日別アーカイブ: 2015年12月9日

韓国経済、靖国神社爆発テロ、容疑者の来日に日韓の警察がそろってびっくり=韓国ネット「韓国は最高の弁護士を選任すべき」

韓国経済、靖国神社爆発テロ、容疑者の来日に日韓の警察がそろってびっくり=韓国ネット「韓国は最高の弁護士を選任すべき」

記事要約:今日は本当にこのニュースで持ちきりになってしまった。色々と紹介したい韓国経済ニュースがあったのだが、明日以降ということで。

さて、チョン・チャンハン容疑者は韓国ネットだとテロリスト扱いされていない。未だに自作自演とか述べている。では、何しに靖国神社へ行ったんだ。韓国人が普通に参拝しにいくわけないだろう。そんなことしたら韓国中から親日扱いされて末代まで嫌がらせを受けることになる。

事件の経緯はこれからだとして今わかったことは、チョン・チャンハン容疑者は再入国した理由は「トイレを確認したかった」そうだ。犯人が事故現場に戻るという話はたまに聞くが、それってどう考えても怪しいんだよな。

現場は保存のために一般客は立ち居禁止。再入国して確認しようとなどという発想にはならないだろう。確かに物的な証拠は出ていないようだが、状況証拠なら山ほどあるからな。

少なくとも防犯カメラに映り、事件後、ホテルをすぐに出て韓国へ帰国。さらに再入国をはたして逮捕という一連の流れがある。靖国神社へたまたま行ったら犯人扱いされたは苦しすぎるだろう。

別に超一流の弁護士でも雇ってもいい。弁護士に無罪を訴えても、状況証拠を覆せない。物的証拠として現場から出てきたのもの指紋や靴の足跡などが検出されたらそれでアウトだ。

時限式の爆弾を組み立ててそれを持っていったのなら荷物をどこにやったのかという疑問が出てくる。荷物が突然消えるはずもない。小型の物ならもう少し隠しようがあるんだが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、靖国神社爆発テロ、容疑者の来日に日韓の警察がそろってびっくり=韓国ネット「韓国は最高の弁護士を選任すべき」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

金星軌道に投入成功=あかつき、日本初の惑星探査へ-JAXA

金星軌道に投入成功=あかつき、日本初の惑星探査へ-JAXA

SnapCrab_NoName_2015-12-9_20-40-16_No-00

記事要約:あかつきの軌道投入失敗で、燃料も無くなり、あの絶望的な状況から最後の賭けを選んだJAXAの判断には驚かされたが、最後の最後にこのようなウルトラCで軌道再投入させて成功させるとか。一体、どれだけJAXAは凄いんだろうか。

はやぶさの時もそうだったが、このような窮地になっても何とかしようとするアイデア、そして僅かなチャンスを何年も待つという忍耐強さ。多くの日本人はあかつきは失敗したんじゃないかと思っていたのではないか。

管理人も、さすがに数年待つとか言われて、大丈夫かと心配していたのは認める。でも、ちゃんと成功させた。心から拍手を贈りたい!おめでとうございます~。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

金星軌道に投入成功=あかつき、日本初の惑星探査へ-JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、金星探査機「あかつき」が、金星を回る軌道への投入に成功したと発表した。あかつきは2010年12月に軌道投入に失敗し、今月7日に再び金星に接近。

姿勢制御エンジンを約20分間噴射して軌道投入に再挑戦していた。日本の探査機が惑星周回軌道への投入に成功したのは初めて。

プロジェクトマネジャーの中村正人JAXA教授は記者会見で「大変感慨深い。5年たったが、われわれの夢が実現したことになる」と話した。

JAXAによると、あかつきは7日の噴射で減速。エンジンの効率が良く、当初の想定より金星に近い約13日間で回る楕円(だえん)軌道へと投入された。

あかつきは異なる波長で観測できるカメラなど計5種類の機器を搭載。金星の気象や大気の動きなどを調べる。7日から一部のカメラを使い、金星の試験的な撮影に成功した。機器の調整などを進め、来年4月から2年間、本格的な観測を行う。

