韓国経済、ワシントンの桜は済州島王桜 ~米ワシントンで迎える『桜エンディング』

韓国経済、ワシントンの桜は済州島王桜 ~米ワシントンで迎える『桜エンディング』

記事要約;なんていうか春が来たなと思う。毎年、捏造記事を書いて何が楽しいのか知らないが,これを書くのが風物詩みたいなものにすらなっている。しかし、ワシントンの桜は済州島王桜ではなく、ソメイヨシノを含む複数の品種で、しかも、両者は別物だと学術的に証明されているのにどうしてこうも、毎年、必至なのか。

そもそも、韓国はワシントンに贈ったのが韓国産と吹聴して、一体何がしたいのか。しかも、すぐに否定されてしまっているのに、毎年、取り上げて勝手に感慨に耽っている。こんな妄想ばっかの記事を垂れ流すから、火病が増加するのだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、ワシントンの桜は済州島王桜 ~米ワシントンで迎える『桜エンディング』

■米ワシントンで迎える『桜エンディング』

ワシントン桜祭り日程含む米東部・カナダ商品

“春風翻して舞い散る桜の花びらが~” 春のキャロルと呼ばれるバスカーバスカー(※K-POPバンド)の「桜エンディング」が 全国に響き渡る桜シーズンが間もなくやってくる。

一番先に花を咲かせる済州島をはじめ、汝矣島 、鎮海、河東などの街頭を薄桃色で覆われるのは、想像するだけでもときめきいっぱいの風景だ。 実は、我が国に自生している桜の木は、天然記念物第159に指定された済州島王桜で、我が国で生まれ育ったのだ。

この王桜の木は、春になると地球の反対側ワシントンでも花を咲かせている。 日本が親善の証で米ワシントンに桜を送ったのが、まさに王桜だからだ。

1920年代半ば、李承晩(イ・スンマン)元大統領の米国留学時代、この街が「日本桜通り」 に指定されて、「韓国桜通り」に変えてほしいと米政府に要請すると、米国政府はこれを受け入れて東洋桜通り」に変わることになった。

ワシントンでは3月中旬から4月中旬まで毎年ワシントン桜祭りが開かれる。昨年は150 万人の観光客が訪れたこの祭りは、凧揚げフェスティバル、花火、パレードなどの多彩なイベントが開かれている。

ソース CBSノーカットニュース(韓国語を機械翻訳)

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る