって必要不可欠である。

お知らせ

Amazonのアソシエイトとして、zinborutoは適格販売により収入を得ています。

最新ページ一覧に戻る