日本の惑星探査は、1998年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」で失敗していた。惑星周回軌道への投入は米国、旧ソ連、欧州、インドが成功している。(2015/12/09-20:02)

(http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015120900704)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、靖国神社爆発テロ事件、何故再び日本に…靖国神社爆発音事件で逮捕の韓国人 日帰りで帰国便を予約

韓国経済、靖国神社爆発テロ、何故再び日本に…靖国神社爆発音事件で逮捕の韓国人 日帰りで帰国便を予約

記事要約:これ管理人はいくら韓国だからって航空会社がテロリストの顔すらチェックしてないと思えないので、これは韓国警察が私服で監視し、このチョン・チャンハン容疑者を日本警察に引き渡しに来たと踏んでいる。

日本の警察がどこで容疑者に任意同行を求めたかは知らないが、羽田についてすぐ確保したなら、既に政府から日本にテロリストが来ると言うことを知らされていたことになる。

そもそも、テロリストとしてメディアにマークされた人物が怪しげもなく飛行機に乗れるはずもないので、韓国政府と韓国警察による自作自演の引き渡しではないか。

表向きには謎の日本への再入国という形にしているが、普通に考えて日本メディアが家にまで取材に来たのに日本へ再入国したら捕まるなんてわかりきっていたはずだ。ここまで用意周到だったチョン・チャンハン容疑者がそんなことするとは到底、考えられない。

もっとも、テロを起こすような人物がまともな思考なわけがないと突っ込まれたらそれまでなんだが。しかし、逮捕されたのに容疑は「良くわからない」と否定するんだよな。

じゃあ、何しに靖国神社へ行ったのか。参拝なんてしていたら監視カメラに映っている。下見をしていた理由は。もっとも、再入国して何をしたかったの方が知りたいが。

しかし、この人物が過激な組織に入っていたとかそういうのはないんだよな。政治的に訴えるような活動していたわけでもなく、突然、七五三で賑わう靖国神社を狙って無差別テロを計画する。やはり、組織的な犯行で実行犯ではないのか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、靖国神社爆発テロ事件、何故再び日本に…靖国神社爆発音事件で逮捕の韓国人 日帰りで帰国便を予約

男は9日になって突然、羽田空港に現れ、捜査員に同行を求められました。靖国神社で爆発音がした事件で、警視庁は韓国人の27歳の男を逮捕しました。

事件当日に出国した男が日本に再び入国した理由は何だったのでしょうか。

(社会部・猪ノ口克司朗記者報告)

靖国神社への建造物侵入容疑で逮捕されたチョン・チャンハン容疑者は、取り調べに対して「よく分からない」と容疑を否認しています。

チョン容疑者は事件当日に韓国に帰国し、9日午前10時ごろに羽田空港から再び入国しましたが、その後の捜査関係者への取材で、チョン容疑者が午後4時すぎに羽田空港から韓国の金浦空港に向けて出発する帰国便を予約していたことが新たに分かりました。

日帰りで韓国に帰国するつもりだったとみられますが、再入国の目的については今のところ、まだ分かっていません。

警視庁公安部は、現場から回収した時限式発火装置のようなものや金属製のパイプなどを鑑定していて、チョン容疑者と事件との関連を調べています。

(http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000064062.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件 韓国人の男が再入国して逮捕されたもよう

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件 韓国人の男が再入国して逮捕されたもよう

記事要約:先ほど、伝えた靖国神社爆発テロに関しての続報だが、NHKニュースによると、なぜか、このテロ容疑者が日本に再入国して逮捕されたとある。はあ?管理人は驚いた。どういうことなのか。自分が疑われているのを知っていて、なぜ日本に来たのか。これだと犯罪者引き渡し条約ではなく、直接逮捕なので韓国政府による判断が必要なくなる。

ああ、そうか。そういうことか。韓国政府がこのテロリストに日本に行って捕まってこいと命令でもしたのだろう。つまり、尻尾切りか。普通、自分が犯人なら日本に行くなんてあり得ないからな。中々、ウルトラCを使ってくるなあ。日本の警察も建物侵入罪の容疑だしなあ。

