「韓国の大気汚染」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、韓国、大気汚染対策で焼き肉店が出す煙にも課税か=韓国ネット「この国はまともじゃない」

韓国経済、韓国、大気汚染対策で焼き肉店が出す煙にも課税か=韓国ネット「この国はまともじゃない」

記事要約:これはそのうち韓国内で吸う空気にすら課税しそうな勢いだが、これ大気汚染対策とかいいながら、ただ単に無理矢理に増税理由を造っただけなんじゃないか。韓国政府はお金がないからな。環境対策といいながら国民から税金を搾り取ろうとしていてもおかしくない。焼き鯖にけちをつけるぐらいだ。焼く肉だけじゃなく、そのうち、居酒屋や焼き鳥屋とかからも課税するだろう。つまり、これも一種の福祉増税ということか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国、大気汚染対策で焼き肉店が出す煙にも課税か=韓国ネット「この国はまともじゃない」

2016年5月30日、韓国環境部が大気汚染物質の発生要因として「サバの塩焼き」を挙げたのに続き、今度は大量の煙を排出する焼き肉店に対する規制を検討しているとの情報が飛び出した。韓国・東亜日報などが伝えた。

韓国環境部の発表によると、焼き肉など生ものを焼くことで発生する微細粒子は首都圏の大気汚染を引き起こす微細粒子の15.6%を占める。特に焼き肉や焼き魚を提供する飲食店は人口密集地域にある場合が多く、その「危険」は大きいという。

同部関係者は取材に対し、「すでに多様な研究結果を通じ、飲食店の微細粒子が国民の健康に悪影響を及ぼす点が確認された」とし、こうした飲食店に対する規制を幅広く検討する必要が出てきたと述べた。

現在のところ規制の具体案は示されていないが、「飲食店の規模により規制の効果がどのように異なるかを研究中」とのことだ。

しかし一部の経済専門家らは「環境部の発表通りだとすると、そもそも煙で作る食べ物は食べられないということ」としてその矛盾を指摘、「車や飛来汚染物質など他の要因の方が大きいにもかかわらず、生活の中で発生する微細粒子を指摘するのは不適切だ」と異議を唱えた。

韓国・ヘラルド経済は「焼き肉店の煙にも税金?」との見出しでこれを伝え、韓国のネットユーザーから記事に次のようなコメントが寄せられている。

「中国のせいにできないからって、焼き肉店のせいにするの?」
「すべてにおいて庶民だけが責任を押し付けられることになるんだな。これこそ地獄」
「とうとう焼き肉を言い訳にするとは、がっかりだよ」
「朴槿恵(パク・クネ)さんも、これからはもう肉を食べないでよね。菜食主義で」

「あきれた。そのうち何のおかずも作れなくなる」
「『創造税金』の果てだね。歴代政府で最高だよ」
「これを『対策』と言う公務員たちの脳はお飾りなのか?」
「中国の何が怖くてここまで事実を歪曲(わいきょく)するんだ?貿易で仕返しされるって?」

「この国はまともじゃない」
「昔、かまどで食事を作ったおばあさんたちは、もしかまどを使わなかったら200歳まで生きたかもね」
「当局の許可なく家でサムギョプサル(豚の三枚肉)やサバを焼き食べた者は前科者になるのか」

Record china 配信日時:2016年5月31日(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a140091.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国で“大気汚染の元凶”サバの人気が急落 5日間で実に82%も暴落

韓国経済、韓国で“大気汚染の元凶”サバの人気が急落 5日間で実に82%も暴落

記事要約:韓国人がいかに欺されやすいかがはっきりわかる。韓国政府が大気汚染の原因がサバだという意味不明な調査報告書を真に受けてサバの人気が急落したようだ。なんと5日間で82%の暴落したようだ。これって漁師から損害賠償請求されてもおかしくないレベルだな。

でも、ここまで衆愚政治になっているとは思いもしなかった。偽証罪、詐欺罪が世界一多いのは欺されやすい韓国人が数多くいるからというのもあるようだ。サバが大気汚染の原因とか本気で信じるとか、逆に驚かされた。サバだろうが,サンマだろうが、シャケだろうが、焼くならどれも一緒じゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国で“大気汚染の元凶”サバの人気が急落 5日間で実に82%も暴落

2016年5月29日、韓国・朝鮮日報などによると、韓国環境部が23日、「家庭内の空気汚染を最も悪化させる料理はサバの塩焼き」と発表して以降、韓国でサバの人気が急落している。

ソウル市内の卸売市場では、サバ10キロ1箱(上等品)の平均落札価格は23日現在7万3141ウォン(約6805円)だったが、環境部の発表を受け、28日には1万2770ウォン(約1188円)まで下がった。

5日間で実に82%も暴落したことになる。市場やスーパーなどでの小売価格も同様で、23日に1尾3649ウォン(約340円)だったサバ(中等品)は27日に3426ウォン(約319円)に、およそ6%価格が下落した。

環境部はこのほど、密閉空間でサバを焼いた際に発生する微細粒子の濃度が、大気汚染情報における「非常に悪い」レベルの30倍近くに上ると発表した。

合わせて調理の際に窓を開けたり換気扇をつけたりするなどの対策を推奨したが、市民の間では危険を冒すよりもサバ自体を避ける動きが進んでいるようだ。価 格も手頃なため以前はよくサバを買っていたという30代の主婦も、「ニュースを見て、子どもたちにサバの塩焼きを作ってやるのはためらうようになった」と 語った。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「塩焼きじゃなくて、キムチを加えて煮付けにすればいい」
「サバがそうなら、韓牛や豚肉を焼いても同じことじゃないの?」
「あきれた…」
「とんでもないことが起こった。いや、違うか。とんでもないことが引き起こされている」

「ディーゼル車の方が深刻なはずなのに、環境部が漁師を苦しめてるね」
「熱しやすく冷めやすい民族」
「ニュース1本のせいで庶民の味であるサバまでもつらい境遇に…」
「無知な庶民と無能な公務員」

「おかし過ぎて言葉が出ない」
「今度はサバに責任を押し付けるのか」
「サバを焼く時には換気すればいいと言うけど、中国から飛んで来る汚染物質のせいで窓を開けられないのが問題なんだよ」

Record china 配信日時:2016年5月31日(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a140066.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry