韓国経済、日本での就職、韓国人は事務職希望も日本が欲しいのは建設労働者

韓国経済、日本での就職、韓国人は事務職希望も日本が欲しいのは建設労働者

記事要約:失業者が溢れている韓国が積極的に日本への就職を斡旋しているわけだが、当の韓国人は事務職希望者が多いようだが、日本が欲しいのは建設労働者のようだ。まあ、労働者が不足となって今の日本の学生は仕事先を選びたい放題だ。

なら、わざわざ、力仕事になる建設労働者をいくら給料が高くても選ぶことはない。結果的に人材不足に陥るわけだ。でも、韓国人労働者を建設業に入れるのもやめたほうがいいだろう。言葉が通じないのが1番の理由だが、いつ手抜き工事をするかがわかったもんではない。コリアリスクを甘く見ない方がいい。1つのミスを見逃しただけで会社に重大な損失を与えることだってあるのだ。

>大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の関係者は「韓国の就活生が東京など大都市の事務職、特に有名企業への就職を希望しているのに対し、韓国人の雇用に積極的なのは地方の中小企業であるケースが多く、就職活動で苦労している」と話した。

韓国の学生も頭が悪いな。なんで、韓国の負け組を日本の有名企業が雇用するんだ?するわけないだろう。本当に優秀なら不況だろうが、財閥グループとかに就職は普通にできるだろうしな。つまり、できないのはたいした能力もないてこと。それなのに日本で優遇されるような企業に就職できるとか、考えが甘すぎる。負け組なんて採用しなくても、日本の若者を入れるだけでいいからな。なので、日本に来ても搾取されるだけなので来なくていいぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、日本での就職、韓国人は事務職希望も日本が欲しいのは建設労働者

日本は今、求人難の状況が続いているが、これは人口減少に伴うものだ。日本の人口は今年1月現在で1億2520万人で、9年連続で減少している。15-64歳の生産年齢人口の割合は全人口の60%を下回る。1990年代に始まった少子化問題を解決できていないからだ。

ベビーブーム世代の「団塊の世代」(1947-48年生まれ)が2010年以降に大量に退職し、その穴が埋まらずに人手不足に陥っているため、日本政府は外国人の就業を奨励している。

今年も2019年から25年までに外国人の単純労働者を50万人増やす方針を固め、日本語能力試験の基準も3級以上から4級以上へと条件を緩和する措置を発表した。

しかし、日本が必要としている外国人労働者の職種と、韓国人が日本での就職で希望する職種には大きな乖離がある。7月の職種別有効求人倍率を見ると、求人難が最も深刻なのは建設現場で骨組み工事をする仕事(10.89倍)、次が一般家庭での家事・介護を支援する家庭生活支援サービス(6.81倍)だった。

韓国の就活生のほとんどが希望している一般事務職は0.36倍で、求職者100人に対し働き口が36人分しかないという厳しい状況だ。

日本政府が追加で受け入れを表明している外国人労働者50万人も、建設・農業・介護・宿泊・造船業の5分野が対象だ。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の関係者は「韓国の就活生が東京など大都市の事務職、特に有名企業への就職を希望しているのに対し、韓国人の雇用に積極的なのは地方の中小企業であるケースが多く、就職活動で苦労している」と話した。

韓国人の就職が多いIT業界の開発技術者は有効求人倍率が2.29倍に達しているが、IT業界の中小企業は低賃金で長時間労働を強いるケースが多く、注意が必要だ。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/09/2018090902203.html)

合わせて読みたい記事

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前
新しい 古い 最も評価が高い
キジトラ

事務職 うん ?日本の若者の方が優秀だと思うが 朝鮮人がどれくらい優秀かも 分からないのに 其れに子供の頃から反日教育を受け日本を心から敵視をし反日に凝り固まった輩が 日本に就職?アホか。

ゲルマニア

数十年後

「日本に無理やり拉致されて、過酷な
建設労働をさせられたニダ! 大使館の
前に、銅像を建ててやるニダ!! 日本は
我々韓国人労働者に謝罪と賠償を
するニダ!!」

とか言い出すぞ。韓国人なんか、
雇わない方が、未来の日本人の
ためです。