>逮捕されたのは、韓国人のチョン・チャンハン(全昶漢)容疑者(27)です。

やっぱり、チョンじゃないか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件 韓国人の男を逮捕が再入国して逮捕されたもよう

先月、東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、事件直後に帰国していた韓国人 の男が、9日朝、再び来日し、警視庁は、不審物を仕掛けるため無断でトイレに侵入したとして、建造物侵入の疑いで逮捕しました。
調べに対し、男は事件につ いて「よく分からない」などと供述し、容疑を否認しているということです。逮捕されたのは、韓国人のチョン・チャンハン(全昶漢)容疑者(27)です。
この事件は、先月23日、東京・千代田区九段北の靖国神社の南門付近のトイレで爆発音がして火や煙が出たものです。
警視庁の調べによりますと、チョン容疑者は、不審物を仕掛けるためにトイレへ無断で侵入したとして、建造物侵入の疑いが持たれています。
ト イレの天井に何者かが開けたとみられる30センチ四方の穴から、直径およそ3センチ、長さ20センチほどの鉄パイプ状のもの4本が束ねた状態で見つかり、 鉄パイプ状のものにはリード線が付いていたほか、床からは焦げた電池やデジタル表示の時計のようなものも回収されていました。
警視庁は、爆発物かどうか詳しく鑑定を進めるとともに、靖国神社周辺の防犯カメラを解析するなどして、捜査を進めていました。
チョン容疑者は、事件直後、韓国に帰国していましたが、9日朝、再び来日し、警視庁は、不審物を仕掛けるためトイレに無断に侵入した疑いが強まったとして、建造物侵入の疑いで逮捕しました。
警視庁の調べに対し、チョン容疑者は事件について「よく分からない」などと供述し、容疑を否認しているということです。
(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151209/k10010334811000.html)

 

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件、韓国籍の27歳男に逮捕状 建造物侵入容疑

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件、韓国籍の27歳男に逮捕状 建造物侵入容疑

記事要約:9日、例の靖国神社のトイレを爆発させた韓国人テロリストを警視庁が建造物侵入容疑で逮捕状を請求したことがわかった。しかし、既にテロリストは韓国へと逃亡しており、今の現状では韓国政府による犯罪者引き渡し条約に応じるかが焦点となる。そして、韓国政府が政治犯と見なせば、このテロリストは韓国政府によって保護される。

もちろん、韓国政府が素直に引き渡しに応じれば、この問題は日本の警察が処理してそれに対する罪状が問われる。裁判になれば、事の経緯が立証されることだろう。

つまり、ここからは韓国政府の対応によってこの事件が外交問題になるのか、ならないかが決まる。どう対応するのか。管理人は応じないと思うのでそのまま外交問題になると予想するが、尻尾切りをする可能性もある。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、靖国神社、トイレ爆発テロ事件、韓国籍の27歳男に逮捕状 建造物侵入容疑

東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで11月、爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁は9日、神社周辺の防犯カメラに姿が映り、事件直後に韓国に帰国していた韓国籍の男(27)について、建造物侵入容疑で逮捕状を請求した。

事件は11月23日午前10時ごろ発生。靖国神社南門に近い公衆トイレの個室で爆発音があった。個室の天井には約30センチ四方の穴が開き、固形物が詰められたパイプや、デジタル式タイマーが見つかった。遺留品の乾電池にはハングルでの注意書きがあったことが判明した。

(http://www.sankei.com/affairs/news/151209/afr1512090013-n1.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国が中国船に警告射撃 黄海で北方限界線(NLL)南側に進入

韓国経済、韓国が中国船に警告射撃 黄海で北方限界線(NLL)南側に進入

記事要約:韓国が黄海で北方限界線南側に進入してきた中国船に警告射撃を行ったそうだ。中国船と知っていて警告射撃したかはわからないが、さすがに宗主国様の船に喧嘩を売るのはまずいんじゃないか?

