韓国経済、個人ローン、増加傾向続く…今年1月7000億ウォン増加=韓国

韓国経済、個人ローン、増加傾向続く…今年1月7000億ウォン増加=韓国

記事要約:韓国の負債は年々雪だるま式に増えている。今年の1月は7000億ウォンほど増加したそうだ。個人ローンと販売信用を加えた全体家計負債(家計信用)残額は昨年末1089兆ウォンらしいので、もうすぐ1100兆ウォンの大台を突破することになる。増え続ける家計負債は大増税が待っているので、さらに増加しそうなのは容易に予想できる。一体どこまで持つのか。まだまだわからないが例えるなら、爆弾を抱えながら橋を渡っているようなものだろう。しかも、その火力は年々増していくという。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、個人ローン、増加傾向続く…今年1月7000億ウォン増加=韓国

個人ローンが今年に入っても増加傾向を継続している。10日、韓国銀行によると、今年1月 までの預金取扱機関が家計に貸し出した金額が746兆5000億ウォン(約81兆円)を記録した。1カ月前より7000億ウォン増えた。今年1月の月別個 人ローン増加額は昨年11月7兆5000億ウォン、12月7兆7000億ウォンに比べて10分の1水準に減ったものの、季節的要因が大きかった。1月には 個人ローンは減少するのが一般的だ。

真冬に引っ越しのオフシーズンが重なるうえ、年末賞与金が出て借金の需要が減るためだ。昨年1月だけでも1カ月間の個人ローンは2兆 ウォン減少した。韓銀経済統計局のシン・ビョンゴン金融統計チーム長は「1月はローンが減少する例年に比べ、今年1月は7000億ウォン増加した。11 月、12月に続き今年初めもローンの増加傾向が持続しているということ」と話した。

預金取扱機関は都市銀行、貯蓄銀行、信用協同組合、セマウル金庫、郵便局など預金と融資を行う金融会社の通称だ。預金取扱機関の個人ローンは、これら金融会社が家計に貸した金額を合算した数値で、クレジットカードの割賦金のような販売信用は除外されている。個人ローンと販売信用を加え た全体家計負債(家計信用)残額は昨年末1089兆ウォンを記録した。

(http://japanese.joins.com/article/566/197566.html?servcode=300&sectcode=300)

 

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types