まさか、アメリカへのアピールなのか。そんなたかが一隻、追い返したぐらいではアピールにはならんだろうに。アピールするなら沈めるぐらいやらないといけないだろう。警告射撃なんて生ぬるい。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国が中国船に警告射撃 黄海で北方限界線(NLL)南側に進入

韓国軍の合同参謀本部によると、8日午後、朝鮮半島西方の黄海で、韓国が北朝鮮との海上境界線と主張する北方限界線(NLL)南側に中国船が入り、韓国軍の艦艇が警告放送と警告射撃をした。

中国船は約20分後にNLL北側に出た。現場は韓国西端の白●(=領の頁を羽の旧字体に)島近くで、周辺海域では中国漁船の不法操業が横行している。

韓国軍は当初、船は中国漁船団の不法操業を取り締まる北朝鮮の船の可能性があるとみて対応したが、確認の結果、中国漁船団の1隻と分かったという。

(http://www.sankei.com/world/news/151208/wor1512080051-n1.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

記事要約:韓国が何を開発するのか自由だが、まさか、無人ステルス攻撃機の開発とか驚いた。韓国の軍用機でまともに使えそうなのて、ロッキード社から技術提供された練習機改良のFA50戦闘機ぐらいだろう?それをいきなり、無人ステルス攻撃機とか、夢見すぎではないか。

普通に考えれば、まず無人ではなく有人のステルス機の開発だろう。そもそも、アメリカから技術提供を拒否されたのにどうやってレーダーに映りにくいステルス機を開発するのかという疑問さえある。技術開発の初期段階をもろすっ飛ばしているわけだが、さらに面白いのはここだ。

>韓国国防部(省に相当)は来年まで無人機のモデル分析や運用概念などについての研究を進め、2017年から19年の間に実用に向けた研究を行うことにしている。実戦配備は2020年代の中ごろになる見通しだ。 国防科学研究所(ADD)は今後3億8000万ウォン(約4000万円)を投入し、来年までにこの無人ステルス機の概念研究を終わらせたい考えだという。

なんとたった4000万で無人ステルス機の概念研究を終わらせるらしい。4000万ではレーダーを作成する部品の研究すら足りないんじゃ?夢を見るのは構わないが、あまり公にしないほうがいい。ただ、笑われるだけなので。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

長時間にわたって待機飛行し、有事の際には北朝鮮の長距離ミサイルや移動式のミサイル発射台などをピンポイントで攻撃する無人ステルス攻撃機が開発される。

韓国軍筋は6日、来年までの予定で概念研究が進められる31の創造国防課題の中に「滞空型無人ステルス機による攻撃システム」が含まれていることを明らかにした。

この無人機は敵のレーダーに捕捉されにくいステルス性能を持ち、北朝鮮の朝鮮人民軍が保有する対空砲が届かない上空の高い位置から標的を攻撃するというもの。想定される標的は北朝鮮の長距離砲や移動式のミサイル発射台、放射砲(多連装ロケット)などだ。

この滞空型無人ステルス攻撃機は、北朝鮮の長距離砲や移動式ミサイル発射台を攻撃するこれまでの兵器と比べて、攻撃までにかかる時間が短くなることが強みだ。

まず移動式ミサイル発射台や艦艇、坑道などに隠された長距離砲など、比較的大型の標的については、この無人機が直接突っ込んで自爆攻撃することもできる。

また小型の標的が複数ある場合は、無人機から知能小弾と呼ばれる人工知能付きの砲弾を発射して攻撃する。この知能小弾は音響や熱を感知するセンサーを装着し、自動的に標的を見つけ出して攻撃することを想定している。

韓国軍は現在、偵察用はもちろん、ミサイルを使って攻撃することも可能な中高度無人ステルス機を開発中だが、ステルス性能や敵の上空に長時間待機する能力は現時点では不十分だという。

韓国国防部(省に相当)は来年まで無人機のモデル分析や運用概念などについての研究を進め、2017年から19年の間に実用に向けた研究を行うことにしている。実戦配備は2020年代の中ごろになる見通しだ。

国防科学研究所(ADD)は今後3億8000万ウォン(約4000万円)を投入し、来年までにこの無人ステルス機の概念研究を終わらせたい考えだという。

また国防部によると、ドローンを使って敵の軍事拠点を監視するシステムも創造国防課題の一つとなっており、引き続き研究開発が行われる予定だ。

ユ・ヨンウォン軍事専門記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/07/2015120700877